出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

避難情報、一部で配信されず 滋賀県、台風5号の対応検証

 滋賀県は12日、8月の台風5号災害時に、一部地域の避難指示や避難準備情報がテレビなどのメディアや携帯電話向けの緊急速報メールに配信されていなかったことを明らかにした。災害情報を自治体や防災機関で相互共有する「防災情報システム」に入力遅れや設定ミスがあったためという。災害対応の検証結果を公表した三日月大造知事は「情報が伝わっていると過信せず、言葉で伝達するよう徹底したい」と述べた。

 防災情報システムは、県や市町などが避難指示などの情報を入力すると、テレビ局やインターネット会社などに自動配信される。長浜、栗東、湖南、東近江各市は同システムと連動して緊急速報メールが一斉発信されるようにしている。

 県によると、長浜市は8月8日午前2時に姉川の増水に伴って同市大井町の一部に避難指示を出したが、防災情報システムへの入力が約1時間遅れた。さらに、同システムから外部へ配信する設定にしていなかったため、テレビやインターネットで伝達できなかった。同市職員と市に派遣した県の情報連絡員との連携不足が原因だが「指示地域には職員が赴いて伝達しており、住民には情報が伝わっていた」(県防災危機管理局)としている。

 また、緊急速報メールについては、県が配信設定を誤ったため、栗東、湖南、東近江各市のNTTドコモ利用者には避難準備情報のメールが届かなかった。このほか、県の「防災ポータルサイト」もアクセスが集中し、7日午後9時ごろから8日明け方まで閲覧しにくい状況が続いたという。

 台風5号で姉川の水があふれる要因となった堤防の切り落とし部分「切り通し」については、姉川以外に葉山川(栗東市上鈎)や日野川(近江八幡市池田本町)など計7カ所で確認できたとした。氾濫危険水位より高い位置にあるなど、いずれも緊急対応が必要になる切り通しではないとしている。

【 2017年09月12日 23時43分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      35度以上で主催イベント中止検討 大津市が熱中症予防会議

      20180717000191

       連日の酷暑を受け、大津市は17日、熱中症予防のための庁内会議を開き、気温が35度以上に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、南北チームが勝利
      北朝鮮選手に大声援

      20180717000196

       【大田共同】韓国中部の大田で17日、卓球のワールドツアー、韓国オープンの予選が始まった..... [ 記事へ ]

      経済

      GS、12年ぶりCEO交代
      ブランクファイン氏退任

      20180717000200

       【ニューヨーク共同】米金融大手ゴールドマン・サックス(GS)は17日、ロイド・ブランク..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      神輿集結「ホイット」響く 祇園祭・神幸祭

      20180717000205

       祇園祭の神幸祭が17日夜、京都市中心部で行われた。東山区の八坂神社前に3基の神輿(みこ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      魚の表皮に「車輪」のような細胞
      傷修復へ高速移動

      20180717000139

       魚の表皮細胞が、車輪のような部品を回転させて、細胞ごと前進することを発見したとの研究結..... [ 記事へ ]