出版案内
福祉事業団

小型発信機で徘徊見守りへ  高齢者など専用靴を配布

小型発信機と専用靴。靴の面ファスナーが袋状で、発信機を差し込むことができる。後ろは専用受信機(湖南市夏見・市保健センター)
小型発信機と専用靴。靴の面ファスナーが袋状で、発信機を差し込むことができる。後ろは専用受信機(湖南市夏見・市保健センター)

 滋賀県湖南市は1日、靴に装着できる小型発信機を使った高齢者や認知症患者の徘徊(はいかい)見守り活動を始めると発表した。従来のGPS発信機は外出時に身につけてもらいにくい欠点があり、市は対象者に専用靴と小型発信機を無料配布し、3月末までに市内130カ所に専用受信機を設置する。

 警備会社のシステムを活用した国土交通省のモデル事業。2018年度までの3年間で、全国10市町が取り組む。

 専用靴は甲の部分の面ファスナーが袋状になっており、袋状の部分に発信機を差し込んで違和感なく装着できる。予備を含む発信機2個と靴1足をセットに100人分を用意する。

 高齢者が徘徊する可能性が高い道路沿いなどに専用受信機を配置し、近くを通ると位置情報や通過時刻が記録される。記録はインターネットで送信され、家族や警備会社、市などが閲覧できる仕組み。各地域の一般家庭や事業所に受信機の設置を依頼する。専用アプリを取り込んだスマートフォンでも同様に記録でき、広報誌などで市民に取り込みを呼び掛ける。

 市高齢福祉課によると、市内で徘徊の可能性のある高齢者や認知症患者は約50人を把握しているが、従来のGPS端末(有料)の利用者は3人のみ。同課は使いやすい今回のシステムの普及を図り、対象者や家族の安心安全を高めたいとしている。

【 2017年02月02日 09時21分 】

ニュース写真

  • 小型発信機と専用靴。靴の面ファスナーが袋状で、発信機を差し込むことができる。後ろは専用受信機(湖南市夏見・市保健センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      民法改正案、26日に成立へ
      商品売買の契約ルール大幅見直し

      20170525000111

       商品売買などの契約ルールを大幅に見直す民法改正案が25日、参院法務委員会で自民、公明両..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子ゴルフ、岩田ら3人首位並ぶ
      ミズノOP第1日

      20170525000128

       ミズノ・オープン第1日(25日・岡山県JFE瀬戸内海GC=7404ヤード、パー72)2..... [ 記事へ ]

      経済

      創業融資、好調続く 金融公庫大津支店、「プチ起業」背景に

      20170525000063

       起業したい人に向けた日本政策金融公庫の創業融資制度の利用件数が過去最高を更新し続けてい..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都発ラブ&ピースな芸術舞台、26日から ロックなど多彩に

      20170525000097

       京都を拠点に活動している画家の木村英輝さんがプロデュースする舞台公演「Rimpa Ro..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藍の抹茶」商品化へ 京都学園大生プロジェクト

      20170525000070

       京都府亀岡市曽我部町の京都学園大の学生たちが、市内で栽培した藍の葉をすりつぶして「藍の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底に刺さる旧日本海軍の潜水艦
      長崎・五島沖で撮影

      20170525000118

       長崎県・五島列島沖で、旧日本海軍の潜水艦が深さ約200mの海底に突き刺さったように立つ..... [ 記事へ ]