出版案内
福祉事業団

滋賀県一般会計5343億円 17年度予算案、魅力発信に重点

 滋賀県は9日、一般会計5343億円と12特別会計、4企業会計を合わせた総額7764億9600万円の2017年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比1・9%減で5年ぶりに前年度を下回った。県債発行を増やしつつ、滋賀の魅力発信や琵琶湖の保全、活用など将来を見据えた施策を盛り込んだ。16日開会の県議会2月定例会議に提案する。

 一般会計の歳出では、東京都・日本橋に情報発信拠点を整備するブランド推進事業に3億2400万円を計上。県立近代美術館の再整備に6億8900万円、琵琶湖を自転車で一周する観光振興に1億5400万円を確保した。2024年の国体開催に向けて彦根市に設ける主会場整備に11億2100万円を充てた。

 歳入は、景気の持ち直しで企業からの税収が前年度当初比で1・3%増える一方、個人県民税などが落ち込み、県税全体では同0・3%減の1550億円を見込んだ。地方交付税は同0・9%減の1150億円と見積もった。

 不足分は県の実質的な借金となる県債を同11・8%増の485億円発行するとした。国負担を前提に県が立て替える臨時財政対策債を除いた17年度末の県債残高は2年連続で増加し、6476億円となる見込み。

 貯金に相当する2基金からは計100億円を取り崩して賄う。2基金の残高は94億円となり、8年ぶりに100億円を下回る見通しとなる。

 三日月大造知事は「将来も持続的に心で豊かさを実感できる施策をしようと編成した。スリムにすべきはスリムにし、次の時代につながる予算を計上できた。厳しい状況ではあるが、みなさんに一定理解いただける共感予算になったと考えている」と語った。

【 2017年02月09日 15時36分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      障害ある子の親に「親心の記録」 京都、不安緩和へノート

      20170820000116

       相続税対策などを支援する一般社団法人日本相続知財センター京都支部(京都市中京区)が、障..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ、連敗ストップ 大分とドロー、サッカーJ2

      20170820000124

       サッカーJ2の第29節は20日、西京極陸上競技場ほかで11試合を行い、京都サンガFCは..... [ 記事へ ]

      経済

      「さくら筆」のメーク術を指導 京都で22日

      20170820000067

       化粧筆専門店「京都六角館さくら堂」(京都市中京区)を運営するMURAGISHI(大阪府..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      幻想的に重文照らす 滋賀・石塔寺でフェス

      20170820000121

       国内最古の三重石塔で重要文化財「阿育王塔(あしょかおうとう)」などをライトアップする「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      高校の発達障害支援手探り 京都、教員スキルや財政課題

      20170820000101

       京都府と京都市の両教育委員会が、発達障害に対する高校での支援の充実を図ろうとしている。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      光合成遺伝子スイッチ先祖返りも 京都府立大教授ら解明

      20170819000129

       京都府立大と京都府立植物園が、同園内で育てられているシダやマツなどの植物を使って光合成..... [ 記事へ ]