出版案内
福祉事業団

熊本復興願い、苦悩ともに 大津の歌手、支援ライブ

今月11日に熊本県西原村の福祉施設で歌を披露した関島さん(関島さんのフェイスブックより)
今月11日に熊本県西原村の福祉施設で歌を披露した関島さん(関島さんのフェイスブックより)

 最大震度7の揺れが2度襲った熊本地震から1年。大津市在住で熊本県出身のシンガー・ソングライター関島秀樹さん(62)が、古里の被災者を歌で勇気づけている。「住宅再建などの問題はあるが、熊本人らしくみんな前向き。町ににぎやかさを取り戻せるまでもう一息」と話す。

 関島さんは、実家のある熊本県北部の荒尾市で地震に遭った。周辺に被害はなかったが、熊本市内で被害が出ていると聞き、物資を避難所に届けた。民家が倒れ、石垣が崩れた熊本城を目の当たりにし、現実とは思えなかった。「東日本大震災の支援経験から防災の大切さを語ってきたのに、混乱の状況を見ると、思いが伝わらなかったのかと自分を責めたりした」

 地震直後から、全国各地でチャリティーライブを開催。昨夏からは県内約20カ所の避難所などを訪れた。「小学校の体育館では、まだ音楽を楽しむ余裕がない人もいる」と配慮を心掛けながら、童謡やフォークソングなど、みんなが歌える曲を披露し続けた。

 今月11日、震源地に近い西原村の仮設住宅を訪問した。町内では倒壊家屋の跡の多くが更地となった。「活断層がいつ動くかわからないのに更地の上に家を再建していいのか、みんな悩んでいる」。住民の話に耳を傾けると、仮設暮らしが5~6年になることを覚悟していることが分かる。だが、今月には仮設の一角に食料品店ができるなど着実に復興が前に進んでいる。

 現在、日常の生活に困ることはないという。ただ農村部では畑に亀裂が入り、山が崩れて放牧できないといった将来の不安が残る。熊本市内ではマンションの建て替えが問題となっている。ボランティアも減り、「熊本地震が忘れられるのではないか」と口にする人も多い。

 「建物が直ったからと言って元気になるわけではない。人のつながりが気持ちを後押ししてくれることが震災を通じて分かった。次のステップに進むためにも、多くの人に阿蘇の風景を味わいに来てほしい」と願う。

 関島さんは今後も大津と熊本を行き来して、音楽で復興支援に取り組む予定。フェイスブックで被災地の現状を写真などで発信していくという。

【 2017年04月15日 15時10分 】

ニュース写真

  • 今月11日に熊本県西原村の福祉施設で歌を披露した関島さん(関島さんのフェイスブックより)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      市役所ロビー演奏会300回 京都・宇治

      20170728000044

       京都府宇治市役所(宇治市宇治)の1階で毎月開かれている「市民交流ロビーコンサート」が2..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      埼玉の1FC川越水上公園V 滋賀・くノ一サッカー大会

      20170728000053

       全国の中学生(U-15)女子の20チームが出場した「第1回忍びの里くノ一サッカー大会」..... [ 記事へ ]

      経済

      消費支出16カ月ぶりプラス
      6月、2・3%増

      20170728000027

       総務省が28日発表した6月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は2..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ダムに水没「そこに暮らしがあった」 京都で写真展

      20170728000040

       ダム建設に沈む全国の山里で取材を続ける写真家の大西暢夫さん(49)の写真展「そこに暮ら..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「平安貴族って大変だ」 児童が狩衣・袿姿を体験

      20170728000038

       平安時代の生活を体験する教室が27日、京都市中京区の京都アスニーであり、小学生が貴族の..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      シジュウカラの鳴き声に文法? 京大、言語研究に一石

      20170728000018

       人間だけでなく鳥類のシジュウカラも独自の「文法」を持ったコミュニケーションをしている可..... [ 記事へ ]