出版案内
福祉事業団

琵琶湖岸にオープンカフェもOK 滋賀県、許可基準改正へ

 滋賀県は14日、琵琶湖岸にオープンカフェなどの商業施設を設けられるように、琵琶湖の占用許可基準を改正する方針を明らかにした。水辺空間を生かした街の活性化を検討する大津市などの要望を受け、今年4月からの新基準適用を目指す。

 愛荘町で開かれた県内市町の首長会議で三日月大造知事が説明した。

 河川敷地内の商業利用は、国が2011年度に許可基準を改正し、新たに飲食店や川床などを許可できるようにした。大阪府が道頓堀川にカフェを設けるなど各地で水辺の活用が広がっている。河川とみなされる琵琶湖についても、大津市と守山市が県に基準の見直しを要望していた。

 県は、国に沿った形で基準を改正する方針。地元市町などが認めた民間事業者も営業活動が行えるようにする。湖岸にレストランやカフェの開設を検討する大津市の越直美市長は「ぜひ進めてほしい。大津市は来年度にも具体的な場所などを決めていきたい」とし、速やかな改正を求めた。

 ただ、県担当課は基準改正後も治水や景観の面から、湖岸への建物の建設で許可を得るのは難しいと指摘。屋台や移動式の店舗などの利用が現実的とみられ、他の市長からは「自然を残すルールもいる」など慎重意見もあった。

 守山市の宮本和宏市長は「湖岸でグランピング(豪華なキャンプ)ができないかという要望もある。柔軟な運用をお願いしたい」と県に求めた。

【 2017年02月14日 22時57分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      活性化で市民チーム立ち上げ 京都・亀岡のスタジアム計画

      20171211000014

       京都府亀岡市は、府が建設する球技専用スタジアムをまちの活性化に生かすソフト事業を市民参..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      鈴木愛は世界ランク31位に浮上
      女子ゴルフ、野村敏京は35

      20171211000041

       女子ゴルフの11日付最新世界ランキングが発表され、鈴木愛は前週の32位から31位に浮上..... [ 記事へ ]

      経済

      WTO閣僚会議が開幕
      自由貿易体制の堅持促す

      20171211000006

       【ブエノスアイレス共同】世界貿易機関(WTO)閣僚会議が10日、アルゼンチンの首都ブエ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「読者と一緒に考えたい」 ミシマ社の異色雑誌「ちゃぶ台」

      20171211000038

       ミシマ社の異色の総合雑誌「ちゃぶ台」が創刊3号を迎えた。「多くの人がまだ気付いていない..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学校のどこが嫌?」 京都の教員、フリースクールに学ぶ

      20171210000041

       不登校の児童や生徒が通うフリースクールに対して、教育委員会や学校関係者の関心が高まって..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都議定書20年、誕生地で会議
      市主催、温暖化考える

      20171210000121

       1997年の気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で、先進国に温室効果ガスの排..... [ 記事へ ]