出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

種子島と国友、鉄砲の絆30年 滋賀・長浜城博で記念展

国友鉄砲鍛冶の歴史を書いた巻物や、火縄銃が並ぶ企画展(長浜市公園町・長浜城歴史博物館)
国友鉄砲鍛冶の歴史を書いた巻物や、火縄銃が並ぶ企画展(長浜市公園町・長浜城歴史博物館)

 鹿児島県西之表市と滋賀県長浜市の友好都市30周年を記念する企画展示「種子島から国友へ 鉄砲でつながる友好の絆」が14日、長浜市公園町の長浜城歴史博物館で始まった。長浜の国友鉄砲鍛冶が残した江戸期の火縄銃や古文書が展示されている。

 1543年に種子島に伝来した鉄砲の製造技術は、国友や堺などに伝えられ、国友は鉄砲の一大産地として発展した。種子島にある西之表市と長浜市は、鉄砲ゆかりのまちとして1987年に友好都市の盟約を結んだ。

 会場には計12点を展示。国友鉄砲鍛冶の歴史を書いた巻物「国友鉄炮記」(江戸中期)は、伝来から間もなく織田信長から500丁の注文を受けたことが記されている。また長浜城主となった羽柴秀吉が国友鉄砲鍛冶の首領に領地百石を与え、鉄砲製作に励むよう命じた「羽柴秀吉書状 国友藤二郎宛」(1574年)や、科学者として知られる国友一貫斎が弟と製作したと伝わる火縄銃(1819年)、騎乗しながら片手で操作する馬上筒(江戸後期)もある。

 同館の井並悦子学芸員(29)は「天下人の活躍を支えた国友鍛冶の高い技術を知る機会になれば」と話している。10月23日まで(無休)。有料。

【 2017年10月09日 15時00分 】

ニュース写真

  • 国友鉄砲鍛冶の歴史を書いた巻物や、火縄銃が並ぶ企画展(長浜市公園町・長浜城歴史博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      地震被災家屋にブルーシート 京都で大雨予報、土砂災害も警戒

      20180619000177

       震度5強の京都府、震度5弱を観測した滋賀県でも20日明け方から昼すぎにかけて大雨になる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      前田は3回2/3を3失点
      カブス戦

      20180620000023

       ▽カブス―ドジャース(19日・シカゴ) ドジャースの前田は先発して3回2/3を5安打3失..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の大企業、BCP対応生かす 大阪北部地震で

      20180620000040

       18日に大阪府北部で発生した地震を受け、京都の大手企業は、事前に策定していた事業継続計..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]