出版案内
福祉事業団

泳ぐイノシシ急増、生息域も拡大中 滋賀の研究者が出版

泳ぐイノシシの調査結果をまとめた著作を出版した高橋教授
泳ぐイノシシの調査結果をまとめた著作を出版した高橋教授

 琵琶湖や瀬戸内海など全国で泳ぐイノシシが目撃される中、滋賀県守山市の研究者が各地の状況をまとめた著書「泳ぐイノシシの時代」を出版した。もともと泳ぐ能力があるといい、耕作放棄など人間社会の変化によって海や湖を渡るケースが急増していると指摘。「泳ぐことを前提とした対策が必要だ」と主張している。

 著者はイノシシ研究に携わる奈良大の高橋春成教授(生物地理学)=守山市洲本町=。西日本で現地調査やアンケートを行い、滋賀県の沖島や竹生島、舞鶴湾にある戸島、瀬戸内海の宮島(広島県)や小豆島(香川県)、天草諸島(熊本県)や慶良間列島(沖縄県)など110の島でイノシシが泳いで渡っていることを確認し、内容をまとめた。

 調査では、各地の島で1990年代からイノシシの出没が増えていることも分かった。高橋教授は、江戸期の開墾で山へ追われたイノシシが、人口流出に伴う耕作放棄や暖冬による個体数の増加などで生息域を広げていると指摘。海岸近くまで達したことで、猟犬に追われるなどして海に飛び込む例が増えている、と分析した。

 過去にイノシシと関わってこなかった沖島などでは、農作物被害などの対策が十分でないとの課題も挙げ、「新しく海を渡るイノシシが出ないような狩猟・駆除の方法や、島を含めた広域的な対応が求められる」と強調した。

 昨年末に彦根市街で4人に重軽傷を負わせたイノシシも琵琶湖を渡ってきた可能性が指摘されている。高橋教授は「イノシシは山の動物という固定観念をなくし、湖や海を容易に泳ぐと認識を変える必要がある」としている。

 170ページ。1800円(税別)。サンライズ出版TEL0749(22)0627。

【 2017年03月04日 15時30分 】

ニュース写真

  • 泳ぐイノシシの調査結果をまとめた著作を出版した高橋教授

2017衆院選 開票速報

    滋賀のニュース

      政治・社会

      昭恵夫人、首相当確で満面の笑み
      森友触れず「主人頑張る」

      20171022000194

       森友、加計学園問題で批判を受けた安倍晋三首相の地元・山口4区。下関市の事務所では安倍首..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      羽生、平昌五輪後も現役示唆
      将来的に4回転半に意欲

      20171022000167

       【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のロシア杯男子で2..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      二条城に江戸時代の眺め再び 京都、櫓や大手門現れ

      20171022000113

       京都市中京区の世界遺産・二条城で、東側を中心に整備が進められてきた駐車場と広場がこのほ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]