出版案内
福祉事業団

奈良時代の須恵器や木簡が出土 滋賀・竜王、ブタイ遺跡

ブタイ遺跡で見つかった人工水路(滋賀県竜王町山面)=滋賀県文化財保護協会提供
ブタイ遺跡で見つかった人工水路(滋賀県竜王町山面)=滋賀県文化財保護協会提供

 滋賀県竜王町教育委員会は6日、同町山面のブタイ遺跡(古墳時代~中世)の発掘調査で、奈良時代の建物跡や人工水路が見つかったと発表した。人工水路から大量の須恵器や人名が記された木簡が出土し、町教委は須恵器の大規模生産地だった近くの鏡山古窯趾(こようし)群に関連する公的施設だったとみている。

 調査は2002年度に続き、遺跡北側の2240平方メートルで行った。見つかったのは8世紀頃の掘立柱建物3棟と人工水路(幅5メートル、深さ1・7メートル、長さ56メートル以上)。須恵器は不良品が多く、水で磨かれた形跡がないことから近くで投棄されたとみられる。当時の役人が身につけた帯金具2点も出土した。

 木簡(長さ211ミリ、幅18ミリ、厚さ3ミリ)は下端部がとがった形状で、「桐原郷薏原史(いはらのふひと)」の記述があった。「史」は大和政権が与えた社会的地位を指す言葉で、町教委は「須恵器を管理、選別する物流拠点だった可能性が高い。木簡は現在の近江八幡市南西部の桐原郷に住んでいた人物が納めた物資に刺して使ったのだろう」としている。

 奈良文化財研究所の渡辺晃宏史料研究室長は「役所でなく生産遺跡からの木簡出土は全国的に珍しい。薏原史という氏族は隣接する野洲郡敷智郷にいたことが知られており、この地域の氏族分布の広がりを考える上でも大きな発見」と話す。

 発掘調査報告会は11日午前9時半から、大津市打出浜のコラボしが21で行われる。参加無料。

【 2017年03月06日 22時30分 】

ニュース写真

  • ブタイ遺跡で見つかった人工水路(滋賀県竜王町山面)=滋賀県文化財保護協会提供
  • ブタイ遺跡から出土した「桐原郷薏原史」と書かれた木簡
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      中華航空機事故から23年
      遺族ら参列、冥福祈る

      20170426000177

       乗客乗員264人が死亡した1994年の名古屋空港(現愛知県営名古屋空港)の中華航空機墜..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソ4―1日(26日)
      ソフトBが一回に4点

      20170426000178

       ソフトバンクは一回に今宮が1号ソロを放ち、内川の適時打、デスパイネの3号2ランで計4点..... [ 記事へ ]

      経済

      窓から鴨川一望、ゆったり宿泊 京都、新ホテル相次ぎ完成

      20170426000139

       京都市中京区で26日、西日本鉄道(福岡市)と藤田観光(東京都)がそれぞれ近日オープンさ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      雨にぬれる青モミジ、幻想的に 京都、無鄰庵でライトアップ

      20170426000167

       明治時代に山県有朋が造った別荘「無鄰庵」(京都市左京区南禅寺)で、初めて新緑のライトア..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      イラク帰還兵「社会復帰難しい」 京都の高校で講義

      20170426000046

       憲法施行70年(5月3日)を前に、高校生が憲法問題や平和、戦争について考える集会が25..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      金属使い多様な色作る彩色法
      理研が開発、半永久的に色保持

      20170426000154

       アルミニウムの薄い膜を使って表面に微細な凹凸加工をすることで、多様な色を作り出せる彩色..... [ 記事へ ]