出版案内
福祉事業団

家康「伊賀越え」案内、土豪の子孫対面 滋賀、400年超え

徳川家康に関する古文書などに目を通す(右から)平井さんと宮田さん、杉本さん=大阪府交野市星田2丁目
徳川家康に関する古文書などに目を通す(右から)平井さんと宮田さん、杉本さん=大阪府交野市星田2丁目

 1582(天正10)年の「本能寺の変」を受け、徳川家康が河内国四條畷から本拠地の岡崎城へ逃げ帰った「伊賀越え」を調べている郷土史家の杉本友幸さん(66)=滋賀県甲賀市信楽町小川=がこのほど、家康一行を道案内したと伝わる土豪の子孫2人を引き合わせた。古文書に目を通しながら、約400年前の先祖たちの営みに思いをはせた。

 杉本さんは県内外の各地を回り、ゆかりのある各家を訪ねるなどして独学で伊賀越えルートの解明を進めている。会ったのは、平井邦和さん(67)=大阪府交野市星田2丁目=と宮田栄司さん(72)=三重県伊賀市丸柱。8日、平井さんの自宅に杉本さんと宮田さんが訪問した。

 伊賀越えの際、平井家は家康らに食事を提供して道案内を行い、宮田家も一行を警護したという伝承が残る。また平井家の古文書には、1615(元和元)年の大坂夏の陣で家康が同家に宿泊したとの記録がある。3人は「織田信長と同盟関係だった家康にとって、信長に反感を持っていた伊賀を通ることは最大の命の危機だった」「徳川家と平井家はもともと交際があったのだろう」と歴史談議で盛り上がった。

 杉本さんは「伊賀越えの成功がなければ江戸幕府はなかった。貴重な郷土史をもっと知ってほしい」と話す。

【 2017年04月24日 11時50分 】

ニュース写真

  • 徳川家康に関する古文書などに目を通す(右から)平井さんと宮田さん、杉本さん=大阪府交野市星田2丁目
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      京都産の米情報PR 府がサイト開設

      20180122000088

       京都府は、府内産米に関する情報を集めたインターネットサイト「KYOTO米」を開設した。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      2月東京マラソンに設楽悠ら招待
      前回優勝のキプサングも

      20180122000074

       東京マラソン(2月25日)の招待選手が22日発表され、ハーフマラソン日本記録保持者の設..... [ 記事へ ]

      経済

      ピジョン、ベビーカーを無償交換
      1万1千台

      20180122000082

       ピジョンは22日、ベビーカー「ビングル」の一部で前輪が動きにくくなる可能性があるとして..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      アリペイで中国人需要取り込み 京都・亀岡で導入店増加

      20180122000061

       増え続ける中国人観光客に対応しようと、京都府亀岡市内の商店でつくる亀岡商業協同組合が中..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      希望の春へ願書到着 国公立大2次試験、受け付け開始

      20180122000067

       国公立大の2018年度一般入試2次試験の願書受け付けが22日、各大学で始まった。受験生..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      31日に全国で「皆既月食」
      妖しい色、観察チャンス

      20180121000076

       月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が今月31日夜に日本各地で起きる。夜中までの比..... [ 記事へ ]