出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

分析力持ち味、一丸で初勝利狙う 膳所、40年ぶり出場

ガッツポーズで気合を入れる膳所ナイン(膳所高第2グラウンド)
ガッツポーズで気合を入れる膳所ナイン(膳所高第2グラウンド)

 21世紀枠の膳所は、1978年夏以来、40年ぶりとなる甲子園切符をつかんだ。公立の進学校で厳しい練習環境ながら、データに基づく効率的な野球が持ち味。川上昌道校長から選出を聞き、選手たちは喜びをかみしめた。石川唯斗主将は「派手さはなくても、しっかりと考える野球をしたい」と気持ちを高めた。

 投手陣は思い切りの良い速球が持ち味の手塚晧己と、制球の良い長野友樹の両右腕が軸。手塚は昨秋県大会の近江戦を9回3失点で投げきり、自信をつけた。「テンポを大事にしながら、制球をもっと改善したい」と見据える。

 打線は長打力には欠けるものの、粘り強くつなぎの打撃に徹する。4番の川村いつきは9四死球と高い出塁率を残し、5番今井竜大が10打点と奮起して得点につなげた。川村は「チャンスをつくって後ろにつなげたい」と意気込む。

 昨春から野球経験のない部員2人が分析を担当し、対戦相手の打球方向の傾向などをデータ化。分析を基に野手がポジションを変え、守備の強化につなげている。遊撃手の渡辺大夢は「分析がとても役立っている。アウトが取りやすくなった」と語る。

 11回大会(1934年)をはじめ、春3度、夏2度の甲子園出場を誇る湖国の古豪。先輩たちが大舞台で成し遂げられなかった「甲子園勝利」が最初の目標になる。

■膳所

 1898年、膳所藩校の跡地に滋賀県第二尋常中学校として開校し、1956年から現在の校名となった。普通科と理数科がある。開校と同時に創部された野球部は春の甲子園に3度、夏は2度出場した。生徒数1321人。大津市膳所2丁目。

【 2018年01月27日 09時10分 】

ニュース写真

  • ガッツポーズで気合を入れる膳所ナイン(膳所高第2グラウンド)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      地震被災家屋にブルーシート 京都で大雨予報、土砂災害も警戒

      20180619000177

       震度5強の京都府、震度5弱を観測した滋賀県でも20日明け方から昼すぎにかけて大雨になる..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イラン、スペイン戦へ「高揚」
      第2戦へ会見「ハードワークで

      20180620000001

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)で1次リーグB組のイランを率いるケイロス..... [ 記事へ ]

      経済

      パナ、家電の海外売上高6割に
      22年度までの目標

      20180619000147

       パナソニックは19日、家電分野の海外売上高比率を2022年度までに6割に引き上げる目標..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      国名勝庭園の茶室、壁にひび 大阪北部地震

      20180619000179

       京都府八幡市八幡の国名勝「松花堂庭園」が18日の大阪府北部地震で、府指定文化財の茶室「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      北海道利尻島でヒグマ撮影
      無人カメラに林道歩く姿

      20180619000167

       106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩く..... [ 記事へ ]