出版案内
福祉事業団
47NEWS

丹後と協力、二条に活気を 中京の男性が物産展企画

地元の特産品を販売する観光協会関係者(京都市中京区・卸売ひろばタカギ三条店)
地元の特産品を販売する観光協会関係者(京都市中京区・卸売ひろばタカギ三条店)

 京都市中京区の食品卸売会社会長の高木誠治さん(71)が、かつて丹後地方との物流の拠点だったJR二条駅(中京区)一帯のにぎわいを取り戻す動きを始めている。丹後地方の特産品を生かしてまちを活性化するのが狙い。2日には同地方の産品の販売会を駅近くで初めて実施した。京丹後市や宮津市など日本海の魚介類に多くの買い物客らが舌鼓を打った。

 JR二条駅は1904年に京都鉄道の駅舎として建設された。当時は機関車庫や貨物施設が並び、丹後地方の荷物が集まる拠点だった。しかし、運送の主流が自動車に変わり、75年ごろには駅周辺の問屋や行商人の姿がなくなったという。

 販売会は、高木さんが地域の歴史の再現と、まちの活気を取り戻そうと企画。丹後地方の観光協会などに呼び掛けて開かれた。

 この日の販売会は「卸売ひろばタカギ三条店」でプレイベントとして行われた。京丹後市や宮津市、伊根町、与謝野町の各観光協会や飲食店など計7団体が、魚介類の加工品や地酒、ワインなどを販売したほか、サザエのつぼ焼きの実演もあった。

 10月5、6日にはメーンの物産展も開く予定で、参加団体も増やして規模を大きくするという。高木さんは「丹後と二条のつながりをもう一度復活させ、まちを盛り上げたい」と意欲を見せた。

【 2013年09月03日 11時04分 】

ニュース写真

  • 地元の特産品を販売する観光協会関係者(京都市中京区・卸売ひろばタカギ三条店)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都府警、「特殊詐欺警報」の発令開始 被害、3段階で表示

      20150904000022

       相次ぐ特殊詐欺に対して警戒感を強めてもらおうと、京都府警は被害の発生状況を3段階で示す..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      西岡、奈良は2回戦敗退
      日本勢姿消す、全米テニス

      20150904000009

       【ニューヨーク共同】テニスの全米オープン第4日は3日、ニューヨークのビリー・ジーン・キ..... [ 記事へ ]

      経済

      地元企業の中間決算 不二電機工業

      20150904000024

      ■スイッチ好調で増収 【不二電機工業】発電所や変電所などの電力設備向け各種スイッチが更新..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      立命大生の短編映像を放映中 阪急梅田駅

      20150903000097

       立命館大映像学部の学生が「ゆめ・まち・みらい」と「笑顔」をテーマに制作した15~30秒..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      和ろうそくの原材料、ハゼ試験栽培 京都、伝統工芸で活性化図る

      20150903000092

       京都の社寺などで使われる和ろうそくの地産地消を目指すプロジェクトが、京都市右京区京北で..... [ 記事へ ]

      国際

      国連にパレスチナ旗を
      掲揚求める決議案採決へ

      20150904000011

       【ニューヨーク共同】国連未加盟のパレスチナ自治政府が、ニューヨークの国連本部にパレスチ..... [ 記事へ ]