出版案内
福祉事業団

水源保全に不十分? 開発目立ち、滋賀県条例に懸念の声

 琵琶湖や河川の水源を守るために制定した滋賀県の「水源森林地域保全条例」で、2016年1月に森林の土地売買に事前届け出を義務化して1年余りがたった。これまでに86件の届け出があり、懸念された外国資本による土地取得はなかった。ただ、利用目的は工業用地や住宅用地などの開発が目立ち、県議会では「この条例で本当に水源を守れるのか」と懸念する声が出ている。

 条例は、北海道などで外国資本による森林の買収が相次いだことを受けて制定した。県内の民有林計18万4千ヘクタールで所有権の移転や賃借権の設定などをする場合、30日前までに届け出ることを定めている。対象地域は県の森林の9割に当たる。

 県によると、届け出制度開始から今年2月末までに86件(計約65万平方メートル)の届け出があった。所在地は日野町の30件が最多で、甲賀市14件、大津市13件、米原市9件と続いた。取得者は法人が6割、県外が8割だった。

 土地の利用目的では、特に建築物を設けない山林としての所有が37件、工業用地が27件、住宅建築用地が9件で、ほかにも放牧場、資材置き場、太陽光発電用地、駐車場と開発行為が目立った。

 この結果に県議からは「外国資本が来なくてよかったでは済まない。水源がどんどん太陽光パネルや工業地に変わる」「水源を守るためにさらに規制がいるのではないか」と不安視する意見が続出している。

 県森林政策課は、これまで事後報告だけが定められていた土地の売買を事前に把握できることで、適切な指導や助言が行えると強調。「利用目的で売買を止めるのは法的に難しいが、不適切な利用は個別の法で対応していく」としている。

【 2017年03月17日 09時11分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      学校史の集合写真切り取り、岐阜
      県図書館120ページ被害

      20170501000087

       岐阜県は1日、県図書館(岐阜市)で所蔵している県内の小学校や中学校の学校史や記念誌など..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中村氏が野球部指導に意気込み
      浜松開誠館高コーチ就任

      20170501000082

       プロ野球の近鉄、中日などで活躍し、米大リーグでもプレーした中村紀洋氏(43)が4月から..... [ 記事へ ]

      経済

      東証、午前終値1万9274円
      企業業績への期待で反発

      20170501000066

       週明け1日午前の東京株式市場は、堅調な企業業績に対する期待や、円安ドル高の進行が好感さ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国宝、間近にずらり 京都・神護寺で虫払い始まる

      20170501000079

       京都市右京区高雄の神護寺で1日、宝物の虫払いが始まった。鎌倉時代の似絵の傑作「伝源頼朝..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高浜4号機、燃料装填完了
      今月中旬の再稼働目指す

      20170501000064

       関西電力は1日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の原子炉への核燃料装填が同日午前に完了し..... [ 記事へ ]