出版案内
福祉事業団
47NEWS

丹後と協力、二条に活気を 中京の男性が物産展企画

地元の特産品を販売する観光協会関係者(京都市中京区・卸売ひろばタカギ三条店)
地元の特産品を販売する観光協会関係者(京都市中京区・卸売ひろばタカギ三条店)

 京都市中京区の食品卸売会社会長の高木誠治さん(71)が、かつて丹後地方との物流の拠点だったJR二条駅(中京区)一帯のにぎわいを取り戻す動きを始めている。丹後地方の特産品を生かしてまちを活性化するのが狙い。2日には同地方の産品の販売会を駅近くで初めて実施した。京丹後市や宮津市など日本海の魚介類に多くの買い物客らが舌鼓を打った。

 JR二条駅は1904年に京都鉄道の駅舎として建設された。当時は機関車庫や貨物施設が並び、丹後地方の荷物が集まる拠点だった。しかし、運送の主流が自動車に変わり、75年ごろには駅周辺の問屋や行商人の姿がなくなったという。

 販売会は、高木さんが地域の歴史の再現と、まちの活気を取り戻そうと企画。丹後地方の観光協会などに呼び掛けて開かれた。

 この日の販売会は「卸売ひろばタカギ三条店」でプレイベントとして行われた。京丹後市や宮津市、伊根町、与謝野町の各観光協会や飲食店など計7団体が、魚介類の加工品や地酒、ワインなどを販売したほか、サザエのつぼ焼きの実演もあった。

 10月5、6日にはメーンの物産展も開く予定で、参加団体も増やして規模を大きくするという。高木さんは「丹後と二条のつながりをもう一度復活させ、まちを盛り上げたい」と意欲を見せた。

【 2013年09月03日 11時04分 】

ニュース写真

  • 地元の特産品を販売する観光協会関係者(京都市中京区・卸売ひろばタカギ三条店)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      サンタ宛手紙は700万通超
      14年、万国郵便連合が推計

      20141222000005

       【ジュネーブ共同】国連専門機関の万国郵便連合(UPU、本部スイス)は22日までに、世界..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      長友はフル出場、2―2引き分け
      イタリア1部リーグ

      20141222000008

       【ミラノ(イタリア)共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)でインテル・ミラノの..... [ 記事へ ]

      経済

      Xマス、和菓子で甘く 京都の各店、年々種類充実

      20141220000063

       あんや餅を使った「クリスマス和菓子」が人気だ。ツリー形の上生菓子に加え、木をかたどった..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ヒトデ堆肥で京都・海洋高が準優勝 「農」テーマの研究大会

      20141221000083

       高校生が「農」をテーマに研究発表を競う大会「みんなDE笑顔プロジェクト」で、駆除したヒ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      南相馬、避難勧奨地点解除へ
      福島、28日に

      20141221000101

       政府の原子力災害現地対策本部は21日、東京電力福島第1原発事故に伴い、放射線量が局所的..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾与党主席に朱立倫氏選出へ
      総統選にらみ改革姿勢

      20141221000067

       【台北共同】台湾統一地方選挙の惨敗の責任を取って与党国民党の主席を辞任した馬英九総統(..... [ 記事へ ]