出版案内
福祉事業団

滋賀県、全国と差広がる 全国学力テスト

 滋賀県教育委員会は28日、本年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の県結果を公表した。平均正答率は小、中学とも全科目で4年続けて全国平均を下回り、小学校では国語、算数とも、中学校では基礎知識を問う数学Aで全国との差が広がる厳しい結果となった。授業改善の成果が反映されず、県教委は「学習の質、量ともに向上させないといけない」としている。

 小学校の平均正答率は国語A73%(全国平均74・8%)、国語B56%(同57・5%)、算数A76%(同78・6%)、算数B43%(同45・9%)。近年改善傾向にあった国語Aは、漢字を適切に書く問題で正答率が低く、全国との差が開いた。算数Bも、問題解決の方法や判断理由を記述する問題に課題があり、全国との差が拡大した。

 中学校の平均正答率は国語A76%(同77・4%)、国語B69%(同72・2%)、数学A63%(同64・6%)、数学B47%(同48・1%)。国語、数学とも前年度より平均正答率が伸び、国語Aと数学Bで全国との差が縮まった。

 学校に行った学習指導に関する質問で「授業の最後に学習したことを振り返る活動を計画的に取り入れた」としたのは、小、中学校ともに95%を超えたが、子どもに対する同じ質問では、小学校で77%、中学校では58%にとどまり、教員と子どもに認識の差があることが判明した。

 青木洋教育長は「全国平均との差はしっかり認識しないといけないが、子ども一人一人の理解度を知り、各自にあう指導をすることが大事。市町と連携し、生活習慣も含め改善に取り組む」としている。

 学力テストは4月に行われ、基礎知識を問うA問題と知識活用をみるB問題がある。県内では公立学校327校の小学6年生と中学3年生が受けた。

【 2017年08月28日 22時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      写真記者協会賞に「沖縄の視線」
      12月19日から展示

      20171125000007

       東京写真記者協会(新聞、通信、放送など33社加盟)は24日、今年の優れた報道写真に贈る..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      W杯複合、第1戦で渡部暁が3位
      ノルディックスキー

      20171125000003

       【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は24日、フ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハウスがカレー14万個回収
      樹脂片が混入した可能性

      20171124000123

       ハウス食品グループ本社は24日、ハウス食品が販売するレトルトカレーに樹脂片が混入した可..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      とりま、見舞品を…大政奉還の慶喜、西本願寺が微妙な命令

      20171124000169

       江戸幕府15代将軍で150年前に大政奉還した直後の徳川慶喜の微妙な立場が読み取れる資料..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      オンラインゲームでおすすめ図書推薦 同大教授ら開発

      20171123000048

       個々の関心に合う本を紹介する小中学生対象のオンラインゲームを、同志社大の原田隆史教授(..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      湯川博士、原爆開発関与疑われ聴取 終戦直後米軍に

      20171124000057

       敗戦後の食料難に苦しみ、焼け跡をさまよう失意の日本に希望と勇気を与えた、京都大・湯川秀..... [ 記事へ ]