出版案内
福祉事業団

ひこにゃんら開幕宣言 滋賀・彦根城410年祭

ひこにゃんら彦根市ゆかりのゆるキャラと、ひこねお城大使の開幕宣言で始まった国宝彦根城築城410年祭(彦根市金亀町、彦根城博物館能舞台)
ひこにゃんら彦根市ゆかりのゆるキャラと、ひこねお城大使の開幕宣言で始まった国宝彦根城築城410年祭(彦根市金亀町、彦根城博物館能舞台)

 国宝彦根城築城410年祭が18日、開幕した。滋賀県彦根市金亀町の彦根城博物館能舞台で式典があり、12月10日までの268日間、城や城下町を舞台とした祭典がスタートした。

 式典は、井伊の赤備えで知られる朱色の甲冑(かっちゅう)を着用した彦根鉄砲隊の祝砲で幕開け。市の人気キャラクター「ひこにゃん」らゆるキャラと、ひこねお城大使が「城や城下町の歴史、文化、伝統など彦根の魅力を発信します」と開幕宣言した。

 本丸では、天秤櫓(てんびんやぐら)に井伊家伝来の彦根屏風(びょうぶ)や彦根更紗などの映像をタッチパネルで拡大して見たり、説明文を表示させたりできるデジタル機器を設営。西の丸三重櫓では、築城過程を高精細なデジタル画像で描いた作品を上映し、来場者に城の歴史と文化財を分かりやすく伝えている。また二の丸には、近江牛や湖魚のつくだ煮などを販売する物産館なども特設された。

 市などは、彦根城の天守が完成した1607(慶長12)年を築城の起点に、400年祭などを開いてきた。

【 2017年03月18日 14時30分 】

ニュース写真

  • ひこにゃんら彦根市ゆかりのゆるキャラと、ひこねお城大使の開幕宣言で始まった国宝彦根城築城410年祭(彦根市金亀町、彦根城博物館能舞台)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      沖縄・辺野古埋め立て着工1カ月
      延びる護岸、濁る海

      20170524000120

       政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てに着工し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      山中慎介、8月にV13戦
      防衛記録懸け同級1位選手と

      20170524000149

       世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が次戦で同級1位のルイス..... [ 記事へ ]

      経済

      ドコモ、海外でもdポイント付与
      6月からグアムで

      20170524000135

       NTTドコモは24日、携帯電話料金やコンビニの支払いで付与する「dポイント」の海外展開..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      喫茶の文化、現代流に復興を 小川流煎茶新家元

      20170524000098

       小川流煎茶(京都市北区)の七代家元を小川後楽さん(45)が21日に襲名した。次期家元と..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国宝・不動明王像、鮮やかに復元模写 京都・醍醐寺

      20170523000124

       醍醐寺所蔵の国宝の密教絵画「絹本著色(けんぽんちょしょく)五大尊像」の一つ「不動明王像..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ニホンライチョウが産卵
      上野動物園

      20170524000095

       国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は24..... [ 記事へ ]