出版案内
福祉事業団
47NEWS

水車発電で灯籠、初詣客迎える 京都・八瀬天満宮

明かりのない参道を照らし出す自作の水車と灯籠。当日は用水路に特別に水が流される(京都市左京区・八瀬天満宮)
明かりのない参道を照らし出す自作の水車と灯籠。当日は用水路に特別に水が流される(京都市左京区・八瀬天満宮)

 手作りの水車で起こす電気を使った特製灯籠で参道を照らし出し、初詣の参拝者を迎える取り組みが31日、京都市左京区八瀬秋元町の八瀬天満宮で行われる。取り組む地元の男性は「八瀬以外の地域の人にも灯籠を見てもらいたい」と語る。

 地元の住民グループで、自然エネルギーの普及に努める「比叡の里ハッピーライフ研究室」の主催。

 東西約70メートルの八瀬天満宮の参道は、両端に街灯や石灯籠があるものの、途中に照明がなく、元日未明に参拝する人は懐中電灯を持って訪れていた。

 昨年、本来は水のない用水路に水を流してもらい、手製の水車3基を置き試験的に6基の灯籠を点灯させた。「明るく参拝しやすい」と好評だったため、今年は灯籠を12基に倍増して参道を照らす。

 手作り水車の軸部分は、中心部に発電機を装備した市販の18インチ自転車用ホイールを活用。羽根は長さ10センチほどのサラダ用スプーンを利用した。

 灯籠は高さ約20センチで内部にLED(発光ダイオード)を設置。外側に地元の八瀬小児童が2016年の目標やイラストを描いた紙を張った。

 グループの瀬戸勝弘会長(39)は「夕方から明かりをともし、多くの人に自然エネルギーの有効性を知ってもらいたい」と語る。点灯は31日午後5時から翌日午前1時半まで。

【 2015年12月29日 11時30分 】

ニュース写真

  • 明かりのない参道を照らし出す自作の水車と灯籠。当日は用水路に特別に水が流される(京都市左京区・八瀬天満宮)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      純米酒1位は「あたごのまつ」
      海外の蔵元が初参加のサケコン

      20160729000110

       市販の日本酒で競う品評会「サケ コンペティション」の表彰式が29日、東京都内で開かれた..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア本田、フリー曲披露
      全日本ジュニア強化合宿

      20160729000113

       フィギュアスケートの全日本ジュニア強化合宿が29日、愛知県豊田市の中京大アイスアリーナ..... [ 記事へ ]

      経済

      古民家活用、オフィスに期待 京都・南丹で民間2社が拠点

      20160729000055

       空き家となっている古民家を活用し、企業や団体のサテライトオフィスを誘致していた南丹市美..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      石畳の施工、手ほどき受け体験 滋賀・八日市の高校生

      20160729000067

       滋賀県東近江市の八日市南高花緑デザイン科の生徒が28日、同市五個荘金堂町の舗装工事現場..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      福島原発、溶融燃料が炉底部に
      ミュー粒子調査で初確認

      20160728000138

       東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉内を、宇宙線から生じ、物質を透過する性質が..... [ 記事へ ]

      国際

      法王、ミサ中に転ぶ
      ポーランド、けがなし

      20160729000040

       【クラクフ共同】ローマ法王フランシスコ(79)が28日、ポーランド南部チェンストホバで..... [ 記事へ ]