出版案内
福祉事業団

国内最大級の傘形木製品 滋賀・栗東の椿山古墳

栗東市の椿山古墳で出土した、日傘を模した笠形木製品(同市下戸山・市出土文化財センター)
栗東市の椿山古墳で出土した、日傘を模した笠形木製品(同市下戸山・市出土文化財センター)

 滋賀県の栗東市教委は20日、同市安養寺6丁目の椿山古墳(5世紀前半~中ごろ)から、全国最大級の笠(かさ)形木製品が出土したと発表した。日傘を模した円すい状の木製埴輪(はにわ)で、市教委は被葬者が大和政権と深いつながりがあったことを示す貴重な資料としている。

 椿山古墳は古墳時代中期に築かれた県内最大の帆立貝(ほたてがい)形の前方後円墳。全長約99メートルあり、被葬者は当時の湖南地域を治めた有力者とされる。宅地開発のため2~3月に古墳を囲む掘「周濠(しゅうごう)」の北東部約280平方メートルを調査した。

 出土したのは笠形木製品6点で、うち2点は楕円(だえん)形の笠の幅が約76センチと約75センチの大きさ。残りは35~66センチだった。周濠に沿って3~4メートル間隔で見つかり、大小二つがセットで置かれている例もあった。

 市教委によると、笠形木製品は貴人に差し掛ける日傘を模したもので、古墳の周濠に沿って立てられたと考えられているが、目的は不明。全国で約300点見つかり、70センチ以上のものはこれまで5点だけで、すべて応神天皇陵として知られる誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳(大阪府羽曳野市)で見つかった。最大は約96センチ、2番目が約95センチで、椿山の2点は3、4番目となる。

 材質は木棺などで使用されたコウヤマキで、笠の内側をくりぬき、表面を滑らかな円すい状に整えている。日傘のさおの部分もあったとみられるが、今回は見つかっていない。

 古墳時代に詳しい京都橘大の一瀬和夫教授は「笠の形が残り、保存状態が良い。誉田御廟山古墳の木製品と非常に良く似ており、湖南地域の山林資源を生かして木製品が作られ、有力な権力者の古墳に供給していた可能性がある」とし、奈良県橿原考古学研究所の鈴木裕明企画課係長は「成長が遅く大量に入手しにくいコウヤマキは古墳のみで使われる貴重な木材。滋賀ではこれまで約40センチが最大で、これほど大きな木製品が出土するのは大和政権中枢との近い関係を示している」と話す。

 出土品は栗東歴史民俗博物館(栗東市小野)で25日~8月6日に展示される。31日休館。無料。同館077(554)2733。

【 2017年07月20日 23時25分 】

ニュース写真

  • 栗東市の椿山古墳で出土した、日傘を模した笠形木製品(同市下戸山・市出土文化財センター)
  • 椿山古墳の地図
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      元残留日本兵の子ら来日
      ベトナムから父の祖国に

      20171018000111

       第2次大戦後もベトナムにとどまり、その後帰国を余儀なくされた元残留日本兵の子どもらが1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪あと千日の記念商品
      組織委、28日に合わせて発売

      20171018000105

       2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、東京・原宿の公式ライセンス商品シ..... [ 記事へ ]

      経済

      使い捨てコンタクト不具合
      アキュビュー3万673箱回収

      20171018000098

       米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は18日、使い捨てコンタクトレンズ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      父・幽雪を追善、「桧垣」初演へ 片山九郎右衛門

      20171018000086

       質実にして気品漂う至芸で、京の能楽界を率いた観世流シテ方の片山幽雪(1930~2015..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      選挙の意義学ぶ授業、模擬投票も 京都の学校で取り組み

      20171018000051

       衆院選投開票日を前にした17日、京都市内の高校や大学で選挙の意義を学ぶ授業や模擬投票が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ドングリ少なくクマ出没多発か 滋賀県が注意予測

      20171017000172

       滋賀県は17日、今秋の湖北、湖西地域におけるツキノワグマの出没について「比較的多くなる..... [ 記事へ ]