出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

高速途中下車も割高ならず 機器搭載が条件、滋賀の道の駅

高速道路のドライバーに休憩所として利用を促す新サービスが始まった道の駅「アグリの郷栗東」(栗東市出庭)
高速道路のドライバーに休憩所として利用を促す新サービスが始まった道の駅「アグリの郷栗東」(栗東市出庭)

 高速道路を降りて道の駅を利用すると、高速に戻っても料金が割高にならないサービスを道の駅「アグリの郷栗東」(滋賀県栗東市出庭)が実施している。対象機器の搭載などの条件があるが、県内では唯一の取り組みで、インターチェンジ(IC)から近い道の駅を休憩場所として使ってもらうのが狙い。

 国土交通省近畿地方整備局によると、全国の高速道路の大半は約25キロ間隔でサービスエリアやパーキングエリア(PA)が設置されているが、それより長い区間が約100区間あるという。

 栗東IC周辺では、新名神甲南PAと名神菩提寺PA間が約35キロあり、休憩や給油場所が不足していた。このためICから2・4キロと近い同駅でサービスを3月下旬に始めた。

 2016年4月に発売された次世代型自動料金収受システム「ETC2・0」の搭載車が対象で、道の駅出入り口に設置されたアンテナを通過し、1時間以内に同じICから高速に戻るのが条件。全国約20カ所でサービスが実施されている。

 同駅の水野晃男駅長は「サービス開始以降、県外ナンバーの車を多く見る。休憩とともに栗東の新鮮な野菜や特産物を楽しんでもらえたら」と話す。

【 2018年05月04日 08時59分 】

ニュース写真

  • 高速道路のドライバーに休憩所として利用を促す新サービスが始まった道の駅「アグリの郷栗東」(栗東市出庭)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      京大立て看板撤去、撤回を要請 周辺住民、市条例改正も

      20180523000178

       京都市の屋外広告物条例に違反するとして京都大が吉田キャンパス(左京区)周辺の立て看板を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      JR西が新業態「ポテル」 京都、レジャー客需要見込む

      20180523000189

       JR西日本は23日、京都市下京区の梅小路公園そばの社宅跡地に開発する新業態のホテルブラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      住宅地の小川にホタル舞う 滋賀・守山

      20180523000210

       滋賀県守山市の中心部の小川でゲンジボタルが淡い光を放って飛び交っている。市内を散策しな..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]