出版案内
福祉事業団

養殖ビワマス採卵ぞくぞく 滋賀産ブランド普及へ

採取した卵に、精子を混ぜ合わせる。白く濁り、受精が始まる
採取した卵に、精子を混ぜ合わせる。白く濁り、受精が始まる

 滋賀県米原市上丹生の醒井養鱒場で、養殖ビワマス(ビワサーモン)の採卵作業が進んでいる。卵から2年間かけて育てた親魚の腹をしごいて卵と精子を採取し、受精させる。湖国産ブランドマスの普及へ、細心の作業が続けられている。

 体長35~45センチに成長した雌を池から出し、職員が採卵台に魚の頭を入れて腹を尾に向かってしごく。2、3回繰り返すと淡いオレンジ色の卵がポロポロとこぼれ出した。1尾から採れる卵は平均1000粒。雌を雄化させた「偽雄」も同様にして放精させる。

 混ぜ合わせて受精させた卵は、病原菌などを持ち込まないよう隔離されたふ化場で、水温12度の湧水の中で発生を待つ。発眼まで22~23日、さらに10日ほどで殻を破ってふ化する。発眼率は34%、ふ化率は35%。10万尾の稚魚を誕生させるためには、100万粒の卵が必要となる。

 採卵は10月中旬から始まり、11月下旬まで行われる。5センチまで成長した稚魚10万尾は、2月下旬に県内の11養殖業者に配布され、2年育成した後、市場に出荷される。

■養殖ビワマス 産卵期に卵や精巣に栄養が取られて食味が落ちることを防ぐ目的で、雄が生まれず雌も成熟しない「全雌三倍体化」されている。

【 2017年11月25日 21時00分 】

ニュース写真

  • 採取した卵に、精子を混ぜ合わせる。白く濁り、受精が始まる
  • 採卵台にのせた雌の腹をしごくと、オレンジ色の卵がポロポロと生み出される(米原市上丹生・醒井養鱒場)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      パンタグラフ損傷、別車両も
      岐阜駅で運転見合わせの東海道線

      20171212000146

       愛知県内を走行中のJR東海道線の電車4本が、パンタグラフが破損するなどして駅間で立ち往..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー浦和、5位決定戦を制す
      クラブW杯

      20171213000005

       【アルアイン(アラブ首長国連邦)共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)第3日は1..... [ 記事へ ]

      経済

      IOC委員、東北3県食材に舌鼓
      公式夕食会で

      20171212000220

       2020年東京五輪の準備を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会を迎え、大..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      プロデューサー今野勉さんに蓮如賞 東本願寺で授賞式

      20171212000202

       優れたノンフィクション作品をたたえる「第15回蓮如賞」(本願寺文化興隆財団主催)の授賞..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      三重で世界2匹目の珍しいハチ
      各地で発見の可能性も

      20171212000195

       三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で..... [ 記事へ ]