出版案内
福祉事業団

鑑定医「自白方法で殺害できず」 日野町事件再審請求審

証人尋問後に会見する谷田弁護士(右)と伊賀興一弁護団長=大津市梅林1丁目・滋賀弁護士会館
証人尋問後に会見する谷田弁護士(右)と伊賀興一弁護団長=大津市梅林1丁目・滋賀弁護士会館

 滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害され金庫が奪われた「日野町事件」で、強盗殺人罪で服役中に死亡した阪原弘元受刑者の遺族による再審請求審で、大津地裁は4日、弁護団の依頼で遺体を鑑定した医師の証人尋問を非公開で行った。弁護団によると、医師は「自白の方法では殺害できない」とする鑑定内容を証言したという。

 東京医科大の吉田謙一教授で、弁護団は1月、自白と遺体の損傷の整合性を調べた鑑定書を提出していた。

 吉田教授は、遺体の損傷の位置などから、被害者は床を背にあおむけの状態で上から体重をかけて右手で首を押さえられ、左手で口をふさがれて殺害されたと推定。座っている被害者の背後から両手で首を絞めたとする自白の方法では、殺害に至るほどの力は得られないと指摘していた。

 記者会見した弁護団によると、証人尋問で吉田教授は画像などを交えながら鑑定の内容を説明し「自白の方法は遺体の損傷と矛盾し、殺害できない」と証言したという。尋問を担当した弁護団の谷田豊一弁護士は「殺害方法の矛盾が明確になり、自白の信用性の根幹は崩れた」と話した。

 今後、双方が最後の意見書を提出し、審理は2月から3月に終える見込み。

【 2017年09月04日 23時50分 】

ニュース写真

  • 証人尋問後に会見する谷田弁護士(右)と伊賀興一弁護団長=大津市梅林1丁目・滋賀弁護士会館
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      声からし「最後のお願い」 衆院選、京都・滋賀の街頭

      20171021000148

       衆院選(22日投開票)の選挙運動が最終日を迎えた21日、京都や滋賀の候補者がそれぞれの..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、酒井高はフル出場
      ハンブルガーSV0―1で敗れる

      20171022000018

       【ハンブルク(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグで酒井高徳と伊藤達哉のハンブルガ..... [ 記事へ ]

      経済

      ハロウィーン、幅広い年代に 京都で商戦活況

      20171021000136

       31日のハロウィーンに向け、京都の百貨店や商業施設で関連グッズの販売が本格化している。..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿練り歩き、お祭りムード 京都・亀岡祭のおいで祭り

      20171021000086

       亀岡祭の本祭に向けて、京都府亀岡市上矢田町の鍬山神社からご神体を横町の御旅所・形原神社..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]