出版案内
福祉事業団

琵琶湖の学習船、引退後は? 滋賀県議会で議論

引退後の活用について注目が集まる「うみのこ」(大津市・大津港)
引退後の活用について注目が集まる「うみのこ」(大津市・大津港)

 本年度で役目を終える琵琶湖の環境学習船「うみのこ」について、引退後に「湖の駅」としてリニューアルし、記念館としても活用してはどうか、という議論が、30日の滋賀県議会6月定例会議であった。県の試算で、記念館にすると改修費とは別に、現うみのこの運営管理費と同じ年間1億2千万円程度の経費がかかるというが、三日月大造知事は「湖岸エリア活性化のための一つの手段として考えられる」とも答弁。県民にとって愛着の深い船だけに、引退後の在り方について注目を集めそうだ。

 現在の「うみのこ」は1983年に就航し、これまでに52万人の児童が乗船した。近年は親子二代で乗った家庭も増えているが、老朽化が著しく、新船の建造が来年5月の就航を目指して進んでいる。

 一般質問で山本進一議員(自民)が「初代学習船は琵琶湖環境学習の歴史そのもの」とし、「湖上のモール『湖の駅』として、またうみのこの歴史を振り返る記念館として再生してはどうか」と迫った。三日月知事は「今後必要となる経費をしっかり意識し、庁内や県内市町、企業等の活用意向も確認しながら方向性を決めたい」とした。

 県教育委員会によると、2014年に解体費を試算すると、スクラップの買い取り費を差し引いても1億円以上が必要になった。うみのこの運営に関する懇話会などでも、引退後の在り方について「活用を」「海外に売却しては」などの意見が出ている、という。ただ、海と違って湖から船を移動させることは難しく、母港の大津港に係留するにしても河川法などの規制をクリアする必要がある。

 三日月知事は「かかる費用を上回る効果を上げられるかについて、さらに多くの人の知恵を集められるような検討をしていきたい」としている。

【 2017年07月01日 08時47分 】

ニュース写真

  • 引退後の活用について注目が集まる「うみのこ」(大津市・大津港)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      秋篠宮夫妻、チリ到着
      国交120年で公式訪問

      20170927000002

       【サンティアゴ共同】日本との国交樹立120周年を迎えた南米チリと国際親善を深めるため、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      オ2―6日(26日)
      日本ハムが競り勝つ

      20170926000165

       日本ハムは六回に追い付かれたが、七回に大田の適時内野安打で勝ち越し、九回にレアードの適..... [ 記事へ ]

      経済

      ユニー・ファミマ新ポイント検討
      ドンキ店舗での利用も視野

      20170927000005

       ユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長(65)は26日までに共同通信の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      トルストイらの自筆書簡ずらり 京都外大が展示会

      20170926000133

       世界の歴史上の著名人による自筆資料と著作を集めた展示会「世界の軌跡を未来の英知に」が、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「世界に開かれた京都精華大に」 新学長にウスビ・サコ氏

      20170925000129

       京都精華大は25日、竹宮恵子学長(67)の任期満了に伴う次期学長に、西アフリカ・マリ出..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      複数人の心拍、同時に計測 京大などセンター開発

      20170926000147

       体に装置を付けずに複数人の心拍数を同時に計測できるセンサーを、京都大とパナソニックが共..... [ 記事へ ]