出版案内
福祉事業団

琵琶湖の「UFO」撤去へ 水質測定施設、老朽化で

滋賀県が撤去に着手する水質自動測定施設「南湖湖心局」(草津市から撮影)
滋賀県が撤去に着手する水質自動測定施設「南湖湖心局」(草津市から撮影)

 滋賀県は、水質を監視するため琵琶湖上に設置している自動測定施設の撤去に着手する。設置から25年以上たって老朽化に伴う事故が懸念されているためで、県は2018年度にも撤去を終える方針だ。UFOを思わせる形状で目を引いていた琵琶湖の隠れた名物が、姿を消すことになる。

 撤去するのは南湖湖心局(大津市唐崎沖1・5キロ)と北湖湖心局(大津市南比良沖4キロ、高島市今津沖3・5キロ)の3基。いずれも琵琶湖総合開発事業の一環で、1990年~91年に設置された。

 南湖は16メートル四方の高床式、北湖の2基は高さ約20メートル、直径最大6メートルのブイ状。いずれもpH値や溶存酸素量といった水質や、水温、流速などのデータを地上に送信してきた。

 しかし、測定機器が老朽化し、必要なデータ量も確保できたことから、2006年度までに3局とも稼働を停止していた。その後も施設維持に毎年平均で350万円がかかり、船の衝突事故も懸念されていたことから、「一定の役割を終えた」(琵琶湖政策課)として撤去を決めた。

 北湖の2基は、それぞれ水深60メートルと90メートルの湖底から鎖でつながれており、湖底に柱を立てた南湖(水深5メートル)と比べ、撤去作業は難しくなると予想されている。県は17年度当初予算に3500万円を計上し、撤去方法の検討を始める。

 南湖の測定施設は内部に約150平方メートルの、北湖は上下4層の機器を置く空間がそれぞれあるものの、窓やトイレはなく再利用は難しいという。

【 2017年04月20日 17時00分 】

ニュース写真

  • 滋賀県が撤去に着手する水質自動測定施設「南湖湖心局」(草津市から撮影)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      新公文書館の建設計画案判明
      政府、480億円に費用圧縮

      20171119000004

       政府による新たな国立公文書館の建設計画原案が18日、判明した。当初最大850億円とした..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米女子ゴルフ上原は54位に後退
      CMEツアー選手権フ第3日

      20171119000018

       【ネープルズ(米フロリダ州)共同】米女子ゴルフの今季最終戦、CMEツアー選手権は18日..... [ 記事へ ]

      経済

      AIスピーカー発売延期
      アップル、年末に間に合わず

      20171118000041

       【ニューヨーク共同】米IT大手アップルは17日、今年12月に米国や英国、オーストラリア..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ダムに映える深紅のモミジ 京都・美山で祭り

      20171119000021

       京都府南丹市美山町の大野ダム周辺で18日、「第29回もみじ祭り」(同実行委員会主催)が..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]