出版案内
福祉事業団

空き時間ある主婦、家事代行 大津市 人材活用で提携

シェアエコノミーの普及に関して協定書を交わした越直美市長(中央)と協会関係者=大津市役所
シェアエコノミーの普及に関して協定書を交わした越直美市長(中央)と協会関係者=大津市役所

 大津市は本年度から、子育て支援のため、民間活力を通じて地域人材を活用する「シェアリングエコノミー」(共有型経済)の推進に取り組む。空き時間のある主婦に育児や家事代行を仲介する民間事業所を後押しし、行政の手が届かないサービスを市内で拡充、女性の社会進出につなげる。

 シェアリングエコノミーは、個人や企業が持つ遊休資産や技能を共有して活用する仕組み。全国の自治体では、人口減少や厳しい財政事情から行政・公共サービスを補完する役割として普及させる動きがある。

 子育て分野では、共稼ぎや一人親世帯で急な残業などで育児が難しくなった場合、主婦が子育てや家事の技能を生かしサポートする。市などによると、民間事業者のサイトを通じてサービスの提供・享受側が直接やりとりするため、既存サービスより機動的で安価という利点があるという。

 一方、導入当初は認知度が低く利用者側の理解を広める必要性があるのが課題だ。市は普及に向けて広報やイベントを通じて事業者を支援していく。

 市は6日、事業者らでつくるシェアリングエコノミー協会(東京)と地域課題の解決に向けて連携協定を締結、育児と家事代行の事業者と意見交換した。越直美市長は「市は子育て支援を進めているが、手の届かないことも多い。女性の働く場が増える可能性もある」と話した。

 市は今後、周辺部の交通問題や空き町家の利活用でもシェアリングエコノミーを生かした解決方法を探る。

【 2017年11月06日 22時45分 】

ニュース写真

  • シェアエコノミーの普及に関して協定書を交わした越直美市長(中央)と協会関係者=大津市役所
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      海自、投棄タンク「大部分回収」
      青森の湖捜索で

      20180225000125

       海上自衛隊は25日、米軍三沢基地(青森県三沢市)のF16戦闘機が青森県東北町の小川原湖..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中日の松坂、26日に初登板へ
      韓国ハンファと練習試合

      20180225000120

       右肩故障からの復活を目指して中日に加入した松坂大輔投手が26日、韓国プロ野球、ハンファ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・宇治川岸に「一に○」刻印石 伏見城で使用か

      20180225000117

       伏見城の石垣に使われたと考えられる「一に○」の刻印が入った石が京都市伏見区の宇治川べり..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]