出版案内
福祉事業団

19年秋に商業施設と公園オープン びわこ競輪場跡地

大津びわこ競輪場の跡地につくる商業施設と公園のイメージ図
大津びわこ競輪場の跡地につくる商業施設と公園のイメージ図

 大津びわこ競輪場の跡地(大津市二本松)活用について、市は9日、民間事業者が商業施設と公園を整備する事業を発表し、2019年11月にオープンすると明らかにした。業者側は施設の土地の定期借地契約を終える50年度までに施設を解体し、更地にして市に返還するという。

 市は跡地を将来的に公園とする考えだが、財政負担を避けるため、19億円という解体費を民間が担う形式で事業者を公募。3社の中から優先交渉事業者に大和ハウス工業の子会社「大和リース滋賀支店」(守山市)を選んだ。今秋に解体工事に着手する。競輪場跡地は6万5千平方メートル。うち商業施設は5万平方メートル、公園部分は1万5千平方メートルを計画する。公園は同社が整備した後で市に寄付する。解体・整備費は計53億円で、施設部分の市への借地料は年間8400万円という。

 施設名は「BRANCH大津(仮称)」。公園と一体化した形状で、全体で約30店舗が入る。地元特産品の販売など特色ある店があるほか、一般の物販や飲食店もある。子育て中の女性向けの託児所機能付きワーキングスペースや、地元住民がまちづくりに使える交流スペースも設ける。大和リースは地元住民を中心に年間利用客400万人を想定している。

 9日に会見した越直美市長は「非常に良い内容だ。市民にとって、憩いとにぎわいの場になってほしい」と話した。

【 2017年08月10日 09時00分 】

ニュース写真

  • 大津びわこ競輪場の跡地につくる商業施設と公園のイメージ図
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      被爆体験者の敗訴確定
      最高裁、387人認めず

      20171218000080

       原爆投下時に国が指定する地域の外にいたため被爆者と認められない「被爆体験者」388人が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平幕宝富士が9月の結婚を発表
      24歳の歯科助手と

      20171218000076

       大相撲の平幕宝富士(30)=本名杉山大輔、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、東京都江..... [ 記事へ ]

      経済

      JR北海道への支援、国に要請
      鉄道路線の維持で高橋知事

      20171218000074

       経営難に苦しむJR北海道の鉄道路線を維持するため、北海道の高橋はるみ知事は18日、石井..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      金融知識フル活用、守山高V エコノミクス甲子園滋賀大会

      20171218000025

       高校生が金融や経済の知識を競う「エコノミクス甲子園」の滋賀大会が17日、大津市のホテル..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高校生招きiPS細胞実験教室
      作製10周年、記念イベント

      20171217000111

       京都大iPS細胞研究所は17日、山中伸弥教授による人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)作..... [ 記事へ ]