出版案内
福祉事業団

メタセコイア並木、滋賀・高島市が周辺整備へ 観光客急増受け

2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)
2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)

 滋賀県高島市は10日、観光スポットとして人気が急上昇する一方で、路上駐車や交通渋滞が目立つメタセコイア並木(同市マキノ町)の周辺整備に向けた基本構想を策定していることを明らかにした。市議会3月定例会の一般質問で答弁した。

 メタセコイア並木の周辺には、少なくとも年間約13万人の観光客が訪れている。昨年12月のピーク時には約2キロの渋滞が発生した。並木近くの農業公園マキノピックランドやマキノ高原が臨時駐車場を設けたり、交通誘導員を配置したりするなど、混雑緩和に力を入れるが、今後さらなる観光客の増加が見込まれ、地域への影響も懸念される。

 基本構想は、観光客の受け皿づくりと満足度アップを狙いとし、老朽化するマキノピックランドのリニューアルなどが中心となる。早ければ2018年度にも着工する見通しという。

 渋滞対策については本年度予算で約190万円を計上しており、国道161号から並木に至る経路上に案内誘導看板3カ所と駐車場誘導サイン2カ所を3月末までに設置する。市土木上下水道部は「路上駐車は前年より減少し、一定の効果はあった」と強調し、「来訪者のマナー向上を呼びかけ、関係機関や関係団体との調整を図る」とした。

 また、市議が「歩行者天国も検討してはどうか」と質問したのに対し、市商工観光部は「今後の検討課題としたい」と述べた。

 市では、国や県、関係機関との協力が不可欠としており、本年度中に基本構想をまとめたい考えだ。

【 2017年03月10日 23時10分 】

ニュース写真

  • 2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      相模原殺傷事件1年を前に追悼式
      19人犠牲者、人柄しのぶ

      20170724000133

       相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺されるなどした事件から..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      都市対抗、決勝はNTT東―日通
      ともに2度目V狙う

      20170724000105

       都市対抗野球大会第11日は24日、東京ドームで準決勝が行われ、NTT東日本(東京都)と..... [ 記事へ ]

      経済

      スマホバッテリーを自主回収
      UPQ製、焼損事故

      20170724000127

       家電製品を手掛けるUPQ(アップ・キュー、東京)は24日、同社製のスマートフォン用のバ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の美と心意気に拍手 祇園祭・後祭の山鉾巡行

      20170724000068

       祇園祭の後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、曇り空の京都市内で繰り広げられた。舶来の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      葛川小・中「特認校」に 大津市全域で通学受け入れ

      20170723000090

       児童・生徒の減少が進む大津市の葛川小・中が来年度から「小規模特認校」となり、市内全域か..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海外原発事故の検知体制強化へ
      規制委、長崎や沖縄に装置

      20170723000106

       原子力規制委員会が、韓国や台湾など、海外の原発で事故が起きた際の放射線拡散情報の検知体..... [ 記事へ ]