出版案内
福祉事業団

杉材使い1千万円で新築戸建て 滋賀・高島、森林活用で新提案

地元産のスギDIY内装材を活用した「小さな木の家」の可能性について議論する参加者ら(高島市新旭町・市観光物産プラザ)
地元産のスギDIY内装材を活用した「小さな木の家」の可能性について議論する参加者ら(高島市新旭町・市観光物産プラザ)

 森林資源の有効活用を図ろうと、公開セミナー「高島のスギを活かそう!」が22日、滋賀県高島市新旭町の市観光物産プラザで開かれた。床面積が約20坪(66平方メートル)あり、1千万円で建設可能な「小さな木の家」が新商品として提案され、製材業者や建築・不動産業者が意見交換した。

 高島市の全面積のうち53%が森林で占められており、戦後復興の際に植林されたスギも多いという。林業と他業種と結び付け、新たな事業開発が課題とされており、「実践型地域雇用創造事業」として、高島地域雇用創造協議会が主催した。

 セミナーには、11事業者が参加。同協議会実践支援員の西森寛さん(43)が「孫の代まで引き継ぐ家や土地よりも、再利用可能な家や土地のあり方が重要ではないか」と語った上で、大阪や京都に通う若い世代をターゲットに、地元産のDIY内装材を活用した「小さな木の家」について説明。「床面積20坪、1千万円でも建設可能」とし、再利用や田舎での土地活用を考え、平屋とした。夫婦の新居やセカンドハウス、シェアハウスへの活用を訴えていた。

【 2017年02月23日 09時53分 】

ニュース写真

  • 地元産のスギDIY内装材を活用した「小さな木の家」の可能性について議論する参加者ら(高島市新旭町・市観光物産プラザ)
  • 1千万円で建設可能な「小さな木の家」の外観イメージ=高島地域雇用創造協議会提供
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      旧伊庭家住宅の垣根一新 滋賀・大正期のヴォーリズ建築

      20171215000080

       大正初期に完成した滋賀県近江八幡市安土町小中のヴォーリズ建築「旧伊庭家住宅」でこのほど..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京都の出場校、世代別日本代表が導く 全国高校バスケット

      20171215000074

       バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)が23日、東京で開幕する。京都から..... [ 記事へ ]

      経済

      福岡でモーターショーが開幕
      九州最大2年ぶり、新技術を展示

      20171215000094

       九州最大の自動車展示会「福岡モーターショー2017」が15日、2年ぶりに福岡市で開幕し..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「エイエイオー」四十七士勇ましく 京都・山科義士まつり

      20171215000031

       大石内蔵助ゆかりの京都市山科区一帯で14日、「山科義士まつり」が開かれた。雪景色の中、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      3学科合同の音楽劇上演 同志社女子大で18、20日

      20171215000050

       同志社女子大学芸学部の学生40人が18、20の両日、京都府京田辺市興戸の京田辺キャンパ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      割れてもくっつくガラス
      自然修復し再利用も

      20171215000008

       割れた破片を互いに押しつけると、断面が自然にくっついて修復する特殊なガラス素材を東京大..... [ 記事へ ]