出版案内
福祉事業団

琵琶湖の外来魚釣り名人認定通年化 滋賀県、回収量増加で

ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)
ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)

 滋賀県は、琵琶湖で外来魚を釣り上げた実績に応じて段位を認定する「外来魚釣り上げ名人事業」を本年度から通年実施する。初めて行った昨年度は8カ月間で5人の名人が誕生し、外来魚の回収量が全体で3割増える効果があった。3年連続で名人になれば「殿堂入り」とする新制度も設け、広く参加を呼び掛けている。

 名人事業は、釣り上げたブラックバスとブルーギルの重さを毎月県に自己申告してもらう。総重量に応じて初段から名人まで10階級に分けて認定証を授与する。

 16年度は昨年5月から12月末までに、個人と団体の2部に87人が参加。計3・7トンを釣り上げたという。計300キロ以上は名人に認定し、最高は1人で計570キロを記録したという。

 釣り場にある専用の回収ボックスの外来魚が、一般の釣り人も含めて15年度の14・4トンから18・6トンに増える成果もあり、県は継続実施を決めた。

 本年度は通年化に合わせ、名人の基準を460キロ以上に引き上げ、個人と団体の区別をなくした。初段の基準を30キロ以上から10キロ以上に下げ、小学生など初心者も参加しやすいようにした。殿堂入りした釣り人には知事が感謝状を贈る予定だ。

 県琵琶湖政策課は「より多くの釣り人を応援できるように制度を見直した。小学生にもたくさん参加してもらい、名人を目指してほしい」としている。

 参加は無料で、登録が必要。バネ式計量器の貸し出しも行う。同課TEL077(528)3485。

【 2017年04月21日 11時00分 】

ニュース写真

  • ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      山陽新幹線で信号トラブル
      岡山―博多一時見合わせ

      20170925000173

       25日午後9時20分ごろ、JR新下関駅(山口県下関市)で山陽新幹線の信号が正しく表示さ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      野村敏京、一つ下げ25位
      女子ゴルフ世界ランキング

      20170926000006

       女子ゴルフの25日付世界ランキングが発表され、野村敏京は前週から一つ下げて25位だった..... [ 記事へ ]

      経済

      財政健全化の目標先送り
      人づくり2兆円、ばらまき批判も

      20170925000094

       衆院解散・総選挙を決断した安倍晋三首相は25日、「人づくり革命」に2兆円を投じる方針を..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      髪型の時代行列、祇園練り歩く 京都で櫛まつり

      20170925000096

       使い古した櫛(くし)に感謝し、供養する「櫛まつり」が25日、京都市東山区の安井金比羅宮..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大飯原発の再稼働に同意
      福井・おおい町長が表明

      20170925000064

       関西電力大飯原発が立地する福井県おおい町の中塚寛町長は、25日午後に開かれた町議会の全..... [ 記事へ ]