出版案内
福祉事業団

杉材使い1千万円で新築戸建て 滋賀・高島、森林活用で新提案

地元産のスギDIY内装材を活用した「小さな木の家」の可能性について議論する参加者ら(高島市新旭町・市観光物産プラザ)
地元産のスギDIY内装材を活用した「小さな木の家」の可能性について議論する参加者ら(高島市新旭町・市観光物産プラザ)

 森林資源の有効活用を図ろうと、公開セミナー「高島のスギを活かそう!」が22日、滋賀県高島市新旭町の市観光物産プラザで開かれた。床面積が約20坪(66平方メートル)あり、1千万円で建設可能な「小さな木の家」が新商品として提案され、製材業者や建築・不動産業者が意見交換した。

 高島市の全面積のうち53%が森林で占められており、戦後復興の際に植林されたスギも多いという。林業と他業種と結び付け、新たな事業開発が課題とされており、「実践型地域雇用創造事業」として、高島地域雇用創造協議会が主催した。

 セミナーには、11事業者が参加。同協議会実践支援員の西森寛さん(43)が「孫の代まで引き継ぐ家や土地よりも、再利用可能な家や土地のあり方が重要ではないか」と語った上で、大阪や京都に通う若い世代をターゲットに、地元産のDIY内装材を活用した「小さな木の家」について説明。「床面積20坪、1千万円でも建設可能」とし、再利用や田舎での土地活用を考え、平屋とした。夫婦の新居やセカンドハウス、シェアハウスへの活用を訴えていた。

【 2017年02月23日 09時53分 】

ニュース写真

  • 地元産のスギDIY内装材を活用した「小さな木の家」の可能性について議論する参加者ら(高島市新旭町・市観光物産プラザ)
  • 1千万円で建設可能な「小さな木の家」の外観イメージ=高島地域雇用創造協議会提供
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      20万人減時代へ周辺部対応に重点 京都市が検討本格化

      20170627000021

       京都市は今後20年余りで人口が約20万人減少する見通しを踏まえ、「持続可能な都市づくり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      新大関高安が本格始動
      稀勢の里と15番「いい汗」

      20170627000054

       大相撲の新大関高安が27日、愛知県長久手市の田子ノ浦部屋で名古屋入り後初の朝稽古を行い..... [ 記事へ ]

      経済

      滋賀のこだわり商品130点 「モノづくり展」地元は初開催

      20170627000063

       信楽焼の照明器具や朝宮茶など湖国発のこだわりの工芸品や茶、地酒などを紹介する「滋賀のモ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      虫送り、たいまつ手に豊作祈る 京都・木津川

      20170627000047

       害虫を追い払って豊作を祈願する伝統行事「虫送り」がこのほど、京都府木津川市鹿背山で行わ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      不当要求に対する基本方針策定 京都府立医大で調査委会合

      20170626000131

       京都府立医科大付属病院の虚偽診断疑惑などを検証する府公立大学法人の調査委員会の第3回会..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]