出版案内
福祉事業団

庄屋の古文書190年分解読、目録に 滋賀・草津の団体

守山市木浜町の庄屋が残した古文書を解読してまとめた「木浜村文書目録」を示す水野会長(草津市役所)
守山市木浜町の庄屋が残した古文書を解読してまとめた「木浜村文書目録」を示す水野会長(草津市役所)

 滋賀県草津市の市民団体「草津古文書学習会」が、滋賀県守山市木浜町にあった庄屋が残した古文書約710点を約3年半かけて調査、解読し、このほど「木浜村文書目録」を作った。江戸時代前期から約190年間の年貢の歴史などをまとめた。

 同会は、古文書の解読を通じて地元の歴史を学ぼうと20年前に草津市や守山市などの有志が結成し、約20人が活動している。庄屋の古文書は2013年4月、インターネットのオークションで出品されているのを会員が見つけ、落札した。

 古文書は段ボール3箱分と大量にあり、同年7月から解読を進めると、農民が納める年貢額や納期が記載された「免定(めんじょう)」と、年貢の納入を証明する「皆済目録」と分かり、元禄元(1688)年から明治7(1874)年までの文書があった。同会によると、約190年間の免定と皆済目録が同時に見つかるのは珍しいという。

 このほか、江戸後期から明治初期に木浜町で建てられた琵琶湖の定置網「えり」の場所を示す絵図もあった。文書の内容や年月日、大きさなどを一覧表にまとめ、写真を添えて11月に目録を完成させた。会長の水野貴久子さん(59)=草津市平井1丁目=は「歴史を掘り起こした気持ちになった」と話す。

 目録を読んだ木浜自治会長の馬場敏明さん(70)は「この地域に古文書が残っているのは知っていたが、これほどの量が出てくるとは驚いた」という。

 目録はA4判62ページで、200部発行した。税込み500円。問い合わせは水野さんTEL077(563)7733まで。

【 2017年02月13日 11時50分 】

ニュース写真

  • 守山市木浜町の庄屋が残した古文書を解読してまとめた「木浜村文書目録」を示す水野会長(草津市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      年末の祇園を巡回、警察官ら防犯活動

      20171218000184

       年末の犯罪や事故防止を訴える京都府警の年末警戒活動が18日、府内全域で行われた。警察官..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京大アメフット部、西村監督退任へ 名門復活へ道筋

      20171218000192

       京大アメリカンフットボール部の西村大介監督(40)が今年限りで退任することが18日まで..... [ 記事へ ]

      経済

      経団連、副業推奨せず
      本業に影響、管理難しく

      20171218000200

       経団連の榊原定征会長は18日の記者会見で、政府が働き方改革の一環として副業や兼業の普及..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]