出版案内
福祉事業団

小型発信機で徘徊見守りへ  高齢者など専用靴を配布

小型発信機と専用靴。靴の面ファスナーが袋状で、発信機を差し込むことができる。後ろは専用受信機(湖南市夏見・市保健センター)
小型発信機と専用靴。靴の面ファスナーが袋状で、発信機を差し込むことができる。後ろは専用受信機(湖南市夏見・市保健センター)

 滋賀県湖南市は1日、靴に装着できる小型発信機を使った高齢者や認知症患者の徘徊(はいかい)見守り活動を始めると発表した。従来のGPS発信機は外出時に身につけてもらいにくい欠点があり、市は対象者に専用靴と小型発信機を無料配布し、3月末までに市内130カ所に専用受信機を設置する。

 警備会社のシステムを活用した国土交通省のモデル事業。2018年度までの3年間で、全国10市町が取り組む。

 専用靴は甲の部分の面ファスナーが袋状になっており、袋状の部分に発信機を差し込んで違和感なく装着できる。予備を含む発信機2個と靴1足をセットに100人分を用意する。

 高齢者が徘徊する可能性が高い道路沿いなどに専用受信機を配置し、近くを通ると位置情報や通過時刻が記録される。記録はインターネットで送信され、家族や警備会社、市などが閲覧できる仕組み。各地域の一般家庭や事業所に受信機の設置を依頼する。専用アプリを取り込んだスマートフォンでも同様に記録でき、広報誌などで市民に取り込みを呼び掛ける。

 市高齢福祉課によると、市内で徘徊の可能性のある高齢者や認知症患者は約50人を把握しているが、従来のGPS端末(有料)の利用者は3人のみ。同課は使いやすい今回のシステムの普及を図り、対象者や家族の安心安全を高めたいとしている。

【 2017年02月02日 09時21分 】

ニュース写真

  • 小型発信機と専用靴。靴の面ファスナーが袋状で、発信機を差し込むことができる。後ろは専用受信機(湖南市夏見・市保健センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      京都移住で「半農半X」を 東京・秋葉原でフェア

      20180120000104

       京都への移住に関心がある人たちを対象にした京都府の「移住・交流フェア」が20日、東京・..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツの武藤が2得点
      サッカーのドイツ1部

      20180121000004

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは20日、各地で行われ、マインツの..... [ 記事へ ]

      経済

      ドローンビジネス「視界良好」 京都の企業、データ収集活用

      20180120000065

       小型無人機ドローンを活用したビジネスが広がりを見せている。ドローンの販売や関連サービス..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      新春の濃茶、もてなし和やかに 武者小路千家が東京初釜

      20180120000114

       茶道武者小路千家の東京初釜が20日、東京都文京区の東京稽古場で始まった。訪れた各界の招..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「軍機」医学、歴史の闇に <731部隊軍医の博士論文>

      20180119000140

       京都府精華町の国立国会図書館関西館で閲覧した731部隊の平澤正欣軍医の博士論文には不自..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      快適追求の陰に危うさ <連載「いのちとの伴走」を終えて>

      20180118000179

       科学技術の成果は現代社会の隅々まで張り巡らされ、生の形を変えてきた。だが、快適な生活が..... [ 記事へ ]