出版案内
福祉事業団

桜の名所・海津大崎の県道通行止め 滋賀、土砂崩れ

降雨による土砂崩れが発生し、通行止めになった県道西浅井マキノ線(高島市マキノ町海津)
降雨による土砂崩れが発生し、通行止めになった県道西浅井マキノ線(高島市マキノ町海津)

 滋賀県高島土木事務所は18日、降雨による土砂崩れのため、長浜市西浅井町大浦から高島市マキノ町海津までの県道西浅井マキノ線約3キロを通行止めにした。一帯は「日本さくら名所100選」に選ばれ、800本余の桜並木で有名な観光地。復旧の見通しは立っておらず、観光への影響は避けられそうにない。

 同事務所によると、同日午前4時15分ごろ、高島署から情報が入り、同5時に職員が確認したところ、現場は同市マキノ町の「海津大崎」の突端に当たる地点。崖斜面から全長約20メートルにわたり50トン余の土砂が崩れ、その重みで曲がった防護柵が道路をふさいでいたという。

 17日から18日にかけての降雨が原因とみている。周辺の桜並木や人的な被害はなかったが、今後、詳しい現場調査を行った上で、土砂撤去や応急処置などの対応を検討し、安全が確認できるまで、車や自転車、人の全面通行止めを実施する。

 海津大崎の桜は昭和初期から地元住民が植樹し守り育ててきた。今では桜並木が約4キロに及び、ピンクの桜と青い琵琶湖のコントラストが人気を呼ぶ。今年は13日に満開を迎え、16日は早朝から多くの観光客でにぎわったばかりだった。18日はサクラが散り始め、観光客は少なかった。

 しかし今後、琵琶湖を自転車で一周するビワイチのシーズンが本格化するといい、地元のボランティア団体「美しいマキノ・桜守の会」会長の江端英嗣さん(63)は「人災が無かったのは何よりだが、事故現場は竹生島が見えるビワイチの絶景ポイントとしても知られている。観光への影響は避けられそうにない。早い復旧を願うばかりです」と話した。

【 2017年04月19日 06時30分 】

ニュース写真

  • 降雨による土砂崩れが発生し、通行止めになった県道西浅井マキノ線(高島市マキノ町海津)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      年末の祇園を巡回、警察官ら防犯活動

      20171218000184

       年末の犯罪や事故防止を訴える京都府警の年末警戒活動が18日、府内全域で行われた。警察官..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中日、松坂大輔投手の獲得検討
      プロ野球、ソフトバンク退団

      20171218000210

       プロ野球の中日が、ソフトバンクから戦力外通告を受けて退団した松坂大輔投手(37)の獲得..... [ 記事へ ]

      経済

      経団連、副業推奨せず
      本業に影響、管理難しく

      20171218000200

       経団連の榊原定征会長は18日の記者会見で、政府が働き方改革の一環として副業や兼業の普及..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]