出版案内
福祉事業団

滋賀・日野町事件「判決ぐらつく」 弁護団が報告会

参加者に日野町事件第2次再審請求の進展を説明する伊賀弁護団長(東近江市妙法寺町)
参加者に日野町事件第2次再審請求の進展を説明する伊賀弁護団長(東近江市妙法寺町)

 滋賀県日野町で1984年に酒店の女性経営者が殺害され金庫が奪われた「日野町事件」で、強盗殺人罪で無期懲役が確定した阪原弘元受刑者=2011年に死亡=の遺族が行っている再審請求の報告会と現地調査がこのほどあった。伊賀興一弁護団長は「確定判決は証拠を十分検討しておらず、ぐらついている。絶対維持してはならない」と再審へ意気込みを語った。

 一審は自白の信用性を認めなかったが、乏しい間接証拠を基に有罪とした。控訴審は自白の根幹部分の信用性を認め、有罪を維持した。

 裁判では、阪原元受刑者が金庫の投棄現場へ捜査員を案内したとする捜査の調書が有罪立証の決め手の一つとなった。だが現在大津地裁で審理されている第2次再審請求で、復路の画像が往路として使われていたことが判明。担当した元警察官や元検察官の尋問が行われた。

 東近江市であった報告会で伊賀弁護団長は、犯人の皮膚片などが残されている可能性がある被害者の爪が証拠として提出されていないことなども挙げ「検察が重要な証拠を隠し、裁判所が判断を誤ったのではないか」と指摘。「国家の費用で集めた証拠は、有罪を示すものもそうでないものも開示すべき」と主張した。

 阪原元受刑者の長男と長女は「生きているうちに父を取り戻したかった。親孝行のつもりで再審無罪に向け頑張りたい」と支援を呼び掛けた。

 報告会は12日に支援者が開催。布川事件の桜井昌司さんや東京電力女性社員殺害事件のゴビンダ・プラサド・マイナリさんらえん罪事件当事者も参加した。翌日の現地調査では、事件現場とされる酒店や金庫投棄現場を回った。

【 2017年11月14日 23時08分 】

ニュース写真

  • 参加者に日野町事件第2次再審請求の進展を説明する伊賀弁護団長(東近江市妙法寺町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      海自、投棄タンク「大部分回収」
      青森の湖捜索で

      20180225000125

       海上自衛隊は25日、米軍三沢基地(青森県三沢市)のF16戦闘機が青森県東北町の小川原湖..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      米ゴルフ上原42位、コルダV
      成田44位、野村66位

      20180225000130

       米女子ゴルフのホンダLPGAは25日、タイ・パタヤのサイアムCC(パー72)で最終ラウ..... [ 記事へ ]

      経済

      京都・二条城の散策、手ぶらでOK 手荷物預かり所開設

      20180225000113

       外国人観光客らが手ぶらで二条城(京都市中京区)を散策できるように、城内の東大手門近くに..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・宇治川岸に「一に○」刻印石 伏見城で使用か

      20180225000117

       伏見城の石垣に使われたと考えられる「一に○」の刻印が入った石が京都市伏見区の宇治川べり..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      新設の御所東小で内覧会 京都、児童増で4月開校

      20180224000137

       4月に開校する京都市上京区の御所東小で24日、校舎の内覧会があり、地元住民や保護者らが..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      宇宙飛行士の金井さんと交信
      小学生、福井の科学館

      20180223000205

       国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士金井宣茂さん(41)と小学生らが交信するイベン..... [ 記事へ ]