出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ひこねカラー5色、高校生発案パステル 彦根城などで配布へ

「ひこねカラー」5色のオイルパステルを手にする藤田さん(左)と大橋さん(右)と開発に携わった関係者=彦根市役所
「ひこねカラー」5色のオイルパステルを手にする藤田さん(左)と大橋さん(右)と開発に携わった関係者=彦根市役所

 滋賀県彦根市で高校生の提案から生まれた「ひこねカラー」5色のオイルパステルが、このほど完成した。13日に彦根城(同市金亀町)などで催す写生大会で配布し、街を描いてもらう。

 地域資源を生かすアイデアを同市内の高校生から募る「彦根の熱き高校生の熱き夢を応援」企画で、2017年の優秀賞に選ばれた彦根総合高美術系グループが提案した。

 同企画は、同市に店舗や工場を持つ平和堂、キリン、ブリヂストンの3社が、地域貢献の一環として14年から取り組んでいる。オイルパステルは、平和堂が取引のあるサクラクレパスに製作を依頼、3社が製作費を負担した。

 5色は、井伊の赤備え(朱)▽湖東の青空(空色)▽彦根の水堀(深緑)▽冬の彦根城(白灰)▽彦根城の石垣(こげ茶)。彦根の風景を撮影した写真を、700色の色見本と照らし合わせて高校生が選んだという。

 同高3年の大橋アーシアさん(17)は、パステルを手に「色を選ぶのは大変だったが、思い通りの色になり満足」と感慨深げ。藤田さらさん(17)は「考えていたことが現実になることは少ない。私たちが考えた色で、多くの人に絵を描いてもらえるなんて夢みたい」と期待する。

 写生大会は彦根青年会議所が主催し、午前9時から。パステル配布は天守付近で先着200人に行う。雨天の場合は6月3日に開催する。同会議所0749(22)7522。

【 2018年05月09日 16時00分 】

ニュース写真

  • 「ひこねカラー」5色のオイルパステルを手にする藤田さん(左)と大橋さん(右)と開発に携わった関係者=彦根市役所
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      京大立て看板撤去、撤回を要請 周辺住民、市条例改正も

      20180523000178

       京都市の屋外広告物条例に違反するとして京都大が吉田キャンパス(左京区)周辺の立て看板を..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ロ0―2日(23日)
      上沢が2試合連続完封

      20180523000212

       日本ハムは一回、中田の適時二塁打で1点を先制し、四回にレアードのソロで加点した。九回表..... [ 記事へ ]

      経済

      JR西が新業態「ポテル」 京都、レジャー客需要見込む

      20180523000189

       JR西日本は23日、京都市下京区の梅小路公園そばの社宅跡地に開発する新業態のホテルブラ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      住宅地の小川にホタル舞う 滋賀・守山

      20180523000210

       滋賀県守山市の中心部の小川でゲンジボタルが淡い光を放って飛び交っている。市内を散策しな..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      自主撤去タテカン、これが「表現」 京都市立芸大で展示会

      20180519000121

       景観や安全性を理由とした撤去騒動が起こっている京都大の名物「立て看板」の展示会が19日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      胎児をネットで遠隔診断
      心臓病発見、へき地医療に

      20180523000135

       インターネットを活用して遠方の病院から送られた胎児の心臓の動画を診断し、先天性の心臓病..... [ 記事へ ]