出版案内
福祉事業団

大正時代の便器、滋賀で発見 TOTOにも現存せず

【右】古民家から見つかった大正時代の便器を調べる迫下さん(手前)と廣部さん=東近江市五個荘竜田町 【左】小便器に記された「日本陶器合名会社」の商標。1914~17年のみ使われたという
【右】古民家から見つかった大正時代の便器を調べる迫下さん(手前)と廣部さん=東近江市五個荘竜田町 【左】小便器に記された「日本陶器合名会社」の商標。1914~17年のみ使われたという

 滋賀県東近江市五個荘竜田町の古民家で、大手陶器メーカー「TOTO」(北九州市)の前身による最初期の製品とみられる、大正時代の便器が見つかった。30日に同社社員が訪れ、現物を調査した。

 古民家は近江商人松居久右衛門の本宅で、便器があるのは1873年の増築部分。1924年に近くの竜田神社に参拝した久邇宮邦彦王が同宅に宿泊するのに合わせて改修され、最新の便所や風呂を整備したという。

 40年近く空き家になっていたが、9年前に近江八幡市安土町の教林坊住職、廣部光信さん(46)が買い取り、手入れしてきた。文化財登録に向け建築年代を特定するため便器を調べたところ古い商標が見つかり、同社に調査を依頼した。

 小便器の底にあった商標には同社の前身「日本陶器合名会社」の社名が英語で記されていた。調査したTOTO社史資料室の迫下勉さん(38)によると、商標は日本陶器が便器の試験販売を始めた14年から17年の「東洋陶器」設立までの間しか使われず、同社最初期の製品とみられる。同時期の製品は社内にも現存していないという。

 一方、大便器にも地球を月桂樹(げっけいじゅ)が取り巻いた同じデザインの商標があるが、実際に使われた記録のない英語表記で社名が記され、同社製品かどうかは不明という。

 迫下さんは「会社の創立100周年のタイミングで見つかり、縁を感じる。陶器は時を経ても劣化しないので、まだまだ眠っているものがあるのでは」と話し、廣部さんは「貴重な物とわかったので、そのままの状態で残していきたい」としている。一般公開の予定はない。

【 2017年08月31日 09時22分 】

ニュース写真

  • 【右】古民家から見つかった大正時代の便器を調べる迫下さん(手前)と廣部さん=東近江市五個荘竜田町 【左】小便器に記された「日本陶器合名会社」の商標。1914~17年のみ使われたという
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      燃料タンク油、自衛隊が回収へ
      米軍戦闘機の投棄問題

      20180221000107

       米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が同県東北町の小川原湖に燃料タンク2個を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      アルペン男子立位の小池を追加
      平昌冬季パラ日本代表

      20180221000161

       日本パラリンピック委員会(JPC)は21日、平昌冬季パラリンピックの代表にアルペンスキ..... [ 記事へ ]

      経済

      スポーツ分野にVRやAI活用
      東京五輪見据え、幕張で産業展

      20180221000152

       仮想現実(VR)や人工知能(AI)などの新技術を取り入れたスポーツ関連商品・サービスを..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      千五郎の「花盗人」など桜づくしに 春の茂山狂言会

      20180221000094

       京都の桜の満開前に、舞台で花見気分を-と、桜にちなんだ4演目を並べた珍しい狂言会が3月..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「宇治学」の授業を報告  京都、教員らフォーラム

      20180221000032

       京都府宇治市の小中学生が地域について学ぶ総合的な学習「宇治学」のフォーラムが20日、同..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      大間原発、進捗率4割弱
      規制委の審査長引く

      20180221000070

       電源開発(Jパワー)は21日、青森県大間町で建設中の大間原発を報道陣に公開した。運転開..... [ 記事へ ]