出版案内
福祉事業団

琵琶湖“深呼吸”、全層循環を確認 過去10年で2番目の早さ

 滋賀県は31日、琵琶湖の表層と湖底の水が混ざり合う「全層循環」を1月26日に確認したと発表した。酸素が深い湖底まで供給される重要な現象で、「琵琶湖の深呼吸」とも呼ばれる。過去10年で2番目に早い確認となった。

 琵琶湖北湖では、例年春から秋にかけて湖底の溶存酸素濃度は低下していく。全層循環は、酸素を多く含んだ表層の水が冬の寒さで冷やされて底へ沈み込み、湖底付近の酸素濃度が表層とほぼ同じになることをいう。湖底付近に暮らす生き物にとって欠かせない現象とされる。

 県は1979年から高島市今津浜沖の水深90メートルの地点で溶存酸素の調査を行っている。26日にはそれまでの1リットル当たり3~4ミリグラムだった酸素濃度が10・1ミリグラムまで上昇したという。

 全層循環は例年1月から3月に発生し、2007年以降で1月に発生したのは11年(24日)と13年(29日)の2回だけだった。県は、昨年から水温が高く湖水が混ざりやすい状況だったことに加え、今冬の雪や低気温の影響で全循環が早まったとみている。

 県は「早い時期の全循環は、それだけ長く湖底に酸素が供給されるので望ましいことだ」としている。

【 2017年01月31日 23時01分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      液体被害防げ、清水寺など27社寺を点検 京都・東山署

      20170428000189

       世界遺産の下鴨神社(京都市左京区)など全国の寺社で油のような液体がまかれる被害が相次い..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      西2―2ロ(28日)
      救援陣踏ん張り引き分け

      20170428000184

       救援陣が踏ん張り、延長十二回で引き分けた。ロッテは0―1の六回に荻野の二塁打などで2点..... [ 記事へ ]

      経済

      村田製、純益1560億円 円高で減収減益に 

      20170428000167

       村田製作所が28日発表した2017年3月期連結決算(米国会計基準)は、純利益が前期比2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      日仏の伝統技法が響き合う 京都国立近美「技を極める」展

      20170428000188

       「技を極める ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」展(京都新聞など..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パリ協定への対処表明へ
      トランプ氏、脱退か否か

      20170428000091

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、ロイター通信とのインタビューで、地球温暖化..... [ 記事へ ]