出版案内
福祉事業団

庄屋の古文書190年分解読、目録に 滋賀・草津の団体

守山市木浜町の庄屋が残した古文書を解読してまとめた「木浜村文書目録」を示す水野会長(草津市役所)
守山市木浜町の庄屋が残した古文書を解読してまとめた「木浜村文書目録」を示す水野会長(草津市役所)

 滋賀県草津市の市民団体「草津古文書学習会」が、滋賀県守山市木浜町にあった庄屋が残した古文書約710点を約3年半かけて調査、解読し、このほど「木浜村文書目録」を作った。江戸時代前期から約190年間の年貢の歴史などをまとめた。

 同会は、古文書の解読を通じて地元の歴史を学ぼうと20年前に草津市や守山市などの有志が結成し、約20人が活動している。庄屋の古文書は2013年4月、インターネットのオークションで出品されているのを会員が見つけ、落札した。

 古文書は段ボール3箱分と大量にあり、同年7月から解読を進めると、農民が納める年貢額や納期が記載された「免定(めんじょう)」と、年貢の納入を証明する「皆済目録」と分かり、元禄元(1688)年から明治7(1874)年までの文書があった。同会によると、約190年間の免定と皆済目録が同時に見つかるのは珍しいという。

 このほか、江戸後期から明治初期に木浜町で建てられた琵琶湖の定置網「えり」の場所を示す絵図もあった。文書の内容や年月日、大きさなどを一覧表にまとめ、写真を添えて11月に目録を完成させた。会長の水野貴久子さん(59)=草津市平井1丁目=は「歴史を掘り起こした気持ちになった」と話す。

 目録を読んだ木浜自治会長の馬場敏明さん(70)は「この地域に古文書が残っているのは知っていたが、これほどの量が出てくるとは驚いた」という。

 目録はA4判62ページで、200部発行した。税込み500円。問い合わせは水野さんTEL077(563)7733まで。

【 2017年02月13日 11時50分 】

ニュース写真

  • 守山市木浜町の庄屋が残した古文書を解読してまとめた「木浜村文書目録」を示す水野会長(草津市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      民法改正案、26日に成立へ
      商品売買の契約ルール大幅見直し

      20170525000111

       商品売買などの契約ルールを大幅に見直す民法改正案が25日、参院法務委員会で自民、公明両..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子ゴルフ、岩田ら3人首位並ぶ
      ミズノOP第1日

      20170525000128

       ミズノ・オープン第1日(25日・岡山県JFE瀬戸内海GC=7404ヤード、パー72)2..... [ 記事へ ]

      経済

      創業融資、好調続く 金融公庫大津支店、「プチ起業」背景に

      20170525000063

       起業したい人に向けた日本政策金融公庫の創業融資制度の利用件数が過去最高を更新し続けてい..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都発ラブ&ピースな芸術舞台、26日から ロックなど多彩に

      20170525000097

       京都を拠点に活動している画家の木村英輝さんがプロデュースする舞台公演「Rimpa Ro..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藍の抹茶」商品化へ 京都学園大生プロジェクト

      20170525000070

       京都府亀岡市曽我部町の京都学園大の学生たちが、市内で栽培した藍の葉をすりつぶして「藍の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底に刺さる旧日本海軍の潜水艦
      長崎・五島沖で撮影

      20170525000118

       長崎県・五島列島沖で、旧日本海軍の潜水艦が深さ約200mの海底に突き刺さったように立つ..... [ 記事へ ]