出版案内
福祉事業団
47NEWS

街の本屋、直仕入れで復権を 京都・恵文社元店長が独立

恵文社一乗寺店を辞め、独立した堀部篤史さん(京都市左京区)
恵文社一乗寺店を辞め、独立した堀部篤史さん(京都市左京区)

 独自の本の品ぞろえで知られる書店「恵文社一乗寺店」(京都市左京区)の店長を13年間務めた堀部篤史さん(38)が独立し、一人で市内に新刊書店を開く。出版不況で街の本屋さんが次々と消える中、「本の流通の仕組みに風穴を開けて新たな書店の経営モデルをつくりたい」と話す。

 恵文社一乗寺店は文庫を出版社別ではなく作家ごとに配置したり、50音順にこだわらず作風が近い作家をまとめて置いたりし、思わぬ本との出合いで読書の世界を広げてきた。芥川賞作家の綿矢りささんや又吉直樹さんがお気に入りの場所に挙げ、2008年には英ガーディアン紙が世界の書店10店の一つに選び、外国人も多く訪れている。

 堀部さんは、この個性的な店づくりをけん引してきた。しかし、本が売れず、地方の小さな書店が相次いで閉店していく一方で、広大な店舗面積を誇るメガストアが積極出店している流れに違和感を覚えた。「新たに個人の書店が生まれないのは本の流通に構造的な問題があるから。だからこそ自分で新たなルールを提案したいと思った」と独立の理由を語る。

 堀部さんによると、小さな書店は本の流通を取り仕切る大手取次店との契約が難しく、話題の新刊を仕入れにくい。売り上げの配分も書店は2割ほどと少ないため、本だけでは経営が成り立ちにくいという。

 新たな店ではできる限り取次店を通さず、出版社からじかに本を仕入れることで双方の利幅を増やす。すでに筑摩書房や河出書房新社、晶文社などの協力を得た。店舗は河原町丸太町近くの上京区俵屋町の住居を兼ねた一軒家。店は1階の20坪ほどで、ほぼ1人で営むことで人件費を抑える。

 店の名前は「誠光社」にした。大正から昭和初期にかけて近くにあった書店「西川誠光堂」にちなんだ。検閲が厳しさを増す戦時下で岩波本の提供を続けたという伝説の店。堀部さんは「西川誠光堂の存在が界わいに変化をもたらしたように、良い意味で街を変えていく店にしたい」と話す。11月末に開店予定。すでにインターネット販売を始めている。

【 2015年11月15日 19時51分 】

ニュース写真

  • 恵文社一乗寺店を辞め、独立した堀部篤史さん(京都市左京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      福井市長が韓国訪問中止
      慰安婦像で

      20160924000126

       福井市は24日、東村新一市長の韓国・水原市訪問を中止したと発表した。水原市は友好都市。..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      原口、酒井高がフル出場
      サッカーのドイツ1部リーグ

      20160925000002

       【フランクフルト(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは24日、各地で行われ、原口..... [ 記事へ ]

      経済

      USJ、再上場を検討
      投資加速へ今秋にも申請

      20160924000031

       大阪市の米映画テーマパーク、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の運営会社「..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府「地元無視」と福井知事
      もんじゅ巡り経産相と会談

      20160923000139

       政府が高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、廃炉を前提に抜本的に見直す方針を決め..... [ 記事へ ]

      国際

      米首都に黒人史博物館開館
      差別の歴史ひもとく

      20160924000150

       【ワシントン共同】米国社会で黒人がたどってきた差別の歴史や文化を包括的に紹介する「国立..... [ 記事へ ]