出版案内
福祉事業団

琵琶湖の外来魚釣り名人認定通年化 滋賀県、回収量増加で

ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)
ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)

 滋賀県は、琵琶湖で外来魚を釣り上げた実績に応じて段位を認定する「外来魚釣り上げ名人事業」を本年度から通年実施する。初めて行った昨年度は8カ月間で5人の名人が誕生し、外来魚の回収量が全体で3割増える効果があった。3年連続で名人になれば「殿堂入り」とする新制度も設け、広く参加を呼び掛けている。

 名人事業は、釣り上げたブラックバスとブルーギルの重さを毎月県に自己申告してもらう。総重量に応じて初段から名人まで10階級に分けて認定証を授与する。

 16年度は昨年5月から12月末までに、個人と団体の2部に87人が参加。計3・7トンを釣り上げたという。計300キロ以上は名人に認定し、最高は1人で計570キロを記録したという。

 釣り場にある専用の回収ボックスの外来魚が、一般の釣り人も含めて15年度の14・4トンから18・6トンに増える成果もあり、県は継続実施を決めた。

 本年度は通年化に合わせ、名人の基準を460キロ以上に引き上げ、個人と団体の区別をなくした。初段の基準を30キロ以上から10キロ以上に下げ、小学生など初心者も参加しやすいようにした。殿堂入りした釣り人には知事が感謝状を贈る予定だ。

 県琵琶湖政策課は「より多くの釣り人を応援できるように制度を見直した。小学生にもたくさん参加してもらい、名人を目指してほしい」としている。

 参加は無料で、登録が必要。バネ式計量器の貸し出しも行う。同課TEL077(528)3485。

【 2017年04月21日 11時00分 】

ニュース写真

  • ブラックバス釣りを楽しむ人たちと外来魚の回収ボックス。県は外来魚の釣り上げ名人事業を本格化させる(大津市におの浜4丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      新公文書館の建設計画案判明
      政府、480億円に費用圧縮

      20171119000004

       政府による新たな国立公文書館の建設計画原案が18日、判明した。当初最大850億円とした..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      マインツ武藤、フル出場も無得点
      ドイツ1部、ケルン大迫途中

      20171119000003

       【マインツ(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは18日、各地で行われ、武藤嘉紀の..... [ 記事へ ]

      経済

      AIスピーカー発売延期
      アップル、年末に間に合わず

      20171118000041

       【ニューヨーク共同】米IT大手アップルは17日、今年12月に米国や英国、オーストラリア..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      彦根城庭園の紅葉、美しさ倍増 滋賀、玄宮園ライトアップ

      20171118000103

       国宝・彦根城の城郭内にある名勝玄宮楽々園(滋賀県彦根市金亀町)のライトアップが18日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      米、温暖化監視衛星を投入
      異常気象の予測精度向上

      20171118000116

       【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は18日、地球温暖化を監視する観測衛星「JP..... [ 記事へ ]