出版案内
福祉事業団

琵琶湖の学習船、引退後は? 滋賀県議会で議論

引退後の活用について注目が集まる「うみのこ」(大津市・大津港)
引退後の活用について注目が集まる「うみのこ」(大津市・大津港)

 本年度で役目を終える琵琶湖の環境学習船「うみのこ」について、引退後に「湖の駅」としてリニューアルし、記念館としても活用してはどうか、という議論が、30日の滋賀県議会6月定例会議であった。県の試算で、記念館にすると改修費とは別に、現うみのこの運営管理費と同じ年間1億2千万円程度の経費がかかるというが、三日月大造知事は「湖岸エリア活性化のための一つの手段として考えられる」とも答弁。県民にとって愛着の深い船だけに、引退後の在り方について注目を集めそうだ。

 現在の「うみのこ」は1983年に就航し、これまでに52万人の児童が乗船した。近年は親子二代で乗った家庭も増えているが、老朽化が著しく、新船の建造が来年5月の就航を目指して進んでいる。

 一般質問で山本進一議員(自民)が「初代学習船は琵琶湖環境学習の歴史そのもの」とし、「湖上のモール『湖の駅』として、またうみのこの歴史を振り返る記念館として再生してはどうか」と迫った。三日月知事は「今後必要となる経費をしっかり意識し、庁内や県内市町、企業等の活用意向も確認しながら方向性を決めたい」とした。

 県教育委員会によると、2014年に解体費を試算すると、スクラップの買い取り費を差し引いても1億円以上が必要になった。うみのこの運営に関する懇話会などでも、引退後の在り方について「活用を」「海外に売却しては」などの意見が出ている、という。ただ、海と違って湖から船を移動させることは難しく、母港の大津港に係留するにしても河川法などの規制をクリアする必要がある。

 三日月知事は「かかる費用を上回る効果を上げられるかについて、さらに多くの人の知恵を集められるような検討をしていきたい」としている。

【 2017年07月01日 08時47分 】

ニュース写真

  • 引退後の活用について注目が集まる「うみのこ」(大津市・大津港)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      ダウン症理解求めパレード、東京
      みんな笑顔でにぎやかに

      20171119000080

       ダウン症への理解を深めるためのイベント「バディウォーク東京2017」が19日に開かれ、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バド、山口茜がSS4度目の優勝
      中国オープン

      20171119000076

       バドミントンのスーパーシリーズ(SS)中国オープンは19日、福州で各種目の決勝が行われ..... [ 記事へ ]

      経済

      性的少数者の虹色、伝統工芸に 京都で動き広がる

      20171119000048

       京都の伝統工芸の職人の間で、LGBT(性的少数者)の尊厳を象徴するレインボーフラッグを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      訪日客向けにチケット販売 京都市、システム立ち上げ

      20171119000062

       京都市は、市内の体験施設や公演の有料チケットを簡単に入手できる訪日外国人向けインターネ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      幼稚園定員割れ、市対応に批判相次ぐ 京都・宇治

      20171117000064

       京都府宇治市の市立幼稚園で大幅な定員割れが続いている問題で、市教育委員会は大久保幼稚園..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      森林整備や省エネPR 京都・長岡京で環境フェア

      20171119000028

       京都府長岡京市内で展開している環境活動をPRする「環境フェア」が18日、同市天神4丁目..... [ 記事へ ]