出版案内
福祉事業団
47NEWS

突然アニメの聖地に…地元の人は? たまこ-モデルの商店街

訪れたアニメファンと歓談する商店主(京都市上京区・出町桝形商店街)
訪れたアニメファンと歓談する商店主(京都市上京区・出町桝形商店街)

 アニメーションやゲームの舞台となったまちを訪れ、物語の面影を探して巡る「聖地巡礼」。何げない風景がアニメで「特別」な価値を付加されたとき、そこで「日常」を過ごす地元の人は、巡礼者をどう迎えるとよいか。モデルケースが、京都の商店街にある。

 出町桝形商店街(京都市上京区)はテレビアニメ「たまこまーけっと」(2013年)と後日譚(たん)の映画「たまこラブストーリー」(14年)で、舞台の「うさぎ山商店街」のモデルとなった。テレビ放送が始まると、すぐに全国からファンがやって来た。

 井上淳・同商店街理事長は「商売人だから、チャンスだと浮足立った」と振り返る。当初はアーケードにテーマ曲を流したり、買い物袋にキャラクターを描くなど、にぎにぎしい振興策も考えた。

 だが、最終的には「(作品に描かれているような)いつも通りの商店街でいよう」と落ち着いた。商店街の片隅にベンチとファンが書き込めるノートを置き、お茶を出した。「どこから来たん?」と声をかけ、いつもの買い物客と接するような、普段着のもてなしで、巡礼者に接した。

 映画版の上映から1年以上が過ぎた今も、ファンたちは繰り返しやって来る。「月1回は通っている」という高槻市の大学生宮本聖さん(22)は「作品が好きなのはもちろんだけど、喫茶店のママさんなど、顔なじみの人と会って、話をするのが楽しい」。作品を通じて、商店街の魅力にも触れ、深いファンとなった人も多い。井上理事長も「ありのままの商店街に愛情を持ってくれるのがうれしい」。来訪者ノートは12冊を数え、いつもメッセージやイラストがびっしり描き込まれている。

 聖地巡礼がもたらすまちおこしへの効果がクローズアップされるなか、「響け-」の地元・宇治でも、京都文教大の学生プロジェクトチームや宇治橋通り商店街が、作品を通じた地域の魅力を発信する試みが始まった。22日には吹奏楽のミニコンサートを交えた初のイベントを開き、ファンと地元の人たちでにぎわった。宇治市商工観光課は「ファンが自主的に面白さを見つけていく聖地巡礼は、迎える側がお膳立てしてしまうと興趣をそぎかねない。よりよい関わり方を模索したい」としている。

【 2015年08月26日 19時59分 】

ニュース写真

  • 訪れたアニメファンと歓談する商店主(京都市上京区・出町桝形商店街)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      路上で女性刺され死亡、浜松
      殺人容疑で男逮捕

      20160701000003

       6月30日午後10時20分ごろ、浜松市東区小池町の路上で通行人が「首や胸を刺された女性..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      イブラヒモビッチ、来季はマンU
      フェイスブックで公表

      20160701000009

       サッカーの欧州選手権で敗退し、スウェーデン代表からの引退を表明したFWイブラヒモビッチ..... [ 記事へ ]

      経済

      マリアージュで万里を超える…餃子の王将、全店で白ワイン販売

      20160630000119

       「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが、看板メニューのギョーザを女性でも食べやす..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      震災被災地励ます親子地蔵、京都伝統工芸大の学生が制作

      20160630000140

       東日本大震災で亡くなった人たちの鎮魂と被害を受けた人たちの心の安寧を願い、京都府南丹市..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ゲノム編集で免疫ないサル誕生
      慶大など、霊長類に応用

      20160701000004

       効率的に遺伝子を改変できる「ゲノム編集」の技術を使い、免疫が働かない小型サルのマーモセ..... [ 記事へ ]

      国際

      子ども権利委員に大谷氏
      国連で選挙、日本人初

      20160701000007

       【ニューヨーク共同】ニューヨークの国連本部で30日、18歳未満の子どもの人権を保障する..... [ 記事へ ]