出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

城郭の変遷、収蔵品が語る 安土城考古博で25周年展

修復された徳川家康と織田信忠の肖像画。修復前の写真と見比べることができる(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
修復された徳川家康と織田信忠の肖像画。修復前の写真と見比べることができる(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)

 開館25周年を記念した企画展「収蔵品で語る城郭と考古」が24日、滋賀県近江八幡市安土町下豊浦の安土城考古博物館で始まった。同館の活動の2本柱を、豊富な資料と研究成果を基に紹介している。

 防御施設の歴史の中で安土城の出現が転換点になったといい、城郭編では絵図や古文書、肖像画など33件約100点を並べた。武家儀礼のための方形居館を置き、背後の高地に山城を備えた観音寺城(同市、東近江市)のような中世の城が、石垣、瓦ぶき、礎石造の要素を備えた織田信長と豊臣秀吉の織豊(しょくほう)期を経て、江戸幕府や藩の象徴として威容を放つまでの過程が分かる。

 9カ月かけて修復した信長の嫡男信忠と徳川家康の肖像画も展示。表面の汚れや凹凸、表具の折れがなくなった現在と修復前を見比べることができる。

 考古編は縄文晩期を代表する滋賀里遺跡(大津市)に光をあて、髪飾りや土坑墓、土器棺墓を展示。手足を曲げて屈葬された人骨や煮炊きに使ったと思われるすすの付いた土器などから2500~3400年前の近江の暮らしがうかがえる。

 4月8日まで。入館料は大人500円、高校・大学生300円。月曜休み。同館0748(46)2424。

【 2018年02月25日 13時29分 】

ニュース写真

  • 修復された徳川家康と織田信忠の肖像画。修復前の写真と見比べることができる(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
  • 滋賀里遺跡から見つかった土坑墓。30~40代の男性が埋葬されていた(近江八幡市安土町下豊浦・安土城考古博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      全国のコメの酒、搾り作業
      被災地応援と地域連携目的

      20180623000069

       全国47都道府県のコメで造る日本酒の搾り作業が23日、福島県会津坂下町の曙酒造で行われ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      Dバックス平野、21試合無失点
      パイレーツ戦の八回封じる

      20180623000058

       【ピッツバーグ共同】米大リーグは22日、各地で行われ、ダイヤモンドバックスの平野はピッ..... [ 記事へ ]

      経済

      国産レモンと沖縄海水塩仕上げ、宝酒造がレモンサワー新商品

      20180623000057

       宝酒造(京都市下京区)は、寳「極上レモンサワー」〈つけ込み塩レモン〉を7月10日に発売..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都スタジアム「ぶっ飛んだ仕掛けを」4年半ぶり専門家会議

      20180623000034

       京都府が亀岡市のJR亀岡駅近くで計画している球技専用の京都スタジアム(仮称)について、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「一人でいる子、声をかけて」夜回り先生、京都で講演

      20180623000053

       「夜回り先生」として知られる水谷修さんが22日、綾部市岡町の綾部高で講演した。いじめや..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      茶葉収穫、冷害で8・6%減 滋賀、41年ぶり広範囲被害

      20180623000061

       今冬の冷え込みの影響で滋賀県甲賀市内の茶園で茶葉が枯れた寒干害について、滋賀県は22日..... [ 記事へ ]