出版案内
福祉事業団

いじめ防止、住民が校内見回り 大津、小学校昼休みに

昼休みの教室で児童と話をする地域住民の男性(中央)=大津市荒川・木戸小
昼休みの教室で児童と話をする地域住民の男性(中央)=大津市荒川・木戸小

 いじめの未然防止などを目的に、地域住民が昼休みの小学校を見回るモデル事業が5日、大津市荒川の木戸小で始まった。教師だけでは気付かない子どもの異変が起きていないか、教室やグラウンドで積極的に児童に声を掛けて回った。

 夏休み明けの9月にいじめが増えやすい、という調査をもとに、大津市教育委員会が1カ月限定で、初めて実施した。昼休みのいじめ被害も多いという。

 木戸小では昼に見守るという意味で「ひまわり隊」と名付け、住民約50人が登録した。初日は男女6人が参加し、校舎内やグラウンドを約30分間パトロール。「何してるの?」「よく日焼けしてるなあ」などと児童に話しかけ、顔見知りの子とハイタッチする場面もあった。

 住民らは、見回り後に児童の様子を学校側に報告。「1人でポツンとしている子が数人いた。気に掛けた方がいい」などの声があった。近所に住む安本義一さん(69)は「問題を抱えながら周囲に言えない子もいる。先生と違った視点で見ていきたい」と話した。

 木戸小では29日まで見回りを続け、瀬田小(同市大江4丁目)でも6~28日に行う。

【 2017年09月05日 22時28分 】

ニュース写真

  • 昼休みの教室で児童と話をする地域住民の男性(中央)=大津市荒川・木戸小
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      シャンシャン生後130日
      ママ大好き、後追いも

      20171021000102

       上野動物園(東京都台東区)は21日、生後130日を迎えたジャイアントパンダの子ども、シ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソ4―3楽(21日)
      ソフトバンク逆転勝ち

      20171021000098

       ソフトバンクが逆転勝ちした。2―3の六回に内川が4試合連続本塁打となるソロを放って同点..... [ 記事へ ]

      経済

      イオンと生協、環境枠組み参加へ
      加工食品使用のパーム油

      20171021000090

       加工食品に広く使われている「パーム油」の生産過程で環境破壊や児童労働が世界的な関心事に..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿練り歩き、お祭りムード 京都・亀岡祭のおいで祭り

      20171021000086

       亀岡祭の本祭に向けて、京都府亀岡市上矢田町の鍬山神社からご神体を横町の御旅所・形原神社..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「日本とフランスの懸け橋に」 京都、学校移転で式典

      20171021000074

       京都市上京区の元待賢小にあったフランス人学校「京都国際フランス学園」が下京区の元有隣小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      口の中の細菌、腸難病の原因か
      予防や治療に期待

      20171020000004

       普段、口の中にいる細菌が腸の中で増えると、腸に慢性の炎症が起きる潰瘍性大腸炎やクローン..... [ 記事へ ]