出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

メガソーラー建設、住民に事前説明を 滋賀県が初対策

 滋賀県は、山林を切り開いて大規模太陽光発電施設(メガソーラー)を建設する事業者が周辺住民に事前説明を行うよう開発許可の基準を改正する。景観悪化を防ぐため、目隠しになる森林の設置を義務付ける。県がメガソーラー対策を取るのは初めて。

 メガソーラー建設で県に申請があった山林開発は2014年度から昨年度までは年間2、3件だったが、本年度は予定を含めて5件と増えた。高島市では県内最大規模のメガソーラー建設計画に対し、景観悪化の懸念などから反対運動が起きている。

 県は山林開発許可の審査基準を年内に改正する。メガソーラーを含めて事業計画を地域住民に事前説明し、生活に悪影響を与えないよう求める。施設周辺に目隠しの森林を残すか、人工林を設置することを許可の条件にする。森林の開発は極力避け、面積を小さくすることも掲げた。

 基準改正以外にも、完成後のメガソーラーをパトロールして、防災対策を取っているかなどを確認する。県森林保全課は「景観悪化など住民の不安を少しでも減らすことにつながれば」としている。

【 2017年12月19日 08時26分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      退位、陛下の決断に国民が理解
      スウェーデン国王が会見

      20180424000186

       来日中のスウェーデンのカール16世グスタフ国王夫妻が24日夜、東京都内で記者会見し、来..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      衣笠氏「少年時代のヒーロー」
      DeNA戦の横浜、悼む声

      20180424000202

       プロ野球DeNAの本拠地・横浜スタジアムでは24日夜、衣笠祥雄氏が所属していた広島との..... [ 記事へ ]

      経済

      NY株、一時130ドル超高

      20180424000207

       【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日か..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      春雨に濡れ、イチハツしっとり 京都、得浄明院で特別公開

      20180424000068

       京都市東山区林下町の得浄明院で、アヤメの仲間「イチハツ」の見頃に合わせ春の特別公開が行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]