出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

チェルノブイリの健康被害、実態語る 大津で広河隆一さん

チェルノブイリと福島の原発事故について講演した広河隆一さん(大津市本丸町・市生涯学習センター)
チェルノブイリと福島の原発事故について講演した広河隆一さん(大津市本丸町・市生涯学習センター)

 チェルノブイリと福島県の原発事故を取材するフォトジャーナリスト広河隆一さん(74)の講演会が11日、大津市本丸町の市生涯学習センターであった。福島第1原発事故から7年を迎える中、チェルノブイリの子どもたちが甲状腺がんの健康被害に苦しんだ実態を写真を投影して語った。

 広河さんは1986年に起きたチェルノブイリ事故の数年後に現地入りした。原発から60キロ離れた村で放射線量を測ると、原発から200メートルの場所と同等の高い数値が出た。政府の科学者は住民に「ここは安全です」とだけ言い、線量は告げていなかった。

 取材や救援活動で甲状腺がんを患う子どもに出会った。事故10年後に発症したウクライナの14歳の少女に欲しいものを問うと、「(痛み止めの)モルヒネ。眠れる時間が欲しい」と話し、写真を撮影した2カ月後、死亡したという。

 広河さんは「チェルノブイリでは政府や原発業界側の医学者が、甲状腺がんと放射能の因果関係を否定する研究発表をした。加害者は必ず被害者を隠そうとする」と教訓を伝えた。

 講演は、大飯原発(福井県おおい町)の再稼働に反対する市民団体などが主催した「原発のない社会へ 2018びわこ集会」の一環で開かれた。市民約350人が耳を傾けた。

【 2018年03月11日 23時20分 】

ニュース写真

  • チェルノブイリと福島の原発事故について講演した広河隆一さん(大津市本丸町・市生涯学習センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      手作り遊具横転、男児死亡
      父親と路上で遊び中、大阪

      20180622000003

       21日午後6時ごろ、大阪府岸和田市南上町2丁目の路上で、近くの小学生岡野創太君(9)が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      初戦の布陣主体で、と西野監督
      日本代表、セネガル戦へ練習

      20180621000246

       【カザン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で1次リーグH組の日本代表は2..... [ 記事へ ]

      経済

      「深くおわび」と神鋼社長
      株主総会、経営陣を非難

      20180621000066

       アルミニウム製品などのデータ改ざん問題を起こした神戸製鋼所は21日、神戸市で定時株主総..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      鷹山、2022年巡行復帰へ 祇園祭、約200年ぶり

      20180621000131

       祇園祭後祭(あとまつり)の「休み山」の鷹山(京都市中京区三条通室町西入ル)について、鷹..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      センサー付き衣類で作業員の健康把握 立命館大チーム開発

      20180621000233

       センサーや通信機器を組み込んだ次世代型の衣類「スマートウエア」を活用し、建設現場で作業..... [ 記事へ ]