出版案内
福祉事業団

滋賀のヒウオ魚群平年の1割 原因不明、調査続く

極端な不漁となっているヒウオ(2016年12月3日、大津市・和邇漁港)
極端な不漁となっているヒウオ(2016年12月3日、大津市・和邇漁港)

 記録的な不漁に見舞われているアユの稚魚ヒウオについて、滋賀県は7日、県水産試験場の魚群探知機による調査で、確認できた魚群が平年の1割にとどまっていることを明らかにした。はっきりした原因は分からず、漁業関係者は「漁師も経験がないと言うほど今年はとれていない」と懸念を強めている。

 魚群調査は、県水産試験場が毎年1月から8月まで、毎月琵琶湖を1周して行う。1月は平年値で380群が確認されるが、今年は37群しか確認できなかったという。

 県漁業協同組合連合会(大津市)によると、漁連が扱う活魚の漁獲量は、例年並みだった昨シーズンは解禁となる12月で22トン、1月で5トンだったが、今シーズンは12月が8トン、1月が0・7トンと激減している。

 県によると、昨年行ったアユの産卵状況の推計調査では、平年の106億個を上回る214億個の卵が県内各地の河川で確認され、豊漁が期待されていた。

 ただ例年より産卵のピークが遅れたといい、「まだ群れをつくるほど成長しておらず、網に掛かる大きさに育っていない可能性がある」と分析。今後の魚群調査の結果を注視するとしている。

 今年のアユの生息数が激減しているとすれば、影響は来シーズンに及ぶことが懸念される。県漁連は「今後も同じような状況が続けば、来年は大変なことになってしまう」と不安を募らせる。三日月大造滋賀県知事は7日の会見で「大変厳しい状況だと聞いている。アユの資源量が少ないことが確実になれば、放流など必要な対策を講じていきたい」と述べた。

【 2017年02月08日 09時06分 】

ニュース写真

  • 極端な不漁となっているヒウオ(2016年12月3日、大津市・和邇漁港)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      北朝鮮拉致40年、情報提供を
      松本京子さんの兄らチラシ

      20171021000066

       鳥取県米子市で松本京子さん=失踪当時(29)=が北朝鮮に拉致されて40年となる21日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      小平奈緒、国内最高で8度目V
      全日本距離別スケート

      20171021000093

       スピードスケートの全日本距離別選手権第2日は21日、長野市エムウエーブで行われ、女子5..... [ 記事へ ]

      経済

      イオンと生協、環境枠組み参加へ
      加工食品使用のパーム油

      20171021000090

       加工食品に広く使われている「パーム油」の生産過程で環境破壊や児童労働が世界的な関心事に..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      水面を彩る花 京都・木屋町でイベント

      20171021000070

       京都市中京区の元立誠小前の高瀬川で、市民らがいけた花を飾るイベント「京都木屋町 花いけ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]