出版案内
福祉事業団

水源保全に不十分? 開発目立ち、滋賀県条例に懸念の声

 琵琶湖や河川の水源を守るために制定した滋賀県の「水源森林地域保全条例」で、2016年1月に森林の土地売買に事前届け出を義務化して1年余りがたった。これまでに86件の届け出があり、懸念された外国資本による土地取得はなかった。ただ、利用目的は工業用地や住宅用地などの開発が目立ち、県議会では「この条例で本当に水源を守れるのか」と懸念する声が出ている。

 条例は、北海道などで外国資本による森林の買収が相次いだことを受けて制定した。県内の民有林計18万4千ヘクタールで所有権の移転や賃借権の設定などをする場合、30日前までに届け出ることを定めている。対象地域は県の森林の9割に当たる。

 県によると、届け出制度開始から今年2月末までに86件(計約65万平方メートル)の届け出があった。所在地は日野町の30件が最多で、甲賀市14件、大津市13件、米原市9件と続いた。取得者は法人が6割、県外が8割だった。

 土地の利用目的では、特に建築物を設けない山林としての所有が37件、工業用地が27件、住宅建築用地が9件で、ほかにも放牧場、資材置き場、太陽光発電用地、駐車場と開発行為が目立った。

 この結果に県議からは「外国資本が来なくてよかったでは済まない。水源がどんどん太陽光パネルや工業地に変わる」「水源を守るためにさらに規制がいるのではないか」と不安視する意見が続出している。

 県森林政策課は、これまで事後報告だけが定められていた土地の売買を事前に把握できることで、適切な指導や助言が行えると強調。「利用目的で売買を止めるのは法的に難しいが、不適切な利用は個別の法で対応していく」としている。

【 2017年03月17日 09時11分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      釧路で9年ぶり流氷初日
      気象台観測

      20170323000004

       北海道の釧路地方気象台は22日、この冬初めて釧路市沖に流氷が到来しているのを肉眼で確認..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      田中は5回1/3を無失点
      フィリーズ戦

      20170323000015

       ▽フィリーズ―ヤンキース(22日・クリアウオーター) ヤンキースの田中は先発で5回1/3..... [ 記事へ ]

      経済

      最小の地震検知部品開発 ローム、コンセントなどに組み込み

      20170323000024

       ロームは住宅の分電盤やコンセントに組み込み、地震を検知するセンサーモジュール(複合部品..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      黒と金の輝き再び 世界遺産、二条城・東大手門修理完了

      20170322000076

       世界遺産・二条城(京都市中京区)で重要文化財「東大手門」の修理が完成し、22日に披露式..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      人気バンドのOBも定演出演 京都・長岡第四中吹奏楽部

      20170322000055

       長岡第四中(京都府長岡京市下海印寺)の吹奏楽部は26日、第20回記念定期演奏会を、同中..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発廃炉へ安全協定改定 滋賀県などと関電・原電

      20170322000148

       滋賀県と高島、長浜両市は、関西電力と日本原子力発電との間でそれぞれ結んでいる原子力安全..... [ 記事へ ]