出版案内
福祉事業団

杉材使い1千万円で新築戸建て 滋賀・高島、森林活用で新提案

地元産のスギDIY内装材を活用した「小さな木の家」の可能性について議論する参加者ら(高島市新旭町・市観光物産プラザ)
地元産のスギDIY内装材を活用した「小さな木の家」の可能性について議論する参加者ら(高島市新旭町・市観光物産プラザ)

 森林資源の有効活用を図ろうと、公開セミナー「高島のスギを活かそう!」が22日、滋賀県高島市新旭町の市観光物産プラザで開かれた。床面積が約20坪(66平方メートル)あり、1千万円で建設可能な「小さな木の家」が新商品として提案され、製材業者や建築・不動産業者が意見交換した。

 高島市の全面積のうち53%が森林で占められており、戦後復興の際に植林されたスギも多いという。林業と他業種と結び付け、新たな事業開発が課題とされており、「実践型地域雇用創造事業」として、高島地域雇用創造協議会が主催した。

 セミナーには、11事業者が参加。同協議会実践支援員の西森寛さん(43)が「孫の代まで引き継ぐ家や土地よりも、再利用可能な家や土地のあり方が重要ではないか」と語った上で、大阪や京都に通う若い世代をターゲットに、地元産のDIY内装材を活用した「小さな木の家」について説明。「床面積20坪、1千万円でも建設可能」とし、再利用や田舎での土地活用を考え、平屋とした。夫婦の新居やセカンドハウス、シェアハウスへの活用を訴えていた。

【 2017年02月23日 09時53分 】

ニュース写真

  • 地元産のスギDIY内装材を活用した「小さな木の家」の可能性について議論する参加者ら(高島市新旭町・市観光物産プラザ)
  • 1千万円で建設可能な「小さな木の家」の外観イメージ=高島地域雇用創造協議会提供
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      「構図は多くが破綻」 滋賀・日野町事件、弁護士が指摘

      20170424000167

       滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害された「日野町事件」で、阪原弘元受刑者..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大学スポーツ振興目指す 関西で連携組織発足へ

      20170424000156

       米国をモデルに日本の大学スポーツの振興を目指す国の指針を踏まえ、京滋など関西の大学教員..... [ 記事へ ]

      経済

      心も満たす幸せ社食 京都の企業、おしゃれに充実

      20170424000151

       ランチは午後からの仕事の活力源だ。外食もいいけれど、やっぱり第一の選択肢は懐に優しい社..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      楼門照らす温和な明かり 西本願寺で試験点灯

      20170424000170

       京都市下京区の西本願寺(浄土真宗本願寺派本山)で、25日から国宝や重要文化財の建造物を..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      企業、地元学生の心つかめ 大津で採用のフォーラム

      20170424000166

       2018年春に卒業予定の大学生採用に向けた会社説明会が本格化する中、滋賀県内の企業を対..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      偽肝炎薬が病院にも流通
      和歌山市、患者には渡らず

      20170424000051

       C型肝炎治療薬「ハーボニー」の偽造品15本が1月、東京都や奈良県で相次いで見つかった問..... [ 記事へ ]