出版案内
福祉事業団
47NEWS

清水寺轟門、創建時高さに 昭和初期に切断、13センチ低く

轟門の柱の根本部分。切られた部分は根継ぎして創建時の高さに戻して修理した(京都市東山区・清水寺)
轟門の柱の根本部分。切られた部分は根継ぎして創建時の高さに戻して修理した(京都市東山区・清水寺)

 世界遺産、清水寺(京都市東山区)の重要文化財「轟門(とどろきもん)」が江戸初期の造営当初より13センチほど低くなっていたことが、京都府教育委員会の調査で分かった。昭和初期に柱の根本部分が切られたとみられ、なくなった部分は柱を「根継ぎ」して元の高さに修理する。来年夏ごろには、現在よりもやや背が高くなった轟門が創建当初の大きさでお目見えする。

■「根継ぎ」修理し16年夏お目見え

 同寺は「平成の大修理」の真っ最中。轟門は本堂、清水の舞台へ向かう際に通り、現在の建物は1633年に再建された。その轟門を解体修理している府教委が調査したところ、柱の根本に切られた跡を見つけた。寺の記録には、1935年に前年の室戸台風などの影響で門の柱を修理した記述があり、腐食した部分を切ったとみられる。

 古文書では柱は13尺(約4メートル)とされていたが、切られた長さは正確には分からなかった。だが、府教委が柱に残る跡や寺に保管されている昭和期の写真の縮尺などから読み解き、切られた長さを割り出した。「創建当初の姿に戻したい」という寺の意向もあり、12本全ての柱の根本部分を腐食部分とともに少し切り、当初の高さ分を足して「根継ぎ」して直した。

 府教委文化財保護課は「古い写真がしっかり保存されていて元の長さを判定することができたのがよかった。見た目には分かりにくいかもしれないが、造営時の姿にしっかり戻したい」としている。

 轟門は、名付けられた時期ははっきりしないが、清水寺縁起絵巻(1520年)には「轟の門」との記述がある。寺の参詣曼陀羅(まんだら)(16世紀前半)には檜皮(ひわだ)ぶきの門らしきものが描かれている。応仁の乱などを経て江戸初期まで頻繁に建て替えられた状況が発掘調査から分かってきている。

【 2015年08月13日 15時13分 】

ニュース写真

  • 轟門の柱の根本部分。切られた部分は根継ぎして創建時の高さに戻して修理した(京都市東山区・清水寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      ごみ収集、アプリで確認 京都・長岡京、7月から運用開始

      20160702000057

       京都府長岡京市は1日、ごみの収集日や出し方、分別方法などが分かるスマートフォン用アプリ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ソフト女子、世界選手権へ壮行会
      福田監督「一丸でV3達成」

      20160702000076

       ソフトボール女子の世界選手権(15~24日・サレー=カナダ)に出場する日本代表の結団式..... [ 記事へ ]

      経済

      ブルーベリー摘み取りに来て 京都・亀岡でNPO農園開園式

      20160702000038

       農業を通じて雇用の確保に取り組む京都府亀岡市のNPO法人「障害・高齢者就労支援センター..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      子どもを地域で守り育てよう 京都、少年補導委員ら大会

      20160702000059

       「少年を明るく育てる京都大会」が2日、京都市北区の島津アリーナ京都であった。少年補導委..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      学校から除染廃棄物輸送
      福島・大熊町有地へ

      20160702000062

       東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染廃棄物を同県双葉、大熊両町の中間貯蔵施設予..... [ 記事へ ]

      国際

      中国、党宣伝ラップが話題
      若者の愛国主義にアピール

      20160702000041

       【北京共同】「でっち上げられたイメージ、変えようぜ」「中国の夢、実現を」―。中国共産党..... [ 記事へ ]