出版案内
福祉事業団

おかしな信号で衝突、賠償へ 滋賀県、当事者2人に

島の関西交差点の地図
島の関西交差点の地図

 大津市内の交差点で昨年8月、信号の変わる周期が急に速まって交差点内で乗用車同士が衝突し、1人が首に軽傷を負う事故が起きていたことが19日、分かった。滋賀県は信号の不具合が事故の原因と認め、事故の当事者2人に損害賠償金計150万円を支払うための議案を26日開会の県議会4月招集会議に提案する。

 事故があったのは、JR大津駅から琵琶湖方向に向かう市道「中央大通り」と湖岸沿いの県道が交わる島の関西交差点(大津市島の関、同市浜町)。県道に並行して京阪石山坂本線が走っており、信号は市道側にある踏切と連動している。

 県警によると、昨年8月25日午前7時45分ごろ、この交差点に市道から進入した乗用車が、県道を直進する乗用車と衝突した。この事故で、県道側の乗用車の女性が首などに軽傷を負った。

 捜査の結果、目撃情報から、市道側の信号が青から黄、赤へと変わる周期が通常ではあり得ない速さになっていたことが分かった。青で進入した乗用車が交差点を抜ける前に赤に変わったため、県道側から来た車と衝突したとみられるという。

 県警によると、制御機は1995年導入で、更新の目安とされる導入後19年を経過しており、老朽化が原因とみている。県警は事故後の8月30日に信号の制御機の基盤を交換。さらに今年3月には新品と交換した。

 しかしこの交差点では、制御機の交換後も信号が点滅に変わる不具合が相次いでいる。県警は原因を調査中だが、昨年8月の事故とは原因が異なるといい、通行に注意を呼び掛けている。

【 2017年04月19日 23時30分 】

ニュース写真

  • 島の関西交差点の地図
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      合掌造り包む柔らかな光、岐阜
      白川郷ライトアップ

      20180121000106

       岐阜県白川村の白川郷で21日、世界文化遺産に登録されている合掌造り集落がライトアップさ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      男子回転、大越は平昌出場逃す
      アルペンスキーW杯第8戦

      20180122000007

       【キッツビューエル(オーストリア)共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は21日..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見の搾りたて新酒飲み比べ 京都で酒蔵開き

      20180121000098

       京都市伏見区の伏見銘酒協同組合は21日、今シーズンの新酒を提供する「酒蔵開き」を組合の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      暖かい朝、手合わせ無病息災願う 京都・東寺で初弘法

      20180121000097

       京都市南区の東寺(教王護国寺)で21日、今年最初の縁日「初弘法」が開かれた。市内は3月..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      遺骨87体未返還、尊厳無視 <医の倫理根源 京大の収集>

      20180121000089

       京都大は、大正時代から京都帝国大医学部の清野謙次教授らが収集したアイヌ民族の遺骨のほか..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]