出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

希望者ないなら琵琶湖学習船解体も 滋賀県教委方針

3月で役割を終える現在の「うみのこ」
3月で役割を終える現在の「うみのこ」

 新船の就航に伴い、今年3月で引退する琵琶湖の学習船「うみのこ」について、滋賀県教育委員会は9日、県内市町や一般からの利活用希望がない場合は解体する、との方針を明らかにした。県議会では、湖岸エリアの活性化に向け、「湖の駅」や記念館などにリニューアルしてはどうか、との議論があった。

 県議会文教・警察常任委員会で明らかになった。県教委によると、外部の教育関係者らで構成する「びわ湖フローティングスクール新船建造協議会・運営懇話会」で意見を募ったところ、「災害時の緊急避難の船として活用できないか」などとの声がある一方、「国内で見学用に係留されている事例もあるが、費用がかかる」「収益性を考慮しないと成り立たない」との意見もあった。

 県教委の試算で、記念館などにすると、現うみのこの運営管理費と同じ年間1億2千万円程度の経費がかかるという。新船が5月に就航することから、建造から34年が経過して老朽化した現船は、教育財産としての用途を廃止する方針を決定。県庁内でも利活用について照会したが、希望はなかった。

 ほかに公共目的の利活用が考えられることから、今後市町にも照会をかけ、それでも希望がない場合は6月ごろに一般競争入札による売却を募り、買い手がなければ解体する。スクラップの買い取り費用を差し引いても、約1億2千万円の解体費がかかるという。

 議員からは「解体するにしても、パーツをオークションにかけたらどうか」「部品を琵琶湖博物館に展示するなど、有効利用できる部分はしてほしい」との意見が出た。県教委は「工夫したい」と答えた。

【 2018年02月10日 17時00分 】

ニュース写真

  • 3月で役割を終える現在の「うみのこ」
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      京大立て看撤去「表現の自由脅かす」 出身弁護士連名で声明

      20180522000161

       京都市の屋外広告物条例に違反するとして、京都大が吉田キャンパス(左京区)の周辺で立て看..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本、意図的な指示また否定
      「言葉足らずだった」

      20180522000202

       日本大広報部は22日、アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が記者会見を行ったことを受..... [ 記事へ ]

      経済

      4K録画テレビ、18年秋に発売 三菱電機、京都で開発

      20180522000167

       三菱電機は22日、今年12月に高精細映像の4K・8Kの衛星放送が始まるのに合わせ、今秋..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      ビーチブランコ、夕日ケ浦海岸にお目見え 京都・京丹後

      20180522000034

       京都府京丹後市網野町の夕日ケ浦海岸に、ビーチブランコ「ゆらり」が今年もお目見えし、観光..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京都・宮津沿岸にミナミハンドウイルカ 海洋高生ら調査奮闘

      20180522000204

       京都府宮津市上司の海洋高の生徒たちが、先月から宮津市の沿岸に出現しているミナミハンドウ..... [ 記事へ ]