出版案内
福祉事業団

滋賀のヒウオ魚群平年の1割 原因不明、調査続く

極端な不漁となっているヒウオ(2016年12月3日、大津市・和邇漁港)
極端な不漁となっているヒウオ(2016年12月3日、大津市・和邇漁港)

 記録的な不漁に見舞われているアユの稚魚ヒウオについて、滋賀県は7日、県水産試験場の魚群探知機による調査で、確認できた魚群が平年の1割にとどまっていることを明らかにした。はっきりした原因は分からず、漁業関係者は「漁師も経験がないと言うほど今年はとれていない」と懸念を強めている。

 魚群調査は、県水産試験場が毎年1月から8月まで、毎月琵琶湖を1周して行う。1月は平年値で380群が確認されるが、今年は37群しか確認できなかったという。

 県漁業協同組合連合会(大津市)によると、漁連が扱う活魚の漁獲量は、例年並みだった昨シーズンは解禁となる12月で22トン、1月で5トンだったが、今シーズンは12月が8トン、1月が0・7トンと激減している。

 県によると、昨年行ったアユの産卵状況の推計調査では、平年の106億個を上回る214億個の卵が県内各地の河川で確認され、豊漁が期待されていた。

 ただ例年より産卵のピークが遅れたといい、「まだ群れをつくるほど成長しておらず、網に掛かる大きさに育っていない可能性がある」と分析。今後の魚群調査の結果を注視するとしている。

 今年のアユの生息数が激減しているとすれば、影響は来シーズンに及ぶことが懸念される。県漁連は「今後も同じような状況が続けば、来年は大変なことになってしまう」と不安を募らせる。三日月大造滋賀県知事は7日の会見で「大変厳しい状況だと聞いている。アユの資源量が少ないことが確実になれば、放流など必要な対策を講じていきたい」と述べた。

【 2017年02月08日 09時06分 】

ニュース写真

  • 極端な不漁となっているヒウオ(2016年12月3日、大津市・和邇漁港)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      北海道、機関車床下部品にゆがみ
      貨物列車脱線

      20170223000188

       北海道洞爺湖町のJR室蘭線で隅田川(東京)発札幌貨物ターミナル行き貨物列車(19両編成..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      女子の日本が4戦全勝
      アイスホッケー(23日)

      20170223000186

       札幌冬季アジア大会は、アイスホッケー女子で日本がタイに37―0で圧勝し、4戦全勝で勝ち..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の伝統美で生活に彩りを 東京で「知恵産業フェア」

      20170223000196

       京都独自の技術や素材を生かした商品の販路開拓に向けた展示商談会「京都知恵産業フェア20..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      よいしょ! 力自慢“モチ”上げ 京都・醍醐寺で五大力さん

      20170223000189

       巨大な鏡餅を抱え上げる時間を競う「餅上げ力奉納」が23日、京都市伏見区の醍醐寺で行われ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      一足早い春、京都で笑顔弾ける 公立高前期選抜で合格発表

      20170222000159

       京都府内の公立高入試で前期選抜の合格発表が22日、54校であった。全日制と定時制の計5..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      3Dプリンターで末梢神経再生 京大グループ開発

      20170223000183

       細胞で立体構造を作るバイオ3Dプリンターを使った新しい神経再生技術を開発した、と京都大..... [ 記事へ ]