出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

分水嶺巡るトレイルで観光振興 滋賀・高島で協議会設立

滋賀県高島市の中央分水嶺を尾根伝いに巡る「高島トレイル」。観光振興に生かすため、関係者による「連携協議会」が発足した=滋賀県高島市提供
滋賀県高島市の中央分水嶺を尾根伝いに巡る「高島トレイル」。観光振興に生かすため、関係者による「連携協議会」が発足した=滋賀県高島市提供

 滋賀県高島市北部から西南部の山々を尾根伝いに巡るトレッキングコース「高島トレイル」を観光や地域振興に生かそうと、市と関係団体がこのほど「連携協議会」を設立した。国内外の登山客や観光客を積極的に呼び込むための環境整備と、広報宣伝の体制強化を目指す。

 高島トレイルは、同市マキノ、今津、朽木地域にまたがる中央分水嶺をつないだ約80キロで、日帰りもできるように12分割したモデルコースを設定する。登山客も増加傾向といい、2017年度には2万4400人(NPO法人・高島トレイルクラブ調べ)が訪れた。

 3月末に発足した同協議会は、同トレイルクラブや市、観光協会をはじめ、宿泊施設、観光業者、自然愛好グループなど計21団体で構成。コースの維持管理と情報発信の役割を担うほか、海外からの観光客の呼び込みに向けた取り組みも模索する。大津市の「比良比叡トレイル」に延伸、接続するコース設定も検討する。

 協議会の発足に合わせ、市は今秋にも台湾の旅行業者を対象にモデルツアーを実施し、魅力の発信に務める予定。谷口良一会長は「山登りだけでなく、市内の他の観光地や施設を巡ってもらえる体制を整え、高島全体の活性化につなげたい」としている。

【 2018年04月22日 20時10分 】

ニュース写真

  • 滋賀県高島市の中央分水嶺を尾根伝いに巡る「高島トレイル」。観光振興に生かすため、関係者による「連携協議会」が発足した=滋賀県高島市提供
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      京大立て看板撤去、撤回を要請 周辺住民、市条例改正も

      20180523000178

       京都市の屋外広告物条例に違反するとして京都大が吉田キャンパス(左京区)周辺の立て看板を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      JR西が新業態「ポテル」 京都、レジャー客需要見込む

      20180523000189

       JR西日本は23日、京都市下京区の梅小路公園そばの社宅跡地に開発する新業態のホテルブラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      住宅地の小川にホタル舞う 滋賀・守山

      20180523000210

       滋賀県守山市の中心部の小川でゲンジボタルが淡い光を放って飛び交っている。市内を散策しな..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]