出版案内
福祉事業団

家康「伊賀越え」案内、土豪の子孫対面 滋賀、400年超え

徳川家康に関する古文書などに目を通す(右から)平井さんと宮田さん、杉本さん=大阪府交野市星田2丁目
徳川家康に関する古文書などに目を通す(右から)平井さんと宮田さん、杉本さん=大阪府交野市星田2丁目

 1582(天正10)年の「本能寺の変」を受け、徳川家康が河内国四條畷から本拠地の岡崎城へ逃げ帰った「伊賀越え」を調べている郷土史家の杉本友幸さん(66)=滋賀県甲賀市信楽町小川=がこのほど、家康一行を道案内したと伝わる土豪の子孫2人を引き合わせた。古文書に目を通しながら、約400年前の先祖たちの営みに思いをはせた。

 杉本さんは県内外の各地を回り、ゆかりのある各家を訪ねるなどして独学で伊賀越えルートの解明を進めている。会ったのは、平井邦和さん(67)=大阪府交野市星田2丁目=と宮田栄司さん(72)=三重県伊賀市丸柱。8日、平井さんの自宅に杉本さんと宮田さんが訪問した。

 伊賀越えの際、平井家は家康らに食事を提供して道案内を行い、宮田家も一行を警護したという伝承が残る。また平井家の古文書には、1615(元和元)年の大坂夏の陣で家康が同家に宿泊したとの記録がある。3人は「織田信長と同盟関係だった家康にとって、信長に反感を持っていた伊賀を通ることは最大の命の危機だった」「徳川家と平井家はもともと交際があったのだろう」と歴史談議で盛り上がった。

 杉本さんは「伊賀越えの成功がなければ江戸幕府はなかった。貴重な郷土史をもっと知ってほしい」と話す。

【 2017年04月24日 11時50分 】

ニュース写真

  • 徳川家康に関する古文書などに目を通す(右から)平井さんと宮田さん、杉本さん=大阪府交野市星田2丁目
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      受動喫煙対策、日本はまだまだ 京都で防止訴え

      20170527000141

       世界保健機関が定める「世界禁煙デー」(31日)を前に、受動喫煙防止の重要性を訴える催し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、バブリンカが通算16勝目
      ジュネーブ・オープン

      20170528000008

       男子テニスのジュネーブ・オープンは27日、ジュネーブでシングルス決勝が行われ、第1シー..... [ 記事へ ]

      経済

      シャープ、東証1部復帰申請へ
      6月末に、戴社長

      20170527000127

       【台北共同】シャープの戴正呉社長は27日、現在の東京証券取引所2部から1部への復帰へ向..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      飛鳥時代から奈良時代の集落跡見つかる 滋賀・甲良

      20170527000047

       滋賀県甲良町在士の法養寺遺跡と横関遺跡で、飛鳥時代から奈良時代の集落跡が26日までに見..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学生が裁判員裁判体験 滋賀、弁護や検察役に分かれ

      20170527000128

       小中学生が裁判員裁判を体験する憲法週間の記念行事が27日、大津市の大津地裁で催された。..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      独首相、米の温暖化議論「不満」
      G7サミット閉幕後の記者会

      20170527000150

       【タオルミナ共同】ドイツのメルケル首相は27日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G..... [ 記事へ ]