出版案内
福祉事業団

アユの稚魚、琵琶湖沿岸部で激減 漁業者ら懸念

ヒウオの魚群が沖合に偏っているとする調査結果を聞くアユ資源緊急対策会議の出席者(大津市におの浜・県水産会館)
ヒウオの魚群が沖合に偏っているとする調査結果を聞くアユ資源緊急対策会議の出席者(大津市におの浜・県水産会館)

 琵琶湖のアユ稚魚「ヒウオ」の漁獲量が激減している問題で、滋賀県は30日、3月の沿岸部の魚群調査が増加の予想に反して平年の3%に魚群が激減していたことを対策会議で明らかにした。一方で、沖合も含めた調査では昨年以上の魚群が見つかり、「沖合いにはいる」と推測したが、漁業関係者からは不安の声が続出した。

 県は、沿岸部を1周する魚群調査を毎月実施。1月、2月はそれぞれ平年の10%(37群)、17%(60群)と少なかったが、魚群数は増加傾向にあった。3月中旬の調査では13群と平年の372群を大幅に下回った。

 ただ、沖合も含めた全域調査では昨年の1・2倍にあたる252群が見つかり、「成長が遅く、沖合に偏って分布している」と分析。沿岸のえりで漁獲が増えるのは4月以降になると推測した。

 一方県漁連は、3月の漁獲が昨年の約4トンに対し約200キロと大きく落ち込み、1月~3月30日の漁獲も昨年同期比で12分の1になったと報告。漁協の組合長らは「沖合にいるというが、とれる状態ではない」「完全に生態系が狂ってしまったのではないか」と懸念を示した。

 県は今月下旬にも、来シーズンに向け、今秋の放流量の増強が必要かを判断する方針を説明した。

【 2017年03月30日 22時20分 】

ニュース写真

  • ヒウオの魚群が沖合に偏っているとする調査結果を聞くアユ資源緊急対策会議の出席者(大津市におの浜・県水産会館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      元残留日本兵の子ら来日
      ベトナムから父の祖国に

      20171018000111

       第2次大戦後もベトナムにとどまり、その後帰国を余儀なくされた元残留日本兵の子どもらが1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪あと千日の記念商品
      組織委、28日に合わせて発売

      20171018000105

       2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、東京・原宿の公式ライセンス商品シ..... [ 記事へ ]

      経済

      使い捨てコンタクト不具合
      アキュビュー3万673箱回収

      20171018000098

       米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は18日、使い捨てコンタクトレンズ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      父・幽雪を追善、「桧垣」初演へ 片山九郎右衛門

      20171018000086

       質実にして気品漂う至芸で、京の能楽界を率いた観世流シテ方の片山幽雪(1930~2015..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      選挙の意義学ぶ授業、模擬投票も 京都の学校で取り組み

      20171018000051

       衆院選投開票日を前にした17日、京都市内の高校や大学で選挙の意義を学ぶ授業や模擬投票が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ドングリ少なくクマ出没多発か 滋賀県が注意予測

      20171017000172

       滋賀県は17日、今秋の湖北、湖西地域におけるツキノワグマの出没について「比較的多くなる..... [ 記事へ ]