出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

家康「伊賀越え」案内、土豪の子孫対面 滋賀、400年超え

徳川家康に関する古文書などに目を通す(右から)平井さんと宮田さん、杉本さん=大阪府交野市星田2丁目
徳川家康に関する古文書などに目を通す(右から)平井さんと宮田さん、杉本さん=大阪府交野市星田2丁目

 1582(天正10)年の「本能寺の変」を受け、徳川家康が河内国四條畷から本拠地の岡崎城へ逃げ帰った「伊賀越え」を調べている郷土史家の杉本友幸さん(66)=滋賀県甲賀市信楽町小川=がこのほど、家康一行を道案内したと伝わる土豪の子孫2人を引き合わせた。古文書に目を通しながら、約400年前の先祖たちの営みに思いをはせた。

 杉本さんは県内外の各地を回り、ゆかりのある各家を訪ねるなどして独学で伊賀越えルートの解明を進めている。会ったのは、平井邦和さん(67)=大阪府交野市星田2丁目=と宮田栄司さん(72)=三重県伊賀市丸柱。8日、平井さんの自宅に杉本さんと宮田さんが訪問した。

 伊賀越えの際、平井家は家康らに食事を提供して道案内を行い、宮田家も一行を警護したという伝承が残る。また平井家の古文書には、1615(元和元)年の大坂夏の陣で家康が同家に宿泊したとの記録がある。3人は「織田信長と同盟関係だった家康にとって、信長に反感を持っていた伊賀を通ることは最大の命の危機だった」「徳川家と平井家はもともと交際があったのだろう」と歴史談議で盛り上がった。

 杉本さんは「伊賀越えの成功がなければ江戸幕府はなかった。貴重な郷土史をもっと知ってほしい」と話す。

【 2017年04月24日 11時50分 】

ニュース写真

  • 徳川家康に関する古文書などに目を通す(右から)平井さんと宮田さん、杉本さん=大阪府交野市星田2丁目
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      最後の春姫パレード、名古屋
      嫁入り行列再現

      20180422000100

       初代尾張藩主徳川義直の正室、春姫の嫁入り行列を再現したパレード「春姫道中」が22日、名..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      柔道、17歳の素根が初出場優勝
      全日本女子、冨田2位

      20180422000097

       体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権は22日、世界選手権(9月・バクー)女子78キロ..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官、対日FTAに意欲
      訪中も検討

      20180422000005

       【ワシントン共同】ムニューシン米財務長官は21日、ワシントンで記者会見し、巨額の対日貿..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ヴォーリズ建築、じっくり見に来て 滋賀で特別公開

      20180422000088

       滋賀県近江八幡市の近江八幡観光物産協会は春の行楽シーズンに合わせて、同市内にある普段は..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      幻の実験機器、島津製に続々帰還 学校統廃合や校舎改築で

      20180422000042

       明治時代初期に教育用の理化学器械の製造を始めた島津製作所。明治・大正時代の機器や標本が..... [ 記事へ ]