出版案内
福祉事業団

メタセコイア並木、滋賀・高島市が周辺整備へ 観光客急増受け

2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)
2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)

 滋賀県高島市は10日、観光スポットとして人気が急上昇する一方で、路上駐車や交通渋滞が目立つメタセコイア並木(同市マキノ町)の周辺整備に向けた基本構想を策定していることを明らかにした。市議会3月定例会の一般質問で答弁した。

 メタセコイア並木の周辺には、少なくとも年間約13万人の観光客が訪れている。昨年12月のピーク時には約2キロの渋滞が発生した。並木近くの農業公園マキノピックランドやマキノ高原が臨時駐車場を設けたり、交通誘導員を配置したりするなど、混雑緩和に力を入れるが、今後さらなる観光客の増加が見込まれ、地域への影響も懸念される。

 基本構想は、観光客の受け皿づくりと満足度アップを狙いとし、老朽化するマキノピックランドのリニューアルなどが中心となる。早ければ2018年度にも着工する見通しという。

 渋滞対策については本年度予算で約190万円を計上しており、国道161号から並木に至る経路上に案内誘導看板3カ所と駐車場誘導サイン2カ所を3月末までに設置する。市土木上下水道部は「路上駐車は前年より減少し、一定の効果はあった」と強調し、「来訪者のマナー向上を呼びかけ、関係機関や関係団体との調整を図る」とした。

 また、市議が「歩行者天国も検討してはどうか」と質問したのに対し、市商工観光部は「今後の検討課題としたい」と述べた。

 市では、国や県、関係機関との協力が不可欠としており、本年度中に基本構想をまとめたい考えだ。

【 2017年03月10日 23時10分 】

ニュース写真

  • 2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      最南端スキー場、存続へ
      宮崎、入場者最低でも経営改善

      20170329000074

       宮崎県五ケ瀬町は29日、入場者の減少を理由に閉鎖を検討していた日本最南端のスキー場「五..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーW杯、ブラジルが出場権
      南米予選、世界最速で突破

      20170329000032

       サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会南米予選は28日、各地で行われ、首位のブラジ..... [ 記事へ ]

      経済

      東証もみ合い、終値は14円高
      1万9217円

      20170329000077

       29日の東京株式市場は利益確定の売りと円高一服を好感した買いが交錯し、日経平均株価(2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・嵐山に美術館構想 アイフル創業者が私財

      20170329000059

       京都・嵐山の渡月橋近くで、近現代日本画を中心とする民営美術館を2019年夏以降にオープ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「あられグラノーラ」高校生が商品化 京都、牛乳かけて食べて

      20170327000048

       京都すばる高(京都市伏見区)の3年生たちが、京都産の黒米やドライフルーツを使って、あら..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      叡電に環境ラッピング列車 京都

      20170329000054

       米国で地球温暖化対策の規制を見直す方針が示され、パリ協定の行く末が懸念される中、地球温..... [ 記事へ ]