出版案内
福祉事業団
47NEWS

清水寺轟門、創建時高さに 昭和初期に切断、13センチ低く

轟門の柱の根本部分。切られた部分は根継ぎして創建時の高さに戻して修理した(京都市東山区・清水寺)
轟門の柱の根本部分。切られた部分は根継ぎして創建時の高さに戻して修理した(京都市東山区・清水寺)

 世界遺産、清水寺(京都市東山区)の重要文化財「轟門(とどろきもん)」が江戸初期の造営当初より13センチほど低くなっていたことが、京都府教育委員会の調査で分かった。昭和初期に柱の根本部分が切られたとみられ、なくなった部分は柱を「根継ぎ」して元の高さに修理する。来年夏ごろには、現在よりもやや背が高くなった轟門が創建当初の大きさでお目見えする。

■「根継ぎ」修理し16年夏お目見え

 同寺は「平成の大修理」の真っ最中。轟門は本堂、清水の舞台へ向かう際に通り、現在の建物は1633年に再建された。その轟門を解体修理している府教委が調査したところ、柱の根本に切られた跡を見つけた。寺の記録には、1935年に前年の室戸台風などの影響で門の柱を修理した記述があり、腐食した部分を切ったとみられる。

 古文書では柱は13尺(約4メートル)とされていたが、切られた長さは正確には分からなかった。だが、府教委が柱に残る跡や寺に保管されている昭和期の写真の縮尺などから読み解き、切られた長さを割り出した。「創建当初の姿に戻したい」という寺の意向もあり、12本全ての柱の根本部分を腐食部分とともに少し切り、当初の高さ分を足して「根継ぎ」して直した。

 府教委文化財保護課は「古い写真がしっかり保存されていて元の長さを判定することができたのがよかった。見た目には分かりにくいかもしれないが、造営時の姿にしっかり戻したい」としている。

 轟門は、名付けられた時期ははっきりしないが、清水寺縁起絵巻(1520年)には「轟の門」との記述がある。寺の参詣曼陀羅(まんだら)(16世紀前半)には檜皮(ひわだ)ぶきの門らしきものが描かれている。応仁の乱などを経て江戸初期まで頻繁に建て替えられた状況が発掘調査から分かってきている。

【 2015年08月13日 15時13分 】

ニュース写真

  • 轟門の柱の根本部分。切られた部分は根継ぎして創建時の高さに戻して修理した(京都市東山区・清水寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      沖縄・うるま市議会が抗議決議
      地位協定見直し求める

      20160524000052

       沖縄県うるま市議会は24日、米軍属が逮捕された女性遺棄事件に抗議し、沖縄にある米軍基地..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バド男子初メダル期待 大津出身・早川、遠藤とダブルス

      20160524000077

       バドミントン男子ダブルスの早川賢一(30)=日本ユニシス、比叡山高-日大出=が、リオデ..... [ 記事へ ]

      経済

      各国首脳にMRJアピール
      サミットで中部空港へ

      20160524000076

       三菱航空機(愛知県豊山町)が開発を進める国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナル..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ネットに相次ぐ書き込み 爆破予告に大学苦慮

      20160524000051

       インターネットで大学を名指しした爆破予告の書き込みが相次ぎ、各大学が対応に苦慮している..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゲンゴロウ、湖国「絶滅」 滋賀県レッドデータブック

      20160523000165

       かつて滋賀県内のため池や水田に数多く生息していた水生昆虫のゲンゴロウが、県がまとめた「..... [ 記事へ ]

      国際

      駐日大使に李俊揆氏
      韓国、外交官出身

      20160524000072

       韓国政府は24日までに、辞意を示していた柳興洙・駐日韓国大使の後任に、外交官出身の李俊..... [ 記事へ ]