出版案内
福祉事業団

桜の名所・海津大崎の県道通行止め 滋賀、土砂崩れ

降雨による土砂崩れが発生し、通行止めになった県道西浅井マキノ線(高島市マキノ町海津)
降雨による土砂崩れが発生し、通行止めになった県道西浅井マキノ線(高島市マキノ町海津)

 滋賀県高島土木事務所は18日、降雨による土砂崩れのため、長浜市西浅井町大浦から高島市マキノ町海津までの県道西浅井マキノ線約3キロを通行止めにした。一帯は「日本さくら名所100選」に選ばれ、800本余の桜並木で有名な観光地。復旧の見通しは立っておらず、観光への影響は避けられそうにない。

 同事務所によると、同日午前4時15分ごろ、高島署から情報が入り、同5時に職員が確認したところ、現場は同市マキノ町の「海津大崎」の突端に当たる地点。崖斜面から全長約20メートルにわたり50トン余の土砂が崩れ、その重みで曲がった防護柵が道路をふさいでいたという。

 17日から18日にかけての降雨が原因とみている。周辺の桜並木や人的な被害はなかったが、今後、詳しい現場調査を行った上で、土砂撤去や応急処置などの対応を検討し、安全が確認できるまで、車や自転車、人の全面通行止めを実施する。

 海津大崎の桜は昭和初期から地元住民が植樹し守り育ててきた。今では桜並木が約4キロに及び、ピンクの桜と青い琵琶湖のコントラストが人気を呼ぶ。今年は13日に満開を迎え、16日は早朝から多くの観光客でにぎわったばかりだった。18日はサクラが散り始め、観光客は少なかった。

 しかし今後、琵琶湖を自転車で一周するビワイチのシーズンが本格化するといい、地元のボランティア団体「美しいマキノ・桜守の会」会長の江端英嗣さん(63)は「人災が無かったのは何よりだが、事故現場は竹生島が見えるビワイチの絶景ポイントとしても知られている。観光への影響は避けられそうにない。早い復旧を願うばかりです」と話した。

【 2017年04月19日 06時30分 】

ニュース写真

  • 降雨による土砂崩れが発生し、通行止めになった県道西浅井マキノ線(高島市マキノ町海津)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      米の日系人強制収容しのぶ碑建立
      ロサンゼルス、開始75年

      20170428000045

       【ロサンゼルス共同】第2次大戦時、大統領令を根拠に日系人の強制収容が開始されてから75..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NFL、全体1位はギャレット
      ドラフト会議

      20170428000057

       【ニューヨーク共同】米プロフットボール、NFLのドラフト会議が27日、フィラデルフィア..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の決算 第一工業製薬

      20170428000030

      ■電子材料伸び最高益 第一工業製薬は太陽電池向け導電性ペーストの低迷で減収だったが、利益..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      陽明文庫デジタル画像紹介 京都学・歴彩館オープン記念イベント

      20170427000152

       京都市左京区の京都府立京都学・歴彩館(旧府立総合資料館)が28日に本格オープンするのを..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      おなら、毛虫もするのかな… 子の素朴な疑問絵本に

      20170428000058

       毛虫もおならをするのだろうか? そんな素朴な問いが子どもたちの笑いにつながればと、建築..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      竜巻のメカニズム体感して 京都・伏見で発生装置展示

      20170428000047

       京都市伏見区の市青少年科学センターで29日から、上昇気流を起こす装置を操作し、竜巻を発..... [ 記事へ ]