出版案内
福祉事業団

花火や雷、夏は迷い犬に注意 音でパニック増加

迷い犬が増える夏本番
迷い犬が増える夏本番

 夏本番を迎え、滋賀県が迷い犬の増加に警戒を強めている。例年、花火大会や雷など大きな音が鳴ることが多い夏には、驚いた犬が逃げ出すケースが増えるためだ。県は「逃げてしまっても飼い主が分かるように、迷子札などの装着を」と対策を呼び掛けている。

 県動物保護管理センターによると、「犬がいなくなった」という迷い犬の問い合わせは昨年度387件あった。そのうち、7月(45件)と8月(28件)、9月(55件)は特に多く、打ち上げ花火や雷の音に驚いて、首輪から抜けたり、散歩中に急に走り出したりするといったケースが目立つという。敏感な犬の中には、人間には聞こえないほど遠い雷や花火の音にもおびえ、首輪につないでいたひもを引きちぎって逃げる犬もいるという。

 そのため県は、犬が驚いて逃げないように犬小屋から室内に移したり、首輪を抜けにくくしたりするなどの対策を呼び掛けている。逃げて保護された際、すぐ飼い主に連絡ができるよう、犬の登録時に交付される鑑札や狂犬病予防の注射済票を首輪へ装着するように求めている。県生活衛生課は「大きな音は人間も怖いが、犬はもっとパニックになってしまう。人が家から出入りする時に一緒に逃げ出すケースも多いので、二重のゲートを付けるなど、このシーズンは注意を」としている。

【 2017年07月31日 12時10分 】

ニュース写真

  • 迷い犬が増える夏本番
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      年末の祇園を巡回、警察官ら防犯活動

      20171218000184

       年末の犯罪や事故防止を訴える京都府警の年末警戒活動が18日、府内全域で行われた。警察官..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中日、松坂大輔投手の獲得検討
      プロ野球、ソフトバンク退団

      20171218000210

       プロ野球の中日が、ソフトバンクから戦力外通告を受けて退団した松坂大輔投手(37)の獲得..... [ 記事へ ]

      経済

      経団連、副業推奨せず
      本業に影響、管理難しく

      20171218000200

       経団連の榊原定征会長は18日の記者会見で、政府が働き方改革の一環として副業や兼業の普及..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]