出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

19年秋に商業施設と公園オープン びわこ競輪場跡地

大津びわこ競輪場の跡地につくる商業施設と公園のイメージ図
大津びわこ競輪場の跡地につくる商業施設と公園のイメージ図

 大津びわこ競輪場の跡地(大津市二本松)活用について、市は9日、民間事業者が商業施設と公園を整備する事業を発表し、2019年11月にオープンすると明らかにした。業者側は施設の土地の定期借地契約を終える50年度までに施設を解体し、更地にして市に返還するという。

 市は跡地を将来的に公園とする考えだが、財政負担を避けるため、19億円という解体費を民間が担う形式で事業者を公募。3社の中から優先交渉事業者に大和ハウス工業の子会社「大和リース滋賀支店」(守山市)を選んだ。今秋に解体工事に着手する。競輪場跡地は6万5千平方メートル。うち商業施設は5万平方メートル、公園部分は1万5千平方メートルを計画する。公園は同社が整備した後で市に寄付する。解体・整備費は計53億円で、施設部分の市への借地料は年間8400万円という。

 施設名は「BRANCH大津(仮称)」。公園と一体化した形状で、全体で約30店舗が入る。地元特産品の販売など特色ある店があるほか、一般の物販や飲食店もある。子育て中の女性向けの託児所機能付きワーキングスペースや、地元住民がまちづくりに使える交流スペースも設ける。大和リースは地元住民を中心に年間利用客400万人を想定している。

 9日に会見した越直美市長は「非常に良い内容だ。市民にとって、憩いとにぎわいの場になってほしい」と話した。

【 2017年08月10日 09時00分 】

ニュース写真

  • 大津びわこ競輪場の跡地につくる商業施設と公園のイメージ図
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      昔ながらの町家、活用探る 大津市とJR西がプロジェクト

      20180722000075

       大津宿場町構想実行委員会(事務局・大津市)とJR西日本はこのほど、空き町家を昔ながらの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      札幌にカーリング男子チーム発足
      「平昌より上目指す」

      20180722000083

       サッカーJ1札幌の関連法人がカーリング男子のチームを発足させ、22日に札幌市で記者会見..... [ 記事へ ]

      経済

      上品な風味、新サイズで味わって 月桂冠、清酒「特撰」

      20180722000084

       月桂冠は、清酒「特撰」で720ミリリットル瓶入りの商品をこのほど発売した。 特撰は級別..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      琳派ロック、今年も京都から発信 10月に平安神宮で祭り

      20180722000048

       「キーヤン」の愛称で知られる絵師の木村英輝さん(76)=京都市左京区=が総合プロデュー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]