出版案内
福祉事業団

琵琶湖の学習船、引退後は? 滋賀県議会で議論

引退後の活用について注目が集まる「うみのこ」(大津市・大津港)
引退後の活用について注目が集まる「うみのこ」(大津市・大津港)

 本年度で役目を終える琵琶湖の環境学習船「うみのこ」について、引退後に「湖の駅」としてリニューアルし、記念館としても活用してはどうか、という議論が、30日の滋賀県議会6月定例会議であった。県の試算で、記念館にすると改修費とは別に、現うみのこの運営管理費と同じ年間1億2千万円程度の経費がかかるというが、三日月大造知事は「湖岸エリア活性化のための一つの手段として考えられる」とも答弁。県民にとって愛着の深い船だけに、引退後の在り方について注目を集めそうだ。

 現在の「うみのこ」は1983年に就航し、これまでに52万人の児童が乗船した。近年は親子二代で乗った家庭も増えているが、老朽化が著しく、新船の建造が来年5月の就航を目指して進んでいる。

 一般質問で山本進一議員(自民)が「初代学習船は琵琶湖環境学習の歴史そのもの」とし、「湖上のモール『湖の駅』として、またうみのこの歴史を振り返る記念館として再生してはどうか」と迫った。三日月知事は「今後必要となる経費をしっかり意識し、庁内や県内市町、企業等の活用意向も確認しながら方向性を決めたい」とした。

 県教育委員会によると、2014年に解体費を試算すると、スクラップの買い取り費を差し引いても1億円以上が必要になった。うみのこの運営に関する懇話会などでも、引退後の在り方について「活用を」「海外に売却しては」などの意見が出ている、という。ただ、海と違って湖から船を移動させることは難しく、母港の大津港に係留するにしても河川法などの規制をクリアする必要がある。

 三日月知事は「かかる費用を上回る効果を上げられるかについて、さらに多くの人の知恵を集められるような検討をしていきたい」としている。

【 2017年07月01日 08時47分 】

ニュース写真

  • 引退後の活用について注目が集まる「うみのこ」(大津市・大津港)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      バリアフリー促進に向け法改正へ
      交通事業者に計画義務化

      20180123000004

       2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、鉄道など公共交通のバリアフリー化を推進する..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      エイバルの乾、後半途中に退く
      スペイン1部リーグ

      20180123000016

       サッカーのスペイン1部リーグでエイバルの乾貴士は22日、ホームのマラガ戦に先発し、後半..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株続伸、最高値更新
      政府閉鎖解除見通しで

      20180123000011

       【ニューヨーク共同】週明け22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      一足早く、早春のいけばな 華道16流派、京都駅で展示

      20180123000022

       冬の観光客を花で迎える「京都名流いけばな展」(同運営委員会など主催)が23日から、京都..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「学問のため」帝国と同化 <京大が持ち去った人骨>

      20180122000110

       京都大は、戦前から収集してきた人骨標本について、存否を含め一切の回答を拒んでいる。樺太..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      STAP、ディオバン…信頼失墜後絶たず iPS論文不正

      20180123000020

       京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で22日、論文の不正が発覚した。所長を務める山中..... [ 記事へ ]