出版案内
福祉事業団

滋賀県一般会計5343億円 17年度予算案、魅力発信に重点

 滋賀県は9日、一般会計5343億円と12特別会計、4企業会計を合わせた総額7764億9600万円の2017年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比1・9%減で5年ぶりに前年度を下回った。県債発行を増やしつつ、滋賀の魅力発信や琵琶湖の保全、活用など将来を見据えた施策を盛り込んだ。16日開会の県議会2月定例会議に提案する。

 一般会計の歳出では、東京都・日本橋に情報発信拠点を整備するブランド推進事業に3億2400万円を計上。県立近代美術館の再整備に6億8900万円、琵琶湖を自転車で一周する観光振興に1億5400万円を確保した。2024年の国体開催に向けて彦根市に設ける主会場整備に11億2100万円を充てた。

 歳入は、景気の持ち直しで企業からの税収が前年度当初比で1・3%増える一方、個人県民税などが落ち込み、県税全体では同0・3%減の1550億円を見込んだ。地方交付税は同0・9%減の1150億円と見積もった。

 不足分は県の実質的な借金となる県債を同11・8%増の485億円発行するとした。国負担を前提に県が立て替える臨時財政対策債を除いた17年度末の県債残高は2年連続で増加し、6476億円となる見込み。

 貯金に相当する2基金からは計100億円を取り崩して賄う。2基金の残高は94億円となり、8年ぶりに100億円を下回る見通しとなる。

 三日月大造知事は「将来も持続的に心で豊かさを実感できる施策をしようと編成した。スリムにすべきはスリムにし、次の時代につながる予算を計上できた。厳しい状況ではあるが、みなさんに一定理解いただける共感予算になったと考えている」と語った。

【 2017年02月09日 15時36分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      G20大阪開催を正式発表
      菅官房長官

      20180221000069

       菅義偉官房長官は21日の記者会見で、日本で初めての開催となる2019年の20カ国・地域..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      坂本は自己最高73・18点
      フィギュア・21日

      20180221000078

       30人によるフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)が行われ、初出場の坂本花織..... [ 記事へ ]

      経済

      ベネズエラ、仮想通貨流通を開始
      財政危機の打開図るも疑問視

      20180221000075

       【リオデジャネイロ共同】南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権は20日、独自の仮想通貨「..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      150キロ、こんなに大きい 京都・力奉納の餅展示

      20180221000071

       巨大な餅を持ち上げる時間を競う「餅上げ力奉納」が23日に醍醐寺(京都市伏見区)で行われ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]