出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

メタセコイア並木、滋賀・高島市が周辺整備へ 観光客急増受け

2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)
2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)

 滋賀県高島市は10日、観光スポットとして人気が急上昇する一方で、路上駐車や交通渋滞が目立つメタセコイア並木(同市マキノ町)の周辺整備に向けた基本構想を策定していることを明らかにした。市議会3月定例会の一般質問で答弁した。

 メタセコイア並木の周辺には、少なくとも年間約13万人の観光客が訪れている。昨年12月のピーク時には約2キロの渋滞が発生した。並木近くの農業公園マキノピックランドやマキノ高原が臨時駐車場を設けたり、交通誘導員を配置したりするなど、混雑緩和に力を入れるが、今後さらなる観光客の増加が見込まれ、地域への影響も懸念される。

 基本構想は、観光客の受け皿づくりと満足度アップを狙いとし、老朽化するマキノピックランドのリニューアルなどが中心となる。早ければ2018年度にも着工する見通しという。

 渋滞対策については本年度予算で約190万円を計上しており、国道161号から並木に至る経路上に案内誘導看板3カ所と駐車場誘導サイン2カ所を3月末までに設置する。市土木上下水道部は「路上駐車は前年より減少し、一定の効果はあった」と強調し、「来訪者のマナー向上を呼びかけ、関係機関や関係団体との調整を図る」とした。

 また、市議が「歩行者天国も検討してはどうか」と質問したのに対し、市商工観光部は「今後の検討課題としたい」と述べた。

 市では、国や県、関係機関との協力が不可欠としており、本年度中に基本構想をまとめたい考えだ。

【 2017年03月10日 23時10分 】

ニュース写真

  • 2018年度にもリニューアルされる農業公園マキノピックランド(高島市マキノ町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      地震被災家屋にブルーシート 京都で大雨予報、土砂災害も警戒

      20180619000177

       震度5強の京都府、震度5弱を観測した滋賀県でも20日明け方から昼すぎにかけて大雨になる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      前田は3回2/3を3失点
      カブス戦

      20180620000023

       ▽カブス―ドジャース(19日・シカゴ) ドジャースの前田は先発して3回2/3を5安打3失..... [ 記事へ ]

      経済

      パナ、家電の海外売上高6割に
      22年度までの目標

      20180619000147

       パナソニックは19日、家電分野の海外売上高比率を2022年度までに6割に引き上げる目標..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]