出版案内
福祉事業団

国立環境研、大津に分室開室 琵琶湖で生態系保全を研究

国立環境研究所琵琶湖分室の設置に合わせ、新たに導入した湖底付近の溶存酸素濃度測定装置も披露された(3日午後4時、大津市柳が崎・滋賀県琵琶湖環境科学研究センター)
国立環境研究所琵琶湖分室の設置に合わせ、新たに導入した湖底付近の溶存酸素濃度測定装置も披露された(3日午後4時、大津市柳が崎・滋賀県琵琶湖環境科学研究センター)

 国立環境研究所(国環研、茨城県つくば市)の琵琶湖分室が大津市柳が崎の滋賀県琵琶湖環境科学研究センター内に設置され、3日、現地で開所式があった。政府機関の地方移転の一環。日本最大の琵琶湖をフィールドに、同研究所と県の職員が共同で湖沼の水質改善や水辺の生態系保全に向けた研究を進める。

 琵琶湖分室には国環研の研究者10人程度が常駐。県の研究員と連携し、湖沼の水質や湖底環境の分析、琵琶湖在来種など淡水生物の回復に向けた調査研究を進める。県センター2階に分室の執務室、4階に分室専用の実験室を設け、県センター内の実験器具や解析機器も活用しながら研究を進める。

 琵琶湖分室は、湖沼環境研究の推進を目指す県が、政府機関の地方移転方針に合わせて誘致していた。開所式で県センターの内藤正明センター長は「長年の悲願が実った。日本一の琵琶湖でともに良い研究を進めたい」と話した。国環研地域環境研究センター長(つくば市)から赴任した今井章雄琵琶湖分室長も「滋賀の研究機関や大学などとも積極的に連携協力を進め、世界と競争し、勝てる研究成果を発信したい」と抱負を述べた。

【 2017年04月03日 23時00分 】

ニュース写真

  • 国立環境研究所琵琶湖分室の設置に合わせ、新たに導入した湖底付近の溶存酸素濃度測定装置も披露された(3日午後4時、大津市柳が崎・滋賀県琵琶湖環境科学研究センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      山陽新幹線で信号トラブル
      岡山―博多一時見合わせ

      20170925000173

       25日午後9時20分ごろ、JR新下関駅(山口県下関市)で山陽新幹線の信号が正しく表示さ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      野村敏京、一つ下げ25位
      女子ゴルフ世界ランキング

      20170926000006

       女子ゴルフの25日付世界ランキングが発表され、野村敏京は前週から一つ下げて25位だった..... [ 記事へ ]

      経済

      財政健全化の目標先送り
      人づくり2兆円、ばらまき批判も

      20170925000094

       衆院解散・総選挙を決断した安倍晋三首相は25日、「人づくり革命」に2兆円を投じる方針を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      髪型の時代行列、祇園練り歩く 京都で櫛まつり

      20170925000096

       使い古した櫛(くし)に感謝し、供養する「櫛まつり」が25日、京都市東山区の安井金比羅宮..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大飯原発の再稼働に同意
      福井・おおい町長が表明

      20170925000064

       関西電力大飯原発が立地する福井県おおい町の中塚寛町長は、25日午後に開かれた町議会の全..... [ 記事へ ]