出版案内
福祉事業団

メタセコイア並木、滋賀・高島市が周辺整備へ 観光客急増受け

2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)
2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)

 滋賀県高島市は10日、観光スポットとして人気が急上昇する一方で、路上駐車や交通渋滞が目立つメタセコイア並木(同市マキノ町)の周辺整備に向けた基本構想を策定していることを明らかにした。市議会3月定例会の一般質問で答弁した。

 メタセコイア並木の周辺には、少なくとも年間約13万人の観光客が訪れている。昨年12月のピーク時には約2キロの渋滞が発生した。並木近くの農業公園マキノピックランドやマキノ高原が臨時駐車場を設けたり、交通誘導員を配置したりするなど、混雑緩和に力を入れるが、今後さらなる観光客の増加が見込まれ、地域への影響も懸念される。

 基本構想は、観光客の受け皿づくりと満足度アップを狙いとし、老朽化するマキノピックランドのリニューアルなどが中心となる。早ければ2018年度にも着工する見通しという。

 渋滞対策については本年度予算で約190万円を計上しており、国道161号から並木に至る経路上に案内誘導看板3カ所と駐車場誘導サイン2カ所を3月末までに設置する。市土木上下水道部は「路上駐車は前年より減少し、一定の効果はあった」と強調し、「来訪者のマナー向上を呼びかけ、関係機関や関係団体との調整を図る」とした。

 また、市議が「歩行者天国も検討してはどうか」と質問したのに対し、市商工観光部は「今後の検討課題としたい」と述べた。

 市では、国や県、関係機関との協力が不可欠としており、本年度中に基本構想をまとめたい考えだ。

【 2017年03月10日 23時10分 】

ニュース写真

  • 2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      乳幼児の玩具のみ込みに注意
      2センチ以下、喉に詰まりやすい

      20171120000113

       消費者安全調査委員会(消費者事故調)は20日、乳幼児が小さなおもちゃを口に入れ、誤って..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      王者・拳四朗選手の一日追う 山道はって鍛錬

      20171120000088

       京都府城陽市出身で、年末に2度目の防衛戦が決まったボクシング世界WBCライトフライ級王..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反落、終値135円安
      円高で業績期待が後退

      20171120000090

       週明け20日の東京株式市場は外国為替相場が円高に振れたことで企業業績拡大への期待が後退..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      紫式部文学賞、津村記久子さんに贈呈 京都・宇治

      20171120000028

       女性作家の優れた文学作品に贈る「第27回紫式部文学賞」(京都府宇治市主催)の贈呈式が1..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      博物学の変遷たどる70点 京都、学校歴博で教材展示

      20171120000082

       明治初期から昭和初期にかけて、学校における博物学教育の変遷を紹介した企画展「学校と博物..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ビワマス遡上「今年こそ」 滋賀・野洲に魚道設置

      20171120000079

       滋賀県の野洲市中心部まで琵琶湖固有種のビワマスが遡上(そじょう)する光景を復活させよう..... [ 記事へ ]