出版案内
福祉事業団

全国8強、来季こそ 滋賀・光泉高アイスホッケー部

インターハイや国体などで活躍を続ける光泉高アイスホッケー部
インターハイや国体などで活躍を続ける光泉高アイスホッケー部

 光泉高(滋賀県草津市)のアイスホッケー部が活動を始め、10周年を迎えた。節目の今季も、全国高校総体(インターハイ)北信越・東海・近畿ブロック予選で2年ぶり2度目の優勝を果たし、本大会に出場するなど存在感を示す。「全国8強」の目標は今季もあと一歩及ばなかったが、新チームは「来季こそは達成する」と飛躍を誓う。

 2007年に同好会として発足し、08年に部に昇格。山田幸伸監督(50)はスキー出身で競技経験がないが、学生時代に高いレベルでプレーした若手コーチとともに関西一円から集まる選手を鍛え、全国レベルのチームに育てた。

 昨年11月に4校で争ったインターハイブロック予選は、決勝で強豪・長野の軽井沢高を4-0の完封で破るなど、3戦全勝で1位通過した。1月に栃木県であった本大会は、高崎工業高(群馬)に15-0で圧勝したが、2回戦で埼玉栄高に1-4で敗れ、8強を逃した。滋賀代表として出場した国体も初戦で宮城に3-7で敗退。3年竹内瑞希選手は「良い時と悪い時でムラがあった。全国ベスト8の目標を達成できず、悔いが残る」と振り返る。

 県立アイスアリーナ(大津市)は原則週2回しか使えず、校内の空きスペースでリンクを想定したイメージトレーニングで動きの質を高めるなど工夫を凝らして練習している。16人が残った新チームは体格で劣り、当たり負けを補うプレーが課題となる。新主将の2年飯田詩音選手は「新しく入る1年生を教え、チーム一丸となってプレーしたい」と意気込む。

 山田監督は「国体の成年男子でも、光泉OBが活躍してくれているのはうれしいこと」と10年を振り返る。「全国ベスト4に入りたい。強豪校、伝統校があり、まだ新しい我々は大変だが、一戦一戦勝てるチームをつくりたい」と、次のステージを見据える。

【 2017年02月12日 20時50分 】

ニュース写真

  • インターハイや国体などで活躍を続ける光泉高アイスホッケー部
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      愛知県、祭り写真取り違え掲載
      ポスター約260枚を撤去

      20170629000006

       愛知県の観光PR用ポスターで、県内の祭りの写真が取り違えて掲載されていたことが28日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、張本は初戦黒星で早田快勝
      アジア太平洋リーグ

      20170628000160

       男女混合のチーム対抗で争う卓球の新たな国際大会「アジア太平洋リーグ」が28日、マレーシ..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見稲荷駅を全面改装へ 京阪、乗降客増に対応

      20170628000153

       京阪電気鉄道は28日、2017年度に鉄道事業で約93億円の設備投資を実施すると発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平和実現へ宗教者結集 比叡山サミット30周年概要

      20170628000162

       仏教や神道、キリスト教など国内の宗教団体の代表者らで作る「日本宗教代表会議」は28日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]