出版案内
福祉事業団

住民投票、11月26日投開票 滋賀・野洲市民病院巡り

住民投票の日程について審議する野洲市選挙管理委員会(市役所)
住民投票の日程について審議する野洲市選挙管理委員会(市役所)

 滋賀県・JR野洲駅南口の野洲市民病院計画の是非を問う住民投票について、同市選挙管理委員会は25日、実施予定日を「11月19日告示、26日投開票」と決めた。市議選(10月22日投開票)を控え、発議した計画反対派議員らは早期実施を求めていたが、住民への十分な周知などを理由に市議選の約1カ月後となった。

 同市では初の住民投票で、市民に問う文言は「野洲駅南口市有地に市民病院を整備することについて」。住民投票資格者は18歳以上で、特別永住など一部の外国人も含まれ、市選管によると9月1日現在で41323人。投票運動は戸別訪問などを含め自由にできる。市選管は11月上旬ごろから回覧板やチラシ配布などで住民投票の実施をPRする予定。

 市選管はこの日、入江幸一委員長が委員会を招集して日程を審議した。委員4人が出席し「国政選挙、市議選とのトリプルでできないか」との意見も出たが、事務局は「正確性が一番なので非常に厳しい」とこたえた。「11月26日投開票」は委員から提案され、全員が賛成した。

 入江委員長は会見を開き「(投票総数が)資格者数の2分の1に満たない場合は条例で開票できず、無駄にしないためにも周知を十分に行う必要がある。初めての実施なので慎重に準備を行う必要がある」と説明した。

 住民投票を発議した立入三千男議員は「ちょっと時間が空きすぎるという印象だが、仕方がない。(投票総数が)過半数に達するよう、運動しなければならない」と話した。

 山仲善彰市長はこの日、住民投票の実施費約1600万円を専決処分した。定例会見で住民投票について「市議選があるので、必要ない」との考えを改めて示した。

【 2017年09月25日 22時40分 】

ニュース写真

  • 住民投票の日程について審議する野洲市選挙管理委員会(市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      被爆体験者の敗訴確定
      最高裁、387人認めず

      20171218000080

       原爆投下時に国が指定する地域の外にいたため被爆者と認められない「被爆体験者」388人が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      平幕宝富士が9月の結婚を発表
      24歳の歯科助手と

      20171218000076

       大相撲の平幕宝富士(30)=本名杉山大輔、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、東京都江..... [ 記事へ ]

      経済

      JR北海道への支援、国に要請
      鉄道路線の維持で高橋知事

      20171218000074

       経営難に苦しむJR北海道の鉄道路線を維持するため、北海道の高橋はるみ知事は18日、石井..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      金融知識フル活用、守山高V エコノミクス甲子園滋賀大会

      20171218000025

       高校生が金融や経済の知識を競う「エコノミクス甲子園」の滋賀大会が17日、大津市のホテル..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      高校生招きiPS細胞実験教室
      作製10周年、記念イベント

      20171217000111

       京都大iPS細胞研究所は17日、山中伸弥教授による人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)作..... [ 記事へ ]