出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「革命児」と違う?信長の実像 滋賀・安土城考古博で特別展

資料をもとに信長の実像に迫る春季特別展(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
資料をもとに信長の実像に迫る春季特別展(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)

 戦国武将織田信長の実像に迫る春季特別展「信長のプロフィール」が、近江八幡市安土町下豊浦の安土城考古博物館で開かれている。定着している「革命児」のイメージや伝説を検証し、最新の研究を踏まえて新たな人物像を探っている。

 開館25周年に合わせて主要テーマの信長を掘り下げることにした。織田家のルーツと一族の姓▽信長の周辺 一族と妻子▽信長の歩んだ道とその評価-の3部構成で、信長の書状や掟(おきて)書、肖像画、出土品など103点を並べ、解説を添えた。

 将軍や天皇を排除して頂点に立とうとしたとの従来像に対しては、信長が1568年に東寺に出した禁制を紹介。「執達如件(しったつくだんのごとし)」として将軍の意を受けていることが明記されており、同館は「独断で権力をふるったわけではない」と分析する。

 上杉謙信と武田信玄の調停に奔走していた信長が、1572年10月5日に信玄に宛てた書状も展示。2日前に信玄が信長との友好関係を破棄し、信長の勢力圏である美濃・三河に向けて軍を進めたことも知らず、浅井氏との戦況を伝えている内容で、「裏切られてばかりの信長」の姿が垣間見えるという。

 さらに、楽市楽座は信長が始めたのではなく、各地の戦国大名が取り入れていたことを示す資料などもそろえており、高木叙子学芸員は「虚飾に満ちた信長像よりも、はるかに現実的で力強い、魅力にあふれた実像に触れてほしい」と話す。

 6月4日まで。月曜休み。有料。

■織田一族について解説

 安土城考古博物館(近江八幡市安土町下豊浦)は、開催中の春季特別展「信長のプロフィール」に合わせて21日に記念講演会を開く。

 高木久史・安田女子大准教授が「信長以前の織田一族」について講演する。

 午後1時半~同3時。当日先着140人。参加費500円。問い合わせは同館TEL0748(46)2424。

【 2017年05月14日 12時44分 】

ニュース写真

  • 資料をもとに信長の実像に迫る春季特別展(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      発電、建築物貸し出し…自治体自ら「稼ぐ」 京都・長岡京市

      20180421000057

       京都府長岡京市は、2018年度から行財政改革の一環で、収入増に向け、眠っていた資源を有..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イチローは出場せず
      レンジャーズ戦

      20180421000056

       ▽レンジャーズ―マリナーズ(20日・アーリントン) マリナーズのイチローは出場せず、チー..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続落、201ドル安
      アップルが下げ主導

      20180421000005

       【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      主題歌も京都発バンド 「リズと青い鳥」声優に本田望結も

      20180421000026

       京都アニメーション(京都府宇治市、通称京アニ)の新作映画「リズと青い鳥」が21日から全..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      国際日本研究、11機関が連携 日文研がデータ提供も

      20180418000118

       「国際日本研究」に関わる全国の大学や研究所など11機関による連携組織「国際日本研究コン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底の岩塊「短期間で化石化」
      頑丈なトンネルに応用も

      20180420000170

       海底に沈んだ生物の死骸を覆って化石化させる球状の岩の塊が、従来考えられていたよりもはる..... [ 記事へ ]