出版案内
福祉事業団

花火や雷、夏は迷い犬に注意 音でパニック増加

迷い犬が増える夏本番
迷い犬が増える夏本番

 夏本番を迎え、滋賀県が迷い犬の増加に警戒を強めている。例年、花火大会や雷など大きな音が鳴ることが多い夏には、驚いた犬が逃げ出すケースが増えるためだ。県は「逃げてしまっても飼い主が分かるように、迷子札などの装着を」と対策を呼び掛けている。

 県動物保護管理センターによると、「犬がいなくなった」という迷い犬の問い合わせは昨年度387件あった。そのうち、7月(45件)と8月(28件)、9月(55件)は特に多く、打ち上げ花火や雷の音に驚いて、首輪から抜けたり、散歩中に急に走り出したりするといったケースが目立つという。敏感な犬の中には、人間には聞こえないほど遠い雷や花火の音にもおびえ、首輪につないでいたひもを引きちぎって逃げる犬もいるという。

 そのため県は、犬が驚いて逃げないように犬小屋から室内に移したり、首輪を抜けにくくしたりするなどの対策を呼び掛けている。逃げて保護された際、すぐ飼い主に連絡ができるよう、犬の登録時に交付される鑑札や狂犬病予防の注射済票を首輪へ装着するように求めている。県生活衛生課は「大きな音は人間も怖いが、犬はもっとパニックになってしまう。人が家から出入りする時に一緒に逃げ出すケースも多いので、二重のゲートを付けるなど、このシーズンは注意を」としている。

【 2017年07月31日 12時10分 】

ニュース写真

  • 迷い犬が増える夏本番
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      元残留日本兵の子ら来日
      ベトナムから父の祖国に

      20171018000111

       第2次大戦後もベトナムにとどまり、その後帰国を余儀なくされた元残留日本兵の子どもらが1..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      五輪あと千日の記念商品
      組織委、28日に合わせて発売

      20171018000105

       2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、東京・原宿の公式ライセンス商品シ..... [ 記事へ ]

      経済

      使い捨てコンタクト不具合
      アキュビュー3万673箱回収

      20171018000098

       米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は18日、使い捨てコンタクトレンズ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      父・幽雪を追善、「桧垣」初演へ 片山九郎右衛門

      20171018000086

       質実にして気品漂う至芸で、京の能楽界を率いた観世流シテ方の片山幽雪(1930~2015..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      選挙の意義学ぶ授業、模擬投票も 京都の学校で取り組み

      20171018000051

       衆院選投開票日を前にした17日、京都市内の高校や大学で選挙の意義を学ぶ授業や模擬投票が..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ドングリ少なくクマ出没多発か 滋賀県が注意予測

      20171017000172

       滋賀県は17日、今秋の湖北、湖西地域におけるツキノワグマの出没について「比較的多くなる..... [ 記事へ ]