出版案内
福祉事業団

熊本復興願い、苦悩ともに 大津の歌手、支援ライブ

今月11日に熊本県西原村の福祉施設で歌を披露した関島さん(関島さんのフェイスブックより)
今月11日に熊本県西原村の福祉施設で歌を披露した関島さん(関島さんのフェイスブックより)

 最大震度7の揺れが2度襲った熊本地震から1年。大津市在住で熊本県出身のシンガー・ソングライター関島秀樹さん(62)が、古里の被災者を歌で勇気づけている。「住宅再建などの問題はあるが、熊本人らしくみんな前向き。町ににぎやかさを取り戻せるまでもう一息」と話す。

 関島さんは、実家のある熊本県北部の荒尾市で地震に遭った。周辺に被害はなかったが、熊本市内で被害が出ていると聞き、物資を避難所に届けた。民家が倒れ、石垣が崩れた熊本城を目の当たりにし、現実とは思えなかった。「東日本大震災の支援経験から防災の大切さを語ってきたのに、混乱の状況を見ると、思いが伝わらなかったのかと自分を責めたりした」

 地震直後から、全国各地でチャリティーライブを開催。昨夏からは県内約20カ所の避難所などを訪れた。「小学校の体育館では、まだ音楽を楽しむ余裕がない人もいる」と配慮を心掛けながら、童謡やフォークソングなど、みんなが歌える曲を披露し続けた。

 今月11日、震源地に近い西原村の仮設住宅を訪問した。町内では倒壊家屋の跡の多くが更地となった。「活断層がいつ動くかわからないのに更地の上に家を再建していいのか、みんな悩んでいる」。住民の話に耳を傾けると、仮設暮らしが5~6年になることを覚悟していることが分かる。だが、今月には仮設の一角に食料品店ができるなど着実に復興が前に進んでいる。

 現在、日常の生活に困ることはないという。ただ農村部では畑に亀裂が入り、山が崩れて放牧できないといった将来の不安が残る。熊本市内ではマンションの建て替えが問題となっている。ボランティアも減り、「熊本地震が忘れられるのではないか」と口にする人も多い。

 「建物が直ったからと言って元気になるわけではない。人のつながりが気持ちを後押ししてくれることが震災を通じて分かった。次のステップに進むためにも、多くの人に阿蘇の風景を味わいに来てほしい」と願う。

 関島さんは今後も大津と熊本を行き来して、音楽で復興支援に取り組む予定。フェイスブックで被災地の現状を写真などで発信していくという。

【 2017年04月15日 15時10分 】

ニュース写真

  • 今月11日に熊本県西原村の福祉施設で歌を披露した関島さん(関島さんのフェイスブックより)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      受動喫煙対策、日本はまだまだ 京都で防止訴え

      20170527000141

       世界保健機関が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、受動喫煙防止の重要性を訴える催し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ダルビッシュは3敗目
      ブルージェイズ戦、6回3失点

      20170528000013

       ▽ブルージェイズ―レンジャーズ(27日・トロント) レンジャーズのダルビッシュは先発で6..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、東証1部復帰申請へ
      6月末に、戴社長

      20170527000127

       【台北共同】シャープの戴正呉社長は27日、現在の東京証券取引所2部から1部への復帰へ向..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      飛鳥時代から奈良時代の集落跡見つかる 滋賀・甲良

      20170527000047

       滋賀県甲良町在士の法養寺遺跡と横関遺跡で、飛鳥時代から奈良時代の集落跡が26日までに見..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学生が裁判員裁判体験 滋賀、弁護や検察役に分かれ

      20170527000128

       小中学生が裁判員裁判を体験する憲法週間の記念行事が27日、大津市の大津地裁で催された。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      独首相、米の温暖化議論「不満」
      G7サミット閉幕後の記者会

      20170527000150

       【タオルミナ共同】ドイツのメルケル首相は27日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G..... [ 記事へ ]