出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

伝統「穴太衆積み」で石垣復元 滋賀・戦国期の石材も活用

石垣の角になる角石を選別する粟田さん(中央)と復元委員会のメンバー=大津市穴太1丁目・高穴穂神社
石垣の角になる角石を選別する粟田さん(中央)と復元委員会のメンバー=大津市穴太1丁目・高穴穂神社

 大津市穴太地区の住民らが、同地区が発祥の地とされる伝統の石積み工法「穴太衆積み」で石垣を復元するプロジェクトを、同市穴太1丁目の高穴穂神社で始めた。復元には工法を継承する14代目石匠の粟田純司さん(77)=坂本3丁目=が監修するほか、戦国時代に築城された石垣の石材も使い、本年度末の完成を目指す。

 プロジェクトは2016年11月に同市伊香立生津(なまづ)町の生津城遺跡から、16世紀中ごろの石垣の基礎部分が見つかったことを機に企画された。

 プロジェクトに関わる丸山竜平・元名古屋女子大教授(考古学)=京都市山科区=は「(生津城遺跡の石は)確認されている穴太衆積みの中で最古と推定できる」と話す。この石材を活用するため、17年2月に穴太地区の住民有志が中心になって復元委員会を結成。復元作業を体験し、穴太衆積みの石垣を見学できる場所をつくることにした。

 復元委員会は会員数が26人。石垣の奥に多量の石を使うなど穴太衆積みの定義を決め、復元図も作成した。

 復元する石垣は延長20メートル、高さ1・2~1・5メートル、奥行き1メートルで、今月から本格的な復元作業が始まった。発掘された石を含め、近くで採れた40~70センチ大の石約240個と、石垣の裏や隙間に詰める小石約1500個で石積みを行う。粟田さんは石垣の角に使う角(すみ)石などの選別準備に訪れ、「この石なら大丈夫」と復元にお墨付きを与えた。

 石積み作業は19日から毎月第1、3土曜に行う。復元委員会代表の生嶋正義さん(68)=大津市穴太2丁目=は「地元で手軽に穴太衆積みを見られる場所がなく、石垣を復元することで発祥の地を全国にPRしたい」と意気込む。

【 2018年05月19日 17時30分 】

ニュース写真

  • 石垣の角になる角石を選別する粟田さん(中央)と復元委員会のメンバー=大津市穴太1丁目・高穴穂神社
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      屋根損壊、余震と雨を警戒 大阪北部地震、京都の被災者ら

      20180620000246

       大阪府北部地震で、八幡市では、民家など95棟で屋根の損壊や瓦が落下するなど、建物被害が..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ウルグアイとロシアが16強
      ロナルド早くも4点目

      20180620000265

       サッカー・ワールドカップ(W杯)第7日(20日・モスクワほか)1次リーグA組のウルグア..... [ 記事へ ]

      経済

      瓶の「ザ・モルツ」一時出荷停止 京都の工場、地震被害

      20180620000238

       サントリーホールディングス(大阪市)は20日、大阪北部地震で被災したビール工場の京都ブ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      僧兵姿で勝負伐り、速さ競う 京都・鞍馬寺、豊凶占う

      20180620000211

       大蛇に見立てた青竹を勢いよく切り、その速さを競う「竹伐(き)り会式」が20日、京都市左..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ホンモロコ、閉校プールで養殖 京都、稚魚4万匹を放流

      20180616000054

       2015年から旧上宮津小(京都府宮津市小田)のプールで淡水魚ホンモロコの養殖に取り組む..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      陸上・桐生を医でサポート 京大・奥平医師、けが防止に尽力

      20180620000247

       陸上の男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手(日本生命、洛南高-..... [ 記事へ ]