出版案内
福祉事業団

水源保全に不十分? 開発目立ち、滋賀県条例に懸念の声

 琵琶湖や河川の水源を守るために制定した滋賀県の「水源森林地域保全条例」で、2016年1月に森林の土地売買に事前届け出を義務化して1年余りがたった。これまでに86件の届け出があり、懸念された外国資本による土地取得はなかった。ただ、利用目的は工業用地や住宅用地などの開発が目立ち、県議会では「この条例で本当に水源を守れるのか」と懸念する声が出ている。

 条例は、北海道などで外国資本による森林の買収が相次いだことを受けて制定した。県内の民有林計18万4千ヘクタールで所有権の移転や賃借権の設定などをする場合、30日前までに届け出ることを定めている。対象地域は県の森林の9割に当たる。

 県によると、届け出制度開始から今年2月末までに86件(計約65万平方メートル)の届け出があった。所在地は日野町の30件が最多で、甲賀市14件、大津市13件、米原市9件と続いた。取得者は法人が6割、県外が8割だった。

 土地の利用目的では、特に建築物を設けない山林としての所有が37件、工業用地が27件、住宅建築用地が9件で、ほかにも放牧場、資材置き場、太陽光発電用地、駐車場と開発行為が目立った。

 この結果に県議からは「外国資本が来なくてよかったでは済まない。水源がどんどん太陽光パネルや工業地に変わる」「水源を守るためにさらに規制がいるのではないか」と不安視する意見が続出している。

 県森林政策課は、これまで事後報告だけが定められていた土地の売買を事前に把握できることで、適切な指導や助言が行えると強調。「利用目的で売買を止めるのは法的に難しいが、不適切な利用は個別の法で対応していく」としている。

【 2017年03月17日 09時11分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      料理は残さず持ち帰りを 大津市、「ドギーバッグ」推奨へ

      20170626000036

       大津市が、飲食店で食べ切れない料理を自宅に持ち帰る容器「ドギーバッグ」の推奨を始める。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス錦織は9位で変わらず
      世界ランキング

      20170626000053

       男子テニスの26日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)は9位で変わらなかった..... [ 記事へ ]

      経済

      無人の自動運転車、初実験
      沖縄、遠隔でカート走行

      20170626000051

       ドライバーが乗らずに自動運転車を遠隔操作だけで走らせる実証実験が26日、沖縄県北谷町で..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アジサイ5千株、雨に鮮やか 京都・楊谷寺

      20170626000030

       「長岡京あじさいまつり」が25日、京都府長岡京市浄土谷の柳谷観音楊谷寺であった。時折、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      僕たち丹鉄駅長「出発進行」 京都、宮津駅で小中生が職業体験

      20170626000029

       京都府京丹後市の小中学生2人が25日、宮津市の京都丹後鉄道(丹鉄)宮津駅の駅長を体験し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      石見銀山の江戸期鉱石、大量発見 京都で研究進む

      20170626000016

       世界文化遺産の石見銀山(島根県大田市)で江戸時代に採掘された鉱石の標本資料がまとまって..... [ 記事へ ]