出版案内
福祉事業団
47NEWS

水車発電で灯籠、初詣客迎える 京都・八瀬天満宮

明かりのない参道を照らし出す自作の水車と灯籠。当日は用水路に特別に水が流される(京都市左京区・八瀬天満宮)
明かりのない参道を照らし出す自作の水車と灯籠。当日は用水路に特別に水が流される(京都市左京区・八瀬天満宮)

 手作りの水車で起こす電気を使った特製灯籠で参道を照らし出し、初詣の参拝者を迎える取り組みが31日、京都市左京区八瀬秋元町の八瀬天満宮で行われる。取り組む地元の男性は「八瀬以外の地域の人にも灯籠を見てもらいたい」と語る。

 地元の住民グループで、自然エネルギーの普及に努める「比叡の里ハッピーライフ研究室」の主催。

 東西約70メートルの八瀬天満宮の参道は、両端に街灯や石灯籠があるものの、途中に照明がなく、元日未明に参拝する人は懐中電灯を持って訪れていた。

 昨年、本来は水のない用水路に水を流してもらい、手製の水車3基を置き試験的に6基の灯籠を点灯させた。「明るく参拝しやすい」と好評だったため、今年は灯籠を12基に倍増して参道を照らす。

 手作り水車の軸部分は、中心部に発電機を装備した市販の18インチ自転車用ホイールを活用。羽根は長さ10センチほどのサラダ用スプーンを利用した。

 灯籠は高さ約20センチで内部にLED(発光ダイオード)を設置。外側に地元の八瀬小児童が2016年の目標やイラストを描いた紙を張った。

 グループの瀬戸勝弘会長(39)は「夕方から明かりをともし、多くの人に自然エネルギーの有効性を知ってもらいたい」と語る。点灯は31日午後5時から翌日午前1時半まで。

【 2015年12月29日 11時30分 】

ニュース写真

  • 明かりのない参道を照らし出す自作の水車と灯籠。当日は用水路に特別に水が流される(京都市左京区・八瀬天満宮)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      彦根城下の町割り残る地区、活性化を 滋賀、住民が委員会

      20160925000113

       滋賀県彦根市の河原町芹町地区が国の重要伝統的建造物群(重伝建)保存地区に選定されたこと..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京産大、龍大から勝ち点 関西六大学野球

      20160925000119

       関西六大学野球は25日、わかさスタジアム京都で「産龍戦」など2回戦3試合が行われた。京..... [ 記事へ ]

      経済

      役目終えた印章、社に納める 京都で祈願祭、彫刻体験も

      20160925000079

       京都市左京区の下鴨神社で25日、印章祈願祭が営まれた。約30人が参列し、役目を終えた認..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      植民地史料、ウェブで共有 立命大教授ら計画 

      20160923000038

       日本の植民地支配に関する史料の情報を、韓国や台湾などの研究者とウェブ上で共有する取り組..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      中国、世界最大望遠鏡の運用開始
      貴州省、直径500m

      20160925000084

       【北京共同】中国貴州省で「天眼」と呼ばれる世界最大の電波望遠鏡「FAST」(直径500..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国、警察放水で重体の男性死亡
      昨年11月の抗議デモで倒れ

      20160925000122

       【ソウル共同】韓国のソウル中心部で昨年11月に行われた労働組合主導のデモで警察の放水に..... [ 記事へ ]